ページトップ
  • 「ぷしゅー」のワカコが4Kで帰ってくる! 女ひとり酒を堪能するグルメドラマ

    ワカコ酒 Season4

    BSテレ東
    毎週月曜 24:00~24:30

    106人が見たい!

    あらすじ 1月21日放送分(第3話)
     ワカコ(武田梨奈)は、ふと立ち寄った店で、隣に運ばれたのと同じ厚切りハムカツを注文。合わせるのは生ビールだ。学生時代、ハムといえば薄いものだと思っていたが、それぞれの良さがあると今なら分かる。別の日、どうしてもホッケが食べたくなったワカコはなじみの「逢楽」へ。大将(野添義弘)に迎えられ、ホッケが焼けるのを待つ間、日本酒の冷やとあるつまみを頼む。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:新久千映「ワカコ酒」(月刊コミックゼノン/ノース・スターズ・ピクチャーズ)

    • 脚本:阿相クミコ

    • 脚本:女里山桃花

    • 監督:久万真路

    • 監督:湯浅弘章

    • 監督:岩淵崇

    • 監督:片桐健滋

    • プロデューサー:小林教子

    • プロデューサー:湊谷恭史

    • プロデューサー:石井光雄

    • 主題歌:さけっぱらだい酒☆/バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI

    • エンディング:星たちのモーメント/上野優華

  • キャスト
    • 村崎ワカコ 役

      酒と料理が何より大好きな26歳のOL。職場での出来事に思いを巡らせたり、他の客たちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場でのひとり飲みの楽しみを満喫する。酒と料理がぴったりと合わさった瞬間に、思わず口から「ぷしゅー」と吐息が漏れる。

  • 概要

    「酒呑みの舌」を持って生まれたOL・村崎ワカコが、さまざまな場所をさすらい、女ひとり酒を堪能するグルメ漫画「ワカコ酒」をドラマ化するシリーズの第4弾。
    2015年放送の第1弾から主人公のワカコを演じてきた武田梨奈をはじめ、ワカコの行きつけのお店「逢楽」大将役の野添義弘や、店員の青柳役の鎌苅健太ら、おなじみのメンバーが再集結。さらに、シリーズ初の4K放送で、お酒も料理もパワーアップしておくる。

  • ストーリー

    村崎ワカコ(武田梨奈)は、酒と料理が何より大好きな26歳で、偶然見つけた店にも勇気を出して足を踏み入れるのんべえ女子。職場での出来事に思いを巡らせたり、他の客たちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場でのひとり飲みの楽しみを満喫するワカコは、時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓を打ち、時にはまったりと旬の料理とお酒を楽しんでいる。
    そんなワカコの酒との付き合いを優しく見守るのは、友人や会社の同僚、そして行きつけの店「逢楽」の大将(野添義弘)ら。酒と料理がピッタリと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれたワカコの口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 松本穂香と松尾諭がW主演。渋谷を舞台にしたクライム・エンターテインメント

    JOKER×FACE

    フジテレビ系
    毎週月曜 24:55~25:25

    130人が見たい!

    あらすじ 1月21日放送分(第2話)
     おやじ狩りに遭っていた柳(松尾愉)を撮影した流川(松本穂香)は、彼に動画撮影のため協力を頼む。柳は、あるアイドル(永尾まりや)に近づくが…。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 脚本:玉田真也

    • 演出:スミス

    • 演出:山岸聖太

    • 演出:青木達也

    • プロデューサー:櫻井雄一

    • プロデューサー:望野さやか

    • 主題歌:Again and Again/milet

    • 挿入歌:I Gotta Go/milet

  • キャスト
    • 流川 役

      動画配信チャンネル「JOKER」を運営し、動画投稿で荒稼ぎする謎の美女。“犯罪ボーダーライン”の現場に柳を潜入させて撮影した動画を配信し、何のためらいもなく対象者をさらしていくが、その目的は謎に包まれている。

    • 松尾諭
      柳 役

      流川の口車に乗せられて動画制作の片棒をかつぐはめになる中年男。流川に操られ、右往左往する。

    • 須藤蓮
      レン 役

      「JOKER」に心酔する謎の男。

  • 概要

    注目の若手女優・松本穂香と、映画やドラマに引っ張りだこの個性派俳優・松尾諭がダブル主演する、新感覚のクライム・エンターテインメント。動画配信チャンネル「JOKER」を運営し荒稼ぎする謎の美女・流川(松本)と、その片棒をかつぐはめになる中年男・柳(松尾)が、東京・渋谷を舞台に犯罪すれすれのトラブルを起こすターゲットを狙い、罠を仕掛けていく。
    劇作家・玉田真也による完全オリジナルストーリーを、演出を担当するスミスをはじめ、「ぼくは麻理のなか」「青と僕」(ともに同系)を手掛けたクリエーターらが再集結し、映像化。都内各所でオールロケを敢行したスタイリッシュな映像で、スピーディーな物語が展開する。

  • ストーリー

    東京・渋谷。リストラされ途方に暮れるサラリーマンの柳(松尾諭)は、オヤジ狩りに遭い、若者から暴行を受けていた。すると、その様子をうれしそうに撮影し始める1人の女性が。そして、警察が現れて若者が取り押さえられている隙に、その女性・流川(松本穂香)は柳を連れて逃走する。
    一息ついたところで礼を言い立ち去ろうとする柳に、流川はある動画サイトを見せる。そこには、先ほどのオヤジ狩りの場面がアップされていた。驚く柳に、流川は「自分に協力すれば報酬を出す」と持ち掛ける。

  • 公式サイト(外部サイト)