ページトップ

錦戸亮主演! 犯行現場に残された痕跡から真実を導き出す本格サスペンス

トレース~科捜研の男~

フジテレビ系 毎週月曜21:00~21:54

1171人が見たい!
会見情報

フジテレビ系で放送する連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」の制作発表会見に、主演の錦戸亮と、共演の新木優子、船越英一郎が参加した。同作は、人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」のドラマ化で、警視庁科学捜査研究所の法医研究員・真野礼二(錦戸)が、鑑定結果から得られるヒントをもとに、難事件を解決していく姿を描くミステリー。
錦戸は「専門用語が多くて、台本を読みつつ調べている」と熱演を報告。沢口靖子主演の長寿ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)に酷似する「科捜研の男」というサブタイトルについては、「最初に聞いた時は冗談なのかと思った。一番気まずかったのはテレビ朝日に行った時」とネタにしていた。同じく船越も「周りから『内藤剛志さんをやるの?』と何度も聞かれた」と苦笑いも、「長いこと歴史を刻んできたドラマを汚さないようにと、襟を正すいいきっかけにもなった」と前向きに捉えていた。
会見コメント
  • 「僕史上一番クールで冷静に話す役です」と錦戸

    「僕史上一番クールで冷静に話す役です」と錦戸

  • 錦戸亮/真野礼二

    このドラマが誰かにとっての「ロンバケ」になってほしいです

    撮影は11月下旬から始まっていましたが、放送スタートまでは早かったという感覚です。早く皆さんのもとに届けばうれしいし、僕自身も早く第1話が見たいという気持ちです。今までやってきた中で、僕史上一番クールで冷静に話す役です。最初は恥ずかしかったけれど、今では慣れました。また、セリフにカタカナの専門用語が多くて、なんのことを言っているのか分からないこともあり、台本を読みつつ調べることが増えました。
    「科捜研の男」というサブタイトルを最初に聞いた時は、冗談なのかと思いました。一番気まずかったのはテレビ朝日に行った時(笑)。周りから「科捜研をやるんだって?」と言われた時は「すみません」と思いました。この気持ちをフジテレビは知らないと思うけど…。
    このドラマは、平成のうちに最終回を迎える最後の月9になります。僕らの世代で月9というと、「ロング・バケーション」が出てきます。なので、次の元号に変わっても皆さんに覚えていてもらえるよう、誰かにとっての「ロンバケ」になってほしいです。

  • 「衣装を着てメークをするだけで気持ちが切り替わりました」と新木

    「衣装を着てメークをするだけで気持ちが切り替わりました」と新木

  • 新木優子/沢口ノンナ

    普段の錦戸さんは、大阪のお兄ちゃんっぽいです

    演じる沢口ノンナは、純粋で何事にも素直に反応するキャラクターです。器用ではなく、すべてのことに対して立ち向かって、素直に反応する役どころですが、衣装を着てメークをするだけで気持ちが切り替わりました。
    錦戸さんは、寡黙なイメージで役作りされているのかなと思っていました。けれど撮影が進むと、普段はそんなことはなくて、関西弁でしゃべられていて気さくで、大阪のお兄ちゃんっぽいです。撮影現場には緊張感があるけれど、錦戸さんが緊張せずにいてくれるので、私もお芝居しやすいしありがたいです。
    船越さんは、私が思っていた以上に気さくでおちゃめな方。意外とボケることも多くて、撮影中のエピソードが多々あります。虎丸良平は船越さんが演じることでおちゃめさが際立っています。ちょっとしたアクションにも、船越さんのおちゃめさが出ているので、細かい仕草にも注目してほしいです。
    今年はイノシシ年ということで、私自身も猪突猛進でいろいろなことにチャレンジしていきたいです。

  • 「新しいサスペンスの地平線をみんなで作っているような感覚」と船越

    「新しいサスペンスの地平線をみんなで作っているような感覚」と船越

  • 船越英一郎/虎丸良平

    「科捜研の男」と聞いた時は驚きました

    月9は華やかです。セットも素晴らしくて、どれだけお金がかかっているんだと思う素晴らしいセットです。私はライフワークのように刑事ドラマをやってきましたので、現場でこういうような作品になるだろうとイメージが湧くけれど、今回のドラマは自分の中で完成形が見えてこないので、怖くもあり楽しみでもあります。月9ということで、新しいサスペンスの地平線をみんなで作っているような感覚があります。
    「科捜研の男」と聞いた時は、一同顎が外れるくらいに驚きました。周りからは「内藤剛志さんを演じるのか?」と何度も聞かれたりして…。ただ、沢口靖子さんの「科捜研の女」は素晴らしいドラマであり、長いこと歴史を刻んできたドラマです。それを汚さないようにと、襟を正すいいきっかけにもなりました。