ページトップ
  • 木村佳乃が関西弁の悪女に! 高橋克典、木村多江、伊原剛志ら共演の痛快サスペンス

    後妻業

    フジテレビ系
    毎週火曜 21:00~21:54

    1220人が見たい!
  • 2月19日放送分のあらすじ(第5話)
     本多(伊原剛志)のことが気になる柏木(高橋克典)は、彼を調べるため、東京で博司(葉山奨之)に朋美(木村多江)を尾行させることに。小夜子(木村佳乃)には現在のターゲットに代え、新たに豪邸で独り暮らしの元開業医・笹島(麿赤兒)を紹介する。一方、司郎(長谷川朝晴)との仲がぎくしゃくする朋美に、姉・尚子(濱田マリ)を介して大阪でのリフォームの仕事が舞い込む。

    後妻業

  • 2月12日放送分のあらすじ(第4話)
     小夜子(木村佳乃)の次のターゲット・富樫(佐藤蛾次郎)に関する情報を得た本多(伊原剛志)は柏木(高橋克典)を直撃し、あえて手の内を明かし反応をうかがう。さらに、片棒を担ぐ司法書士・新井(河本準一)にも揺さぶりを掛ける。朋美(木村多江)は報告に訪れた本多に事実婚の夫・司郎(長谷川朝晴)を紹介。その頃、柏木の元には、小夜子の弟・博司(葉山奨之)が…。

    後妻業

  • 2月5日放送分のあらすじ(第3話)
     小夜子(木村佳乃)は早くも、次のターゲットの富樫(佐藤蛾次郎)に接触。一方、本多(伊原剛志)は、小夜子の3番目の夫・武内(綾田俊樹)の息子の妻・香代(平岩紙)から事情を聞く。朋美(木村多江)は本多から、これまでの3人の夫が小夜子とは結婚相談所「微祥」で出会ったと聞き、父も犠牲者だと確信。本多と共に、小夜子の同業者である瀬川(とよた真帆)に会う。

    後妻業

  • 1月29日放送分のあらすじ(第2話)
     小夜子(木村佳乃)と柏木(高橋克典)は、入院中の耕造(泉谷しげる)の自宅にある金庫の解錠に成功。定期預金や投資信託の現金化を急ぐ。程なく、耕造の容体が安定。主治医から転院を求められ、小夜子から連絡を受けた朋美(木村多江)は大阪へ。その朋美の依頼で、府警時代の後輩・橋口(平山祐介)に小夜子の正体を探らせている探偵の本多(伊原剛志)は、小夜子と遭遇する。

    後妻業

  • 1月22日放送分のあらすじ(第1話)
     遺産目当てで資産家の老人を狙い結婚する「後妻業」。小夜子(木村佳乃)は、大阪にある結婚相談所の社長・柏木(高橋克典)が裏で営む後妻業のエースだ。その小夜子と1カ月前に結婚した元教師・耕造(泉谷しげる)が意識不明の状態に陥った。小夜子から連絡を受けた長女の尚子(濱田マリ)、次女で東京在住の朋美(木村多江)は駆け付けた病院で初めて父の再婚を知る。

    後妻業

  • 深田恭子がタイプの違う3人の男性からアプローチを受ける“しくじり鈍感女子”に!

    初めて恋をした日に読む話

    TBS系
    毎週火曜 22:00~23:07

    2399人が見たい!
  • 2月19日放送分のあらすじ(第6話)
     匡平(横浜流星)の気持ちを知った順子(深田恭子)は、匡平とうまく接することができない。一方、山下(中村倫也)と順子の関係が気になる匡平は、米国出張を控えた雅志(永山絢斗)に、自身の気持ちを率直に吐露する。そんな折、美和(安達祐実)が雅志に高校の同窓会を開くよう提案する。雅志は「順子との恋を応援する」という美和の言葉を信じて、幹事を引き受けることにする。

    初めて恋をした日に読む話

  • 2月12日放送分のあらすじ(第5話)
     匡平(横浜流星)に模擬試験を受けさせたい順子(深田恭子)だったが、文系出身のため、数学を教えるには力不足。そこで、匡平を連れて雅志(永山絢斗)の元を訪れ、理系科目の勉強方法を尋ねる。その夜、匡平は順子の家まで参考書を取りに行き、家の近くで順子の母・しのぶ(檀ふみ)と遭遇。匡平のような子が簡単に東大に受かるわけがないと口にしたしのぶに、順子は食ってかかる。

    初めて恋をした日に読む話

  • 2月5日放送分のあらすじ(第4話)
     順調に成績を伸ばす匡平(横浜流星)は高校3年生に進級。順子(深田恭子)は山下(中村倫也)から、冷淡な父に加え母を亡くしているという匡平の家庭環境を聞き、その孤独を思いやる。そしてゴールデンウイーク、3泊4日の勉強合宿が開催される。当日、匡平と美香(吉川愛)は、東大クラスの鷲津(内藤秀一郎)らがおとなしい女子・大塚(神岡実希)をいじめている場面に遭遇する。

    初めて恋をした日に読む話

  • 1月29日放送分のあらすじ(第3話)
     匡平(横浜流星)は順子(深田恭子)が酔った勢いでつぶやいた言葉が気になって仕方がない。一方、順子はいとこの雅志(永山絢斗)から誘いを受け、申し出を快諾。順子に惚れている雅志は大喜びだ。そんな折、順子が美和(安達祐実)と食事をしていると、そこに順子の生徒・美香(吉川愛)がやって来る。美和は過激な恋愛体験を語る美香に危うさを感じ、順子に注意するよう促す。

    初めて恋をした日に読む話

  • 1月22日放送分のあらすじ(第2話)
     塾の後、エンドー(永田崇人)らが匡平(横浜流星)を合コンに誘う。順子(深田恭子)の友人でキャバクラ店主の美和(安達祐実)がなぜか合コンの監督を申し出て、順子も同行する羽目に。順子に片思い中のいとこ・雅志(永山絢斗)は、美和から匡平と順子の様子を聞き、複雑だ。一方、順子は出張講師として匡平の高校へ。そこで、高校時代の同級生で教師の山下(中村倫也)と再会する。

    初めて恋をした日に読む話