ページトップ
  • 乃木坂46・齋藤飛鳥が連ドラ初主演! 仲間の友情、絆を描く新感覚サスペンス

    ザンビ

    日本テレビ系
    毎週水曜 24:59~25:29

    345人が見たい!
  • 2月20日放送分のあらすじ(第5話)
     亜須未(秋元真夏)や優衣(山下美月)、鈴音(渡辺みり愛)ら多くのクラスメートが欠席し始め、教室内はざわつく。一連の出来事は楓(齋藤飛鳥)が話す“ザンビ”と関係があると思い始めた瀬奈(寺田蘭世)は、屋上に亜須未の姿を見つける。

    ザンビ

  • 2月13日放送分のあらすじ(第4話)
     楓(齋藤飛鳥)はここ最近続く奇妙な出来事から、「ザンビ村に行った時に何があったか教えてほしい」とクラスメートに助けを求めるが、優衣(山下美月)をはじめみんなから相手にされない。そんな中、詩織(伊藤理々杏)が楓の部屋に訪れ、奇妙な行動を取る亜須未(秋元真夏)を見たと告げる。聖(与田祐希)もザンビ村の写真を見て、あることに気付く。

    ザンビ

  • 2月6日放送分のあらすじ(第3話)
     聖(与田祐希)と共に、亜須未(秋元真夏)が“残美”となってしまったことに気付いた楓(齋藤飛鳥)。一人悩む楓は、実乃梨(堀未央奈)と聖にザンビの呪いについて訴えるが、実乃梨はよく理解できない。ザンビ村がきっかけで学校で何かが起こっていると主張する聖。すると、楓の携帯電話に亜須未から「部屋まで来て」と連絡が入る。

    ザンビ

  • 1月30日放送分のあらすじ(第2話)
     部屋から飛び降りた亜須未(秋元真夏)を目撃した楓(齋藤飛鳥)は、担任の宮川(太田莉菜)と一緒に現場に向かう。しかし、そこに亜須未の姿はなかった。2人は亜須未の部屋に行き扉越しに声をかけると、静かに亜須未が出てくる。翌日、何事もなかったように過ごす亜須未の姿に動揺が隠せない楓は、部屋で一人、“ザンビ村”について調べ始める。

    ザンビ

  • 1月23日放送分のあらすじ(第1話)
     修学旅行の帰り道、バスが故障し帰れなくなったフリージア学園の一同は、グループに分かれ、連絡が取れる場所を探していた。そして、疲れ果てた一同は誰もいない日本家屋で休むことになる。翌朝、目が覚めた楓(齋藤飛鳥)はクラスメートたちの姿がないことに気付き、慌てて外へ探しに行く。村をさまよっていると、謎の男・守口(片桐仁)に村から出ていくよう警告される。

    ザンビ

  • 遠藤憲一が“仲居”となって日本各地の名湯秘湯に潜伏!?

    ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

    テレビ東京
    毎週水曜 25:35~26:05

    204人が見たい!
  • 2月20日放送分のあらすじ(第6話)
     神奈川の箱根強羅温泉にある「強羅天翠」で働く中井田(遠藤憲一)は、「お風呂のお湯が熱い」と文句を付けるモンスタークレ―マーの多香子(加藤貴子)と出会う。多香子は、30年前の箱根駅伝を題材にしたドラマでヒロインを演じた女優で、妻子持ちの恋人と別れるためにこの旅館に来ていた。

    ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

  • 2月13日放送分のあらすじ(第5話)
     群馬県・法師温泉の旅館「長寿館」で働く中井田(遠藤憲一)は、一人で宿泊している澄恵(佐々木すみ江)に食事の相手をするよう頼まれる。89歳の澄恵は、17歳の時に婚約者と泊まった思い出を振り返ろうと宿を訪れていた。澄恵いわく、中井田はその婚約者に雰囲気が似ているのだという。

    ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

  • 2月6日放送分のあらすじ(第4話)
     長野県・渋温泉の老舗旅館「金具屋」で働き始めた中井田(遠藤憲一)は、宴会の余興に来た女性漫才師・石原聡美(山崎静代)と出会う。芸人であることを恋人に内緒にしている聡美は、不細工いじりをする相方・ヒロト(木村卓寛)に嫌気が差していた。宿を去ろうとする聡美は、事情を察した中井田に見つかり…。

    ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

  • 1月30日放送分のあらすじ(第3話)
     中井戸(遠藤憲一)は“信玄公の隠し湯”として売り出している山梨県・下部温泉郷の老舗旅館「裕貴屋」で働き始める。そこには、国民的アイドルグループ「神田川55」のセンターで無期限休養中の大賀みな(大場美奈)が宿泊していた。やがて、みなの卒業を恐れたファンたちが温泉街までやって来る。

    ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」

  • 1月23日放送分のあらすじ(第2話)
     栃木県・奥那須の秘湯宿「北温泉旅館」で働き始めた中井田(遠藤憲一)は、角部屋にこもりっきりの官能小説家・さやか(山口紗弥加)を心配して声を掛けるが相手にされない。ところがある時、さやかから「一緒にお風呂に入って」と頼まれる。

    ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」