ページトップ
  • 滝沢秀明が初の外科医役に挑戦! ベストセラー小説が原作の医療ヒューマンドラマ

    連続ドラマW 孤高のメス

    WOWOWプライム
    毎週日曜 22:00~23:00

    105人が見たい!
  • 2月17日放送分のあらすじ(第6話)
     初の生体肝移植患者が死亡し、卜部(利重剛)に責任を押し付けられた当麻(滝沢秀明)は各方面の非難を浴びる。納得できない実川(仲村トオル)に、卜部は「やりたいことをやるには権力が必要だ」と諭す。一方、青木(工藤阿須加)の恩師・静(キムラ緑子)の息子・誠(広田亮平)が交通事故に遭う。

    連続ドラマW 孤高のメス

  • 2月10日放送分のあらすじ(第5話)
     肝硬変が進行した状態の大川(長塚京三)だが、肝移植を拒絶。それでも父親を助けたい翔子(山本美月)は、当麻(滝沢秀明)にドナーを申し入れる。一方、日本初の生体肝手術を終え、ドナーとなった父親は無事退院したものの、空也(正垣湊都)が様々な拒絶反応を起こし、実川(仲村トオル)は…。

    連続ドラマW 孤高のメス

  • 2月3日放送分のあらすじ(第4話)
     日本初の生体肝移植手術当日。ドナーの手術を頼まれた当麻(滝沢秀明)が、近江大医学部付属病院へ向かおうとした矢先、熊本の母・峰子(大塚良重)が倒れたとの連絡が入る。その頃、実川(仲村トオル)を嫌う野本(宮川一朗太)のリークにより同病院に新聞記者・上坂(三浦誠己)が押し掛ける。

    連続ドラマW 孤高のメス

  • 1月27日放送分のあらすじ(第3話)
     当麻(滝沢秀明)は看護婦・翔子(山本美月)に頼まれ、その父で町長の大川(長塚京三)を往診する。一方、近江大学医学部付属病院では実川(仲村トオル)が、先天性胆道閉鎖症を患う7歳の空也(正垣湊都)を救うためには生体肝移植しかないと考えていた。卜部(利重剛)は時期尚早と難色を示すが…。

    連続ドラマW 孤高のメス

  • 1月20日放送分のあらすじ(第2話)
     野本(宮川一朗太)が手術ミスを犯す。再手術の執刀のため甦生記念病院を訪れた実川(仲村トオル)は、手際の悪い野本に当麻(滝沢秀明)との交代を命じる。そして当麻の実力を確信し、近江大学医学部付属病院教授・卜部(利重剛)にある提案をする。数日後、病院の食堂で働くキヨ(鷲尾真知子)が交通事故に遭い瀕死の状態に。当麻は肝移植で救うことができると主張するが…。

    連続ドラマW 孤高のメス

  • 菅田将暉&永野芽郁の共演でおくる、誰も想像できない衝撃的な学園ミステリー

    3年A組─今から皆さんは、人質です─

    日本テレビ系
    毎週日曜 22:30~23:25

    3659人が見たい!
  • 2月17日放送分のあらすじ(第7話)
     一颯(菅田将暉)が、同僚の武智(田辺誠一)を犯人と名指し。澪奈(上白石萌歌)の自殺直前の映像も拡散され、ネットは荒れる。一颯はさくら(永野芽郁)達を前に、無実を訴える武智に対し「夜の8時までに全ての罪を自白しなければ最も大切にしているものを奪う」と電話で宣告。一方、大学のスポーツ推薦を受けた瀬尾(望月歩)と華(富田望生)は、武智の肩を持つが…。

    3年A組─今から皆さんは、人質です─

  • 2月10日放送分のあらすじ(第6話)
     フェイク動画の依頼主は、魁皇高校の教師であることが判明。その件を自ら、SNSに投稿した一颯(菅田将暉)は、翌朝、数学教師・武智(田辺誠一)に電話をし、午後8時までに犯人が名乗り出なければ教室を爆破すると宣告する。一方、さくら(永野芽郁)が5人の候補を挙げ、水泳部顧問の坪井(神尾佑)が本命視される中、坪井を恨む元水泳部員の涼音(福原遥)が行動を起こす。

    3年A組─今から皆さんは、人質です─

  • 2月3日放送分のあらすじ(第5話)
     4日目の夜。突然、一颯(菅田将暉)が倒れ、さくら(永野芽郁)が付き添う。生徒達は美術準備室をこじ開け、かばんや携帯電話を奪還。床下の部屋からは中尾(三船海斗)や里見(鈴木仁)、瑠奈(森七菜)ら6人が元気な姿を現した。そんな里見らが立てこもりを続けようと言い出す。そして、一颯から聞いた今回の‘目的’とともに、鍵を握っているのは唯月(今田美桜)だと明かす。

    3年A組─今から皆さんは、人質です─

  • 1月27日放送分のあらすじ(第4話)
     一颯(菅田将暉)が、里見(鈴木仁)に動画を撮らせた人物に挙手を求めると、甲斐(片寄涼太)があっさり自白。しかし一颯は、午後8時までに黒幕を明かすよう告げる。その頃、捜査から外された郡司(椎名桔平)は、無許可のガールズバーの男性店長を聴取していた。一方、さくら(永野芽郁)は甲斐が起こした傷害事件の内容を知り、彼が何らかの事情を抱えていると気付く。

    3年A組─今から皆さんは、人質です─

  • 1月20日放送分のあらすじ(第3話)
     生徒を人質にした一颯(菅田将暉)の立てこもり事件は3日目。ドーピング疑惑に使われた‘フェイク動画’の撮影者が名乗り出なかったことから、一颯は犯人捜しに刑事・郡司(椎名桔平)を指名。夜8時までに正解したら人質全員を解放、間違えたら犠牲者が出ると宣告する。動画に映る撮影者の袖口を見た水泳部顧問・坪井(神尾佑)は、水泳部のジャージだと証言する。

    3年A組─今から皆さんは、人質です─