ページトップ
  • 高畑充希が初の刑事役に挑む! 元警察官の“おじさま”たちと事件を解決!!

    メゾン・ド・ポリス

    TBS系
    毎週金曜 22:00~22:54

    1190人が見たい!

    あらすじ 1月25日放送分(第3話)
     東京・柳町北署管内の都民住宅建設予定地で、猫が殺され青いペンキがかけられる事件が相次いで発生。区広報誌編集者・仁美(橋本マナミ)によると誌面で事件を扱ったところ「また猫を殺してやる」と匿名の投稿があったという。ひより(高畑充希)と仁美、そして夏目(西島秀俊)らメゾン・ド・ポリスの面々は現場へ。そこで、青いペンキがかけられた人間の遺体を見つける。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)

    • 脚本:黒岩勉

    • 演出:佐藤祐市

    • 演出:城宝秀則

    • プロデューサー:橋本芙美

    • プロデューサー:芳川茜

    • 主題歌:アゲイン/WANIMA

  • キャスト
    • 高畑充希 
      牧野ひより 役

      警視庁柳町北署刑事課・巡査部長。6歳の頃に父親が建設現場で転落死し、7年前に母親を病気で亡くしている。交番勤務時代から刑事課への配属を希望しており、念願がかない現職に配属されて2年目。奇妙な焼死事件の捜査にあたり、上司の指示で退職した元刑事たちが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪ねる。

    • 夏目惣一郎 役

      シェアハウス雑用係で、元警視庁捜査一課主任の警部補。潔癖で完璧主義者。手抜きや妥協は一切しない。融通が利かない不器用な性格。警察組織の中で自身の理想を押し通すことが難しくなり退職。伊達の誘いを受けて「メゾン・ド・ポリス」の雑用係として住むことになった。

    • 高平厚彦 役

      シェアハウス管理人で、元中野東署警務課課長代理の警部。空気の読めない天然おじさん。「メゾン・ド・ポリス」に自宅から通っている。料理の献立を考えて、おじさんたちの健康管理もしている。推理小説を愛読する推理オタク。刑事になるのが夢だったが、捜査から縁遠い部署に配属されてばかりで現場経験はない。

    • 藤堂雅人 役

      シェアハウス住人で元警視庁科学捜査研究所の第一法医科科長。キザで隙あらば女性を口説こうとする根っからの女好きでバツ3。科学捜査研究所にいた頃は所内のエースだった。引退後、伊達の誘いを受けて「メゾン・ド・ポリス」にやって来た。自室には研究&鑑定機器を取りそろえている。

    • 迫田保 役

      シェアハウスの住人。元柳町北署刑事課の警部補。高校卒業後に警視庁に入庁。交番、所轄地域課勤務を経て刑事課に配属され、定年まで約40年間刑事畑を歩き続けてきたたたき上げの刑事。昔気質の堅物な性格。30年連れ添った妻に離婚を切り出され、その後、伊達に誘われて「メゾン・ド・ポリス」の住人になる。

    • 伊達有嗣 役

      シェアハウスのオーナーで、元警察幹部。東京大学法学部卒業後、警視庁入庁。各県警の課長、署長、部長、局長、本部長などを歴任。警察官僚でありながら、昔から事件現場での泥くさい捜査を率先し、たたき上げの刑事たちからの信頼も厚かった。ひよりを「メゾン・ド・ポリス」に招き入れ、捜査の手助けをする。

  • 概要

    加藤実秋の同名小説シリーズを原作に、警視庁柳町北署の若手刑事でやる気にあふれた主人公・牧野ひよりを高畑充希が演じ、初の刑事役に挑む1話完結の刑事ドラマ。
    ひよりが退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れて、元捜査一課の敏腕刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)らワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していくストーリー。シェアハウスの住人役には、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が出演するなど豪華キャストの共演も見どころ。
    脚本は「モンテ・クリスト伯」「僕のヤバイ妻」(ともにフジテレビ系)を手掛けた黒岩勉が務める。

  • ストーリー

    警視庁柳町北署の若手刑事・牧野ひより(高畑充希)は、念願の刑事課に配属されて2年目を迎え、やる気に満ちあふれていた。そんな中、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされる事件が発生する。
    捜査本部は5年前に起きた焼殺事件「デスダンス事件」の模倣犯と見て、捜査を開始。ひよりは当時の事件を担当した元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くために、ある古びた洋館を訪れる。
    そこは、伊達有嗣(近藤正臣)、迫田保(角野卓造)、藤堂雅人(野口五郎)、高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている夏目らおじさんばかりが暮らすシェアハウスで、その全員が元警察官だった。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 岡田結実主演、遠藤憲一が“妖精のおじさん”に扮する社会派コメディー

    私のおじさん~WATAOJI~

    テレビ朝日系
    毎週金曜 23:15~24:15

    657人が見たい!

    あらすじ 1月25日放送分(第3話)
    ‘幻のタイ’を捕る旅ロケに行くことになり、浮かれるひかり(岡田結実)とおじさん(遠藤憲一)。ところが九条(戸塚純貴)が体調を崩し、その仕事を任されたひかりはチーフADの出渕(小手伸也)から‘物撮り’を教わるが上手にできない。そんな折、ひかりは出渕がディレクターを目指して書いたメモを発見。迎えたロケ当日、収録を巡って出渕と千葉(城田優)が口論になる。

    前回までのあらすじを見る


  • 記者会見情報

    岡田結実/一ノ瀬ひかり

    みんなで作り上げている感覚があって“一人じゃないんだ”って感じたのは初めてです

  • スタッフ
    • 脚本:岸本鮎佳

    • 監督:竹園元

    • 監督:Yuki Saito

    • 監督:小松隆志

    • プロデューサー:三輪祐見子

    • プロデューサー:貴島彩理

    • プロデューサー:本郷達也

    • プロデューサー:布施等

    • 主題歌:愛した日/aiko

  • キャスト
    • 一ノ瀬ひかり 役

      バラエティー制作会社「テレドリーム」の新人AD。入社早々、体当たりロケが売りの「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」の担当になる。結婚を約束していた彼にふられて、就職活動もしていなかったため失業状態になり、何とか現職に就くがそのプライドゆえに、親や友人にその事実を告げることができない。女子力はほぼゼロで自宅はごみ屋敷状態。ある日突然“謎の妖精おじさん”が見えるようになる。

    • おじさん 役

      ひかりにだけ見える、自称・妖精のおじさん(等身大)。上質なスリーピースに身を包み、神出鬼没。性格はすこぶる悪く、超毒舌。人をディスりまくりで、日々文句タラタラ。ひかりの味方かと思いきや、ひかりも容赦なくディスる。恋愛相談に乗るのが大好き。「幽霊」と言うと「いや、妖精だから」と激しく否定する。

    • 千葉迅 役

      「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」のディレクター。頑固で口が悪く、すぐ人の頭を台本で殴る。とにかくデカく、髪も伸びっぱなしでダルダルの服ばかりを着用。面白いものを作るために、決して妥協しない性格のため、周りから疎まれることも。思ったことをズバズバ言うためデリカシーがないと思われたり、上層部に忖度(そんたく)する姿勢もない。女関係に関しては超絶だらしない。

    • 出渕輝彦 役

      「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」のチーフアシスタントディレクター。通称・デブチーフ。万年ADのバイトリーダー的存在。年下の千葉がディレクターを務めていることがコンプレックス。振られた仕事は笑顔で受けつつも、全て下のADにぶん投げ、自分は合コンやゲームに明け暮れている。仕事をしている形跡はあまりない。

    • 九条隼人 役

      「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」のAD。今どきの冷めた若者で、ライフワークバランスを大事にするという名目のもと、きっちり自分の仕事しかしない。何を考えているか分からないため、内面を理解してくれる人が職場にいない。上司に怒鳴られると涙ぐみ、すぐ働き方改革を盾にする。超SNS依存症で、何かあればすぐSNSにアップする。

    • 馬場桃花 役

      「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」のアシスタントプロデューサー(AP)。通称・ババア。いわゆるお局さまで、ショップでコーヒーを買ってのんびり午後出社が基本スタンス。「自分はオンナを捨てて仕事に生きている」という自負があり、スカートやショーパンで現場に来る女ADは絶対に許さない。しかし、ネイルやマツエクなど自分磨きには余念がない。

    • 泉雅也 役

      「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」プロデューサー。イケメンで、オシャレでポジティブ。「みんなで面白いことしましょう!」などと、うさんくさいセリフを笑顔で言い放つ。一方で上層部からの命令には逆らわないサラリーマン気質。コンプライアンスや視聴率にも厳しく、昨日言ったことが今日にはコロっと変わってしまう一面も。本心を読みにくくひょうひょうとした人柄で、その真逆にある千葉とは口論になりがち。

  • 概要

    岡田結実主演でおくる“働く女性×おっさん”の一風変わったお仕事ドラマ。普段はバラエティー番組に出演している岡田が、バラエティー制作会社「テレドリーム」にようやく入社した新人AD・一ノ瀬ひかりを演じる。
    職場の人たちに言いたいことが言えず我慢を重ねるひかりの前に突然現れる、「妖精」を名乗る“おじさん”に遠藤憲一が扮するほか、城田優、小手伸也、戸塚純貴、青木さやか、田辺誠一らがコミカルで軽妙な芝居合戦を繰り広げる。
    脚本は劇団「艶∞ポリス」を主宰する岸本鮎佳が、また、「おっさんずラブ」(同系)で一大ムーブメントを巻き起こした貴島彩理がプロデューサーを担当する。

  • ストーリー

    恋に破れて働き口も失くした一ノ瀬ひかり(岡田結実)がようやく就職したのは、番組制作会社「テレドリーム」。そこでひかりは、超過酷ロケで有名なバラエティー「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」の番組担当ADに配属される。
    ゴミ屋敷のようなデスクで仕事をこなし、「唐辛子1000個探してこい」といきなり言われて途方に暮れるようなAD生活を送るひかりの目の前に、突然「妖精」を名乗るおじさん(遠藤憲一)が現れる。
    四六時中ひかりに付きまとい、何かと口を出してきては文句を言い始めるおじさん。自分が口に出せない心の声や本音、愚痴を垂れ流してくれるおじさんの存在に、ひかりは徐々に爽快感を感じるようになる。

  • 公式サイト(外部サイト)