ページトップ
  • 山崎ケイのエッセーを原作に、夏菜らで描く女子あるある満載のラブコメディー

    人生が楽しくなる幸せの法則

    日本テレビ系
    毎週木曜 23:59~24:54

    450人が見たい!

    あらすじ 1月24日放送分(第3話)
     彩香(夏菜)、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)は神様(山崎ケイ)から自己採点を促され、周囲の評価との落差を知る。そこで、評価を上げるべく、佳恵は募金活動に協力。里琴は新人・福田(山本直寛)の教育係を買って出るが、覚えの悪さにいらつき、投げ出す。福田のフォローをした彩香は、営業部の涼太(和田琢磨)の誘いを断る羽目になり、安請け合いをしたことを後悔する。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:山崎ケイ「ちょうどいいブスのススメ」(主婦の友社)

    • 脚本:武井彩

    • 脚本:山岡潤平

    • 演出:植田泰史

    • プロデューサー:前西和成

    • プロデューサー:沼田賢治

    • プロデューサー:村本陽介

    • プロデューサー:大沼知朗

    • プロデューサー:森安彩

    • 主題歌:Waiting For U/TANAKA ALICE

  • キャスト
    • 夏菜
      中川彩香 役

      29歳。商社「ジャストライト物産」の総務部勤務。存在感が薄く、よく名前を間違えられる。営業部の涼太に片思いしているが、常に“受け身&待ち”の姿勢なので何も起こらない。名付けて「自己表現下手くそ女子」。

    • 高橋メアリージュン
      木原里琴 役

      31歳。商社「ジャストライト物産」総務部勤務の、彩香の同僚。“群れる”女子を嫌って一匹狼を貫く。真面目で仕事も早いが、他人のミスに厳しいモテない美人。名付けて「融通の利かない女子」。

    • 小林きな子
      皆本佳恵 役

      34歳。商社「ジャストライト物産」総務部勤務の、彩香の同僚。バンドマンのヒモ男と付き合っていて、金や物で釣ろうとする。周囲の女性に対してはやたらと評価が厳しい。名付けて「開き直り女子」。

    • 山崎ケイ
      ちょうどいいブスの神様 役

      ちょうどよく生きられない女子たちを救うべく、地球に舞い降りた“神様”。さまざまなコスプレで登場し、彩香たちにアドバイスする。

  • 概要

    「M-1グランプリ2016」のファイナリストにもなった、お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイによるエッセー「ちょうどいいブスのススメ」を原作にドラマ化した生き方指南&共感ラブコメディー。商社で働くイケてない女子3人の元に現れた、“ちょうどいいブスの神様”(山崎)が、幸せになるための手ほどきをする。主演の夏菜が「自己表現下手くそ女子」の中川彩香を、「融通の利かない女子」の木原里琴を高橋メアリージュン、「開き直り女子」の皆本佳恵を小林きな子が演じ、ダメ女たちそれぞれの成長記録のほか、女性が共感できる“女子あるある”満載のエピソードが見どころとなる。

  • ストーリー

    商社「ジャストライト物産」の総務部で働く、おとなしく存在感の薄い中川彩香(夏菜)、協調性がなく他の社員とぶつかってばかりの木原里琴(高橋メアリージュン)、バンドマンのヒモ男をつなぎとめることしか考えていない皆本佳恵(小林きな子)。生きづらさを抱える3人の前に、突如、“ちょうどいいブスの神様”(山崎ケイ)が現れる。そして3人は神様から、自分たちがしてきた行いをズバリ指摘されてしまう。3人はそれぞれが抱える現実に落ち込むが、神様はそんな3人に人生が楽しくなるアドバイスをおくる。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 光石研主演! ちょっぴり“痛い”けど愛らしい中年男の日常と恋模様をコミカルに描く

    木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」

    テレビ東京
    毎週木曜 25:00~25:30

    105人が見たい!

    あらすじ 1月24日放送分(第2話)
     渋井(光石研)は、編集担当の高田(夏帆)、ライター・甲本(柳英里紗)との飲みの席でアシスタントの杉浦(岡山天音)に料理の腕を褒められ、自宅で料理を振る舞うことになる。当日、凝った料理を出そうと朝から準備するが…。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:渋谷直角「デザイナー 渋井直人の休日」(宝島社)

    • 脚本:ふじきみつ彦

    • 脚本:松本佳奈

    • 監督:松本佳奈

    • 監督:久万真路

    • 監督:桑島憲司

    • プロデューサー:大和健太郎

    • プロデューサー:田中美幸

    • エンディング:Sweet and Sour/Nulbarich

  • キャスト
    • 渋井直人 役

      52歳独身のデザイナー。服装はおしゃれで、こだわりのものに囲まれた自由な生活を謳歌しているが、知り合ってひかれた女の子にはことごとく玉砕している。

    • 三浦カモメ 役

      居酒屋「檸檬」の常連。チョコレートが好きで、チョコレートを扱う菓子会社に勤めている。

    • 杉浦ヒロシ 役

      渋井のアシスタント。時に渋井の足を引っ張ることも。

    • ベンガル
      内田茂造 役

      過去に名をはせた雑誌デザイン界の大御所。通称・モード内田。

    • 森川葵
      新井くりこ 役

      風船を持った新アシスタント。通称・アレグリ。

    • 池松壮亮
      ピータードック店主 役

      渋井の通う古書店兼カフェ「ピータードック」の店主。

  • 概要

    原作は「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」などを手掛けた渋谷直角が連載中の同名コミック。さまざまなドラマ・映画に引っ張りだこのバイプレーヤーとして活躍する光石研が、俳優生活40年にして連続ドラマ単独初主演を務める。
    光石演じる、おしゃれな日常を過ごすも次々現れるヒロインたちに右往左往する中年デザイナー・渋井直人の、ちょっぴり切ない悠々自適な日常をコミカルに描く。渋井がたまたま入った居酒屋で知り合う女性・三浦カモメを演じる黒木華のほか、岡山天音、ベンガル、森川葵、池松壮亮ら多彩なキャストが華を添える。

  • ストーリー

    渋井直人(光石研)は52歳で独身のデザイナー。休日にはおしゃれな格好で街に繰り出し、レコードショップを訪れたり、カフェでまったりくつろいだりと自由を満喫している。女の子からも受けがよく、こだわりのものに囲まれスマートに生きているように見えるが、女性編集者、美大生、シンガー・ソングライター、インスタグラムで知り合った女の子など、次々に現れる女性たちに玉砕してしまう。
    大御所イラストレーターに怒鳴られたり、同世代のライバルに嫉妬したり。仕事も恋もまだまだ現役の渋井は、悠々自適な日常をおくっていたのだが…。

  • 公式サイト(外部サイト)