ページトップ
  • 杉咲花が遊川和彦と初タッグ! 派遣社員が会社を変えるお仕事コメディー

    ハケン占い師アタル

    テレビ朝日系
    毎週木曜 21:00~21:54

    1801人が見たい!
  • 2月21日放送分のあらすじ(第6話)
     大崎(板谷由夏)は代々木(及川光博)から、部下1人を選んで遠方の地の倉庫に出向させるよう言われる。‘体のいいリストラ’に抗議しつつ、大崎はアタル(杉咲花)以外の個別面談を開始。だが、上野(小澤征悦)らメンバーそれぞれの変化を目の当たりにし、出向者を選べない。そんな中、家庭内の悩みも抱えて追い詰められる大崎に、アタルが声を掛ける。翌日、大崎は出社せず…。

    ハケン占い師アタル

  • 2月14日放送分のあらすじ(第5話)
     田端(野波麻帆)は代々木(及川光博)の指示で女性の躍進に関する社内報の取材を受けることに。いつも以上にピリピリする田端はアタル(杉咲花)の気遣いも批判する。実は田端は失業中の父親(谷川昭一朗)と引きこもりの弟(小平大智)と暮らしており、一人で働いて家事も担う生活にいら立っていた。そんな中、やむなく出席した会合で、田端は代々木らの発言に激怒する。

    ハケン占い師アタル

  • 2月7日放送分のあらすじ(第4話)
     上野(小澤征悦)を指名したイベントの仕事が舞い込む。自身の過去の栄光を知る携帯電話会社社長(池田良)からの依頼に上野は張り切る。一方、アタル(杉咲花)は神田(志田未来)からなぜここで働いているのか聞かれる。そんな中、上野の企画書が先方に「過去の焼き直し」と酷評され、代々木(及川光博)は上野を外すと宣言。激怒した上野は代々木に暴言を吐いてしまう。

    ハケン占い師アタル

  • 1月31日放送分のあらすじ(第3話)
     化粧品会社の新商品サンプルを配布する提案書を、上野(小澤征悦)の指示で品川(志尊淳)が作ることになる。終業後、品川は上野から居酒屋に連れ出され、一緒に来たアタル(杉咲花)の前で、いつものように「覇気がない」などと叱られる。翌日、上野は品川が書いた提案書を厳しく批判。品川は辞職すると言い出し、代々木(及川光博)に上野からのパワーハラスメントを訴える。

    ハケン占い師アタル

  • 1月24日放送分のあらすじ(第2話)
     戦隊ヒーローの新キャラクター発表会のコンペへの参加が決まり、‘コネ入社’の目黒(間宮祥太朗)がその担当に。これまで仕事を任せてもらえなかった目黒は張り切るが、大崎(板谷由夏)らは心もとない。目黒はアタル(杉咲花)の一言から、‘伝説のヒーロー’の起用を発案。企画は順調に進み始めるが、仲間意識を強調する目黒は上野(小澤征悦)から痛烈な言葉を浴びせられる。

    ハケン占い師アタル

  • 竹内結子が6年ぶり地上波連ドラ主演。女性を救う天才トラブルシューターの活躍を描く

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

    フジテレビ系
    毎週木曜 22:00~22:54

    1701人が見たい!
  • 2月21日放送分のあらすじ(第7話)
     電子決済サービスでクレジットカードが不正利用される騒動が起きる。与田(水川あさみ)は、ネット上でやり玉に挙げられるシステムエンジニアの江梨子(西山繭子)が大学の先輩と気付き、協力を申し出る。会社側が育休中だった江梨子の責任にしようとする中、真野(斉藤由貴)の調べで、会社側に原因があると判明。すると、江梨子が脅迫を受ける。一方、氷見(竹内結子)はある人物と接触する。

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

  • 2月14日放送分のあらすじ(第6話)
     氷見(竹内結子)らは、依頼人のベストセラー作家・千代子(真野響子)を訪問。千代子は元秘書・奈々子(宮地雅子)らへのパワーハラスメント疑惑で騒がれていた。残った若手秘書の礼二(杉野遥亮)は千代子のお気に入りで、作家の才能もあるという。氷見らは、礼二にテレビ取材を受けさせ、千代子と礼二のイメージアップに成功。だが、礼二が出版社と組み、千代子をだましていたと分かる。

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

  • 2月7日放送分のあらすじ(第5話)
     コメンテーターとして大活躍する経済評論家・よう子(遠野なぎこ)が、夫でタレントの中山(デビット伊東)と離婚したいと氷見(竹内結子)らに依頼する。よう子は夫からのDV被害を訴えるが、中山は否定し、離婚も拒否。よう子に隠し事があるとにらんだ氷見らは、彼女が不倫をしている可能性を調べる。そんな中、中山を尾行していた氷見と与田(水川あさみ)は中山が宝飾品を買う姿を目にする。

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

  • 1月31日放送分のあらすじ(第4話)
     高層マンションに暮らす主婦の京子は、玄関前にごみがまかれる嫌がらせをされる。依頼を受けた氷見(竹内結子)らは京子のママ友との集まりに参加。すると京子の息子・怜が有名中学校に合格したことが話題に上る。そんな中、京子が階段から突き飛ばされる事件が発生。藤枝(中川大志)が京子の自宅前に現れた人物を捕まえる。その頃、氷見は記者・茂呂(佐野岳)といた。

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN

  • 1月24日放送分のあらすじ(第3話)
     フィギュアスケートのオリンピック金メダリスト・紀子(白石聖)の婚約者・塚越(穂満佳佑)が刺殺される。犯行を疑われる紀子の依頼を受け、氷見(竹内結子)らは犯人捜しを開始。紀子のライバル選手・リナが塚越と男女の関係だったとつかみ、世間の疑いがリナに向くよう仕向ける。一方、藤枝(中川大志)は、大臣の息子からのセクハラ被害を公表しようとする記者・東堂(泉里香)の前に現れ…。

    スキャンダル専門弁護士 QUEEN