ページトップ

沢村一樹主演、知識も経験も“ゼロ”になってしまった異色の刑事ヒーローが登場!

刑事ゼロ

テレビ朝日系 毎週木曜20:00~20:54

1101人が見たい!
会見情報

テレビ朝日系の連続ドラマ「刑事ゼロ」の会見が行われ、主演の沢村一樹と共演の瀧本美織、寺島進、横山だいすけ、猫背椿、渡辺いっけい、財前直見、武田鉄矢が登壇し、それぞれの役柄と見どころなどを語った。会見では、役どころが推し量れる各自デスクのセット写真を見て、誰の机かを当てるコーナーも行われた。
寺島が演じる福知が禁煙を目指していることが分かるようにあめが置かれていたり、横山演じる内海がスポーツマンでアイドルにご執心という、それぞれのデスク周りに置かれたさりげない小物にもキャラクターの裏設定を忍ばせていることも明かされた。沢村演じる時矢の机には難しい刑法の本などが置いてあるが、本人は記憶喪失なのでなぜ置いてあるのか分からないという、細かな部分にも散りばめられた謎解きの要素も見どころとなる。
会見コメント
  • 「今年こそ“ゼロからのスタート”にしたいです」と沢村

    「今年こそ“ゼロからのスタート”にしたいです」と沢村

  • 沢村一樹/時矢暦彦

    みんなの力を借りて事件を次々と解いていくという、今までにない刑事ドラマです

    改めて、すごく豪華なメンバーでドラマをつくらせていただいているというのを実感しています。本当に新年にふさわしい。隣の寺島さんは新年にふさわしく見えないかもしれませんが(笑)、「みんなで頑張ろう」って、一番声をかけてくださっている先輩です。すてきなドラマをお届けできるよう頑張っていきます。
    記憶喪失の演技を最近やったばかりだったんですね(笑)。それもあるのか、ちょっとボーッとしたところがあるのですが、本当に面白い刑事ドラマになっている強い手応えを感じています。刑事じゃない人がなぜか警察署にいて、みんなの力を借りて事件を次々と解いていくという、今までにない刑事ドラマです。1年の始まりにふさわしいドラマに仕上がっていると思います。
    (今年チャレンジしたいことについて)毎回、「あれは封印します」とか「何とか男爵は返上します」とか言っていますけど、今年こそ“ゼロからのスタート”にして、なかったことにしたいと思います(笑)。

  • 「今年は高田純次さんのような“良い適当さ”も取り入れていきたいです」と瀧本

    「今年は高田純次さんのような“良い適当さ”も取り入れていきたいです」と瀧本

  • 瀧本美織/佐相智佳

    時矢刑事にすごく憧れていて、かなりの時矢マニアという役どころです

    私は沢村さんが演じる時矢刑事のファンというか、すごく憧れていて、彼が解決してきた事件はすべてインプットしている、かなりの時矢マニアという役どころです。こんな豪華なメンバーでとても楽しくお芝居させてもらっています。ぜひ期待していてください。
    私自身は、「できなきゃ」という完璧主義者なところがあると思っていまして、今年は高田純次さんのような“良い適当さ”も取り入れていきたいなと思っています。

  • 「今年はゼロから初心に戻って、格闘技をやりたいなと思っています」と寺島

    「今年はゼロから初心に戻って、格闘技をやりたいなと思っています」と寺島

  • 寺島進/福知市郎

    “チーム刑事ゼロ”で一丸となれば、すてきな作品になると信じています

    自分の役は、検挙率ナンバーワンだと勝手に思い込んでいるホラ吹き野郎でございます。時矢刑事の沢村くんとライバル同士で、「俺が検挙した!」と勝手に自慢している、勝手な男でございます(笑)。自分の役どころはきっちり分かっているつもりなので、自分の役割をちゃんと果して“チーム刑事ゼロ”で一丸となれば、すてきな作品になると信じています。
    今年はゼロから初心に戻って、格闘技をやりたいなと思っています。55歳なのでレッツゴーゴーで。あとは50歳でジェットスキーの免許を取ったので、55歳ではスキューバダイビングの免許を取りたいなと強く思っています。

  • 「年男なので、猪突猛進で進んでいきたいと思っています」と横山

    「年男なので、猪突猛進で進んでいきたいと思っています」と横山

  • 横山だいすけ/内海念也

    “だいすけお兄さん”という色は一切消して、俳優・横山だいすけとして臨みます

    今日は、一大決心をしてこの席に臨んでおります。「だいすけお兄さん、何で笑わないの?」と思われた方がいるかもしれませんが、今日は“だいすけお兄さん”という色は一切消して、ゼロにして、俳優・横山だいすけとして臨もうと決意してまいりました。素晴らしい俳優さんたちとご一緒できるのを本当に本当に幸せに思っております。
    僕は(俳優として)まさにゼロからのスタートなので、まずはかまないこと。役として、しっかりといること。これに1年の力を注ぎたいなと思っています。今年36歳で年男なので、猪突猛進で進んでいきたいと思っています。

  • 「時矢刑事にラブラブできたらいいなと思っています」と猫背

    「時矢刑事にラブラブできたらいいなと思っています」と猫背

  • 猫背椿/背川葉奈

    末長く愛される番組の一員になれるよう一生懸命頑張ります

    お仕事もできてキレキレで、ビジュアルもとてもいい時矢刑事の大ファンを公言している女性の役です。ファンとストーカーの垣根を越えない程度の熱意を持って、時矢刑事にラブラブできたらいいなと思っています。
    末長く愛される番組の一員になれるよう一生懸命頑張ります。今年は京都にいることが多くなるので、京都マスターの寺島さんに教わりながら、京都に詳しくなりたいと思っています。

  • 「キャプテンというか学級委員みたいなもんですね(笑)」と渡辺

    「キャプテンというか学級委員みたいなもんですね(笑)」と渡辺

  • 渡辺いっけい/根本留夫

    「解決してくれてるからいいや」という能天気なところもあるかと思います

    私の役は13係の係長で、キャプテンというか学級委員みたいなもんですね(笑)。バランス感覚に非常に長けている人間です。なんだかんだで事件は解決するので、終わり良ければすべて良しという、「解決してくれてるからいいや」という能天気なところもあるかと思います。
    今年は歌唱力を上げたいと思っています。昨年末にこのメンバーと飲みに行きまして、カラオケに行ったんです。そこで「アナと雪の女王」(の「レット・イット・ゴー」)をだいすけくんと美織ちゃんが歌ってくれたんですよ。だいすけくんは信じられないことに「アナ雪」のこの曲をあまり聴いていないというので、その場でYouTubeでハモりを研究して、完璧に歌ったんですね。それを見て感動しまして、僕も美織ちゃんとしっかり歌いたいなと本当に思ったんです。だから打ち上げまでに歌唱力を上げて、彼女とデュエットするというのが、ささやかな目標ですね(笑)。

  • 「皆さんの終活をアドバイスしようかなと考えています(笑)」と財前

    「皆さんの終活をアドバイスしようかなと考えています(笑)」と財前

  • 財前直見/奥畑記子

    どうなっていくのか、どういう出会いがあるのか、謎を解いていくのが楽しみです

    私は時矢刑事の元妻役で弁護士なんですけれど、時矢が記憶を失っていることもまだ知らないので、これからどうなっていくのか、どういう出会いがあるのか、謎を解いていくのがとても楽しみです。(時矢刑事は)毎回毎回、スピーディーに事件を解決していくのですが、果たして私生活の方はどうだったのか?というのも楽しみに見ていただけたらと思います。
    私は資格マニアで、結構いろいろな資格を取っているのですが、“終活ライフケアプランナー”という資格も持っているんです。それで、皆さんの終活をアドバイスしようかなと考えています。死を意識した“終活”ですね(笑)。

  • 「春になると私は古希がやってまいります。“アラ古希”です」と武田

    「春になると私は古希がやってまいります。“アラ古希”です」と武田

  • 武田鉄矢/生田目守雄

    人間の記憶の不思議さや神秘さ、そういうものが醸し出せればいいなと思っています

    私は時矢刑事の伯父役をやっております。病院を営んでいる精神科医で“心理”を扱う役です。時矢と時々語り合いながら、失くした記憶の行方や人が記憶を持って生きていることの不思議を語り合う役なので、人間の記憶の不思議さや神秘さ、そういうものが醸し出せればいいなと思っています。
    春になると私は古希がやってまいりまして、“アラ古希”です。人生で数々残した謎に向かって、その謎をこの「刑事ゼロ」に負けないように一つ一つ解いていこうというのが今年からの目標です。最初の謎は、「なぜ女房を愛したか?」。これが振り返ると分からないんですよね。そこの記憶を完璧に失っておりまして、女房と目が合うたびに「なぜ、この人はここにいるんだろう?」という、この謎から自分の古希をスタートさせていきたいというのが目標でございます。