ページトップ
  • 竹内結子が6年ぶり地上波連ドラ主演。女性を救う天才トラブルシューターの活躍を描く

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

    フジテレビ系
    毎週木曜 22:00~22:54

    1140人が見たい!
  • 1月17日放送分のあらすじ(第2話)
     氷見(竹内結子)らは、大手広告代理店の人気クリエーティブディレクター・谷のセクハラ疑惑を調査する。谷も、同席した代理店の人事部長・貴美子も事実無根だと主張。被害を受けたという元契約社員・瑠璃の話を聞いた氷見は、要求通り谷に謝罪させると言い、与田(水川あさみ)ら一同を驚かせる。そんな中、瑠璃が暴露本を出すことが判明。世間の批判が瑠璃に集中する。

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

  • 1月10日放送分のあらすじ(第1話)
     法律事務所の危機管理部に勤める弁護士・氷見(竹内結子)は、政治家・林(山田明郷)が出席するパーティーに潜り込む。会場には従業員に扮した弁護士の与田(水川あさみ)や藤枝(中川大志)、事務員・真野(斉藤由貴)も潜入していた。仲間たちが騒ぎを起こして注目を集める中、氷見は、テレビ局の記者・東堂(泉里香)が林の息子・太一から受けたセクハラについて、林と駆け引きを繰り広げる。そんな中、鈴木(バカリズム)が副所長を務める事務所に、杏里(馬場ふみか)、桃子(中村ゆりか)ら4人組の人気アイドルグループ「フォレスト」の番組を担当するテレビ局のプロデューサー・深川(宇野祥平)から依頼が入る。

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

  • 山崎ケイのエッセーを原作に、夏菜らで描く女子あるある満載のラブコメディー

    人生が楽しくなる幸せの法則

    日本テレビ系
    毎週木曜 23:59~24:54

    466人が見たい!
  • 1月17日放送分のあらすじ(第2話)
     取引先の外資系企業社長・ベネット(イアン・ムーア)が、約束の時間より5時間も前に来訪。社長の神原(田山涼成)はじめ役員達は別の取引先の接待で不在のため、総務部の彩香(夏菜)、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)らまで掃除やおもてなしに駆り出される。しかし、3人とも役に立たず、会議室に隔離される羽目に。そこに‘ちょうどいいブスの神様’(山崎ケイ)が現れる。

    人生が楽しくなる幸せの法則

  • 1月10日放送分のあらすじ(第1話)
     彩香(夏菜)、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)は、商社で総務部社員として働いている。彩香は人目が気になり、自分の意思を口にできない。それ故、影が薄く、周囲に名前もちゃんと覚えてもらえない。一方、里琴は白黒をつけないと気が済まないタイプで融通が利かず、他の部署からも疎まれているが、そのことに本人は気付いていない。そして、佳恵は自身のことを棚に上げ、うわさ話と悪口が大好きなタイプだ。新年会の帰り道、そんな3人の前に突如、ちょうどいいブスの神様(山崎ケイ)が現れ、救いの手を差し伸べると話す。

    人生が楽しくなる幸せの法則