ページトップ
  • 誰もが陥るかもしれない人生の困難、訳あり女子の人間模様を描く人生賛歌の物語

    ドラマ24「フルーツ宅配便」

    テレビ東京系
    毎週金曜 24:12~24:52

    1165人が見たい!
  • 3月22日放送分のあらすじ(第11話)
     咲田(濱田岳)は、えみ(仲里依紗)を悪質店から救うため、自分の店に入れる。そんな中、客の野川(山本浩司)にもてあそばれたデリバリーヘルス嬢・スモモ(阿部純子)の妊娠疑惑が浮上。咲田らは彼女の力になろうとするが、野川は次々とデリヘル嬢に手を出す卑劣な人物だと分かる。事情を知り激怒したミスジ(松尾スズキ)は、野川に制裁を下すため、咲田にある指示を出す。

    ドラマ24「フルーツ宅配便」

  • 3月15日放送分のあらすじ(第10話)
     牧場でのデート以来、えみ(仲里依紗)と連絡が取れず、咲田(濱田岳)は落ち込んでいた。そんな中、小田(前野朋哉)にえみがデリバリーヘルス嬢だと知られる。自分もデリヘルの店長であることを小田に告げた咲田は、ミスジ(松尾スズキ)から、えみが働く店の劣悪な環境を聞く。そしてスナックのママをしながらデリヘルで働くグァバ(松岡依都美)の姿を見て、ある決心をする。

    ドラマ24「フルーツ宅配便」

  • 3月8日放送分のあらすじ(第9話)
     カボス(松本若菜)は訳があり、各地のデリバリーヘルスの店を転々としている。ある日、居酒屋で絡まれた彼女は、マサカネ(荒川良々)に助けられる。カボスはマサカネの、金に振り回されないマイペースなところに引かれる。そんな中、マサカネがカボスをホテルへ送り届けるが、彼女は走って逃げてくる。一方、えみ(仲里依紗)の前に母・智子(渡辺真起子)が現れる。

    ドラマ24「フルーツ宅配便」

  • 3月1日放送分のあらすじ(第8話)
     昼は配送業、夜は店で働くシングルマザー・ブルーベリー(中村ゆり)は、覚せい剤で逮捕され執行猶予中。娘のために懸命に働く姿に、咲田(濱田岳)はもう薬物使用の心配はないと安心する。だが、睡眠不足が続く彼女を再び薬物の誘惑が襲う。一方、えみ(仲里依紗)が働く店の異常な実態が…。

    ドラマ24「フルーツ宅配便」

  • 2月22日放送分のあらすじ(第7話)
     店に‘ぽっちゃり系’のサクランボ(筧美和子)が入る。笑顔と魅惑のボディーで次々と指名を勝ち取るサクランボに、みかん(徳永えり)らはいら立ち、店内はギスギスしてしまう。一方、咲田(濱田岳)は彼女の熱心な営業姿勢に感心する。そんな中、客・吉田(村杉蝉之介)に指名され、ホテルへ向かったサクランボは、彼が市議会議員だと知り、ある行動に出る。

    ドラマ24「フルーツ宅配便」

  • 深川麻衣主演。高橋和也演じる売れない歌手と“ボロ宿”を巡る

    ドラマ25「日本ボロ宿紀行」

    テレビ東京系
    毎週金曜 24:52~25:23

    446人が見たい!
  • 3月22日放送分のあらすじ(第9話)
     道の駅で営業をすることになった龍二(高橋和也)は、歌う場所のすぐ隣で大道芸が行われると知り、春子(深川麻衣)と困惑する。明美(鶴田真由)も駆けつけ、仕方なく歌う龍二だったが…。

    ドラマ25「日本ボロ宿紀行」

  • 3月15日放送分のあらすじ(第8話)
     予定していた営業を急きょキャンセルされて納得のいかない春子(深川麻衣)と龍二(高橋和也)は、予約したホテルがある寂れた温泉街に到着する。春子はスナックの看板が立ち並ぶ通りを見て、ある妙案を思いつく。

    ドラマ25「日本ボロ宿紀行」

  • 3月8日放送分のあらすじ(第7話)
     今回の営業先はモンキーパーク。龍二(高橋和也)は、「サル劇場」の前座として歌うと分かり激怒するが、春子(深川麻衣)に乗せられてステージに上がることに。しかし、客には一切見向きもされず…。

    ドラマ25「日本ボロ宿紀行」

  • 3月1日放送分のあらすじ(第6話)
     人けのない寂れた漁港で「誰も歌なんて聞いていない」とやけくそに歌う龍二(高橋和也)だったが、CDが20枚も売れたことに驚きつつも喜ぶ。その後、春子(深川麻衣)と共に宿泊先にたどり着き、2人は部屋へ。すると外に、営業先の漁港の片隅に1人で立っていた少女・渚(栗原夢果)の姿を見つける。

    ドラマ25「日本ボロ宿紀行」

  • 2月22日放送分のあらすじ(第5話)
     春子(深川麻衣)と龍二(高橋和也)は、営業先でひなびた宿を発見する。宿泊を決意する春子だったが、その宿はある理由で休業中だった。諦めきれない春子は…。

    ドラマ25「日本ボロ宿紀行」