ページトップ

玉木宏が将棋の世界にのめり込んでいく新聞記者役に。有名棋士も続々登場

プレミアムドラマ 盤上のアルファ~約束の将棋~

NHK BSプレミアム 毎週日曜22:00~22:50

会見情報

NHK BSプレミアムで放送する「プレミアムドラマ 盤上のアルファ~約束の将棋~」の試写会に、主演の玉木宏、共演の比嘉愛未、上地雄輔、近藤正臣が参加した。同作は、塩田武士の将棋をテーマにした小説の連続ドラマ化で、花形である社会部から文化部将棋担当に異動となった新聞記者・秋葉隼介(玉木)が、プロ棋士を目指す真田信繁(上地)と出会ったことで成長していく姿を描く。
20代前半の頃からの遊び仲間だという上地との初共演にしみじみする玉木に、当の上地も「僕が売れていない時期に玉木くんは第一線で闘っていて、いつか肩を並べてやりたいと思っていた」と感慨深げ。「現場では玉木さんにイジメられました(笑)」と照れ隠しのジョークも飛び出し笑いを誘った。NHK連続テレビ小説「あさが来た」で玉木と共演している近藤は、「完成したものを見たら泣きました。第1話を見たら、必ず全話見ますよ」と出来栄えに自信をのぞかせていた。
会見コメント
  • 「知らない方が見ても、将棋の世界の面白さや厳しさが分かる作品です」と玉木

    「知らない方が見ても、将棋の世界の面白さや厳しさが分かる作品です」と玉木

  • 玉木宏/秋葉隼介

    よく一緒に遊んだ上地くんとタッグを組めて楽しい時間でした

    第1話を見まして、撮影をして内容を知っているにもかかわらず、改めてこの作品の面白さを感じました。僕自身、将棋については無知だったので、知らない方が見ても、この世界の面白さや厳しさ、そして、やっぱり人を支えるのは人なんだということに気付いて温かくなるような作品になったと思います。
    真田役の上地くんとは、仕事をするのは今回が初めてですが、20代前半の頃によく一緒に遊んだ仲間です。ようやく、この作品で一緒に仕事をすることができました。最近は同年代と仕事をすることが少なくなってきているので、上地くんとこうしてタッグを組んで作品に関われたことが、楽しい時間だったなと思います。
    この作品は、2人の男の再起を懸けたストーリーだと思っています。非常に見応えのある作品になっていますので、ぜひご覧ください。

  • 「第2話以降、恋愛のパートも出てきます」と比嘉

    「第2話以降、恋愛のパートも出てきます」と比嘉

  • 比嘉愛未/斎藤恵子

    だんだん上地さん演じる真田さんが侍に見えてきます

    将棋について初心者の私が見てものめり込むぐらい、あっという間の、そして濃厚な作品になっていました。将棋は、盤をはさんで静かに行うものだと思っていたのですが、撮影が進んでいくうちに、だんだん上地さん演じる真田さんが侍に見えてきました。刀は持っていないけれども、この内なる闘志が、刃を向けた戦いがそこにあるんじゃないかと私に思わせてくれました。
    恵子の恋人の秋葉は、どうしようもない彼氏だったのですが、真田さんと出会い、純粋に応援したいと思える人ができたことで変わっていきます。人によって、人はこれだけ成長し進化できるんだということに感動しました。
    近藤さん演じる千田師匠がその場をピリッと締めてくださったりと、一言では言い切れないぐらい見応えがあります。第2話以降、恋愛のパートも出てきますので、そこはぜひ女性の方にも注目していただけたらと思っています。

  • 「プロデューサーから、将棋版の『ロッキー』を作りたいと言われました」と上地

    「プロデューサーから、将棋版の『ロッキー』を作りたいと言われました」と上地

  • 上地雄輔/真田信繁

    いつか玉木くんと肩を並べてやりたいなと思っていました

    プロデューサーから、将棋版の「ロッキー」を作りたい、盤上での命の奪い合いを、ひたすらもがいて闘っていくさまをお願いしたい、という話をいただきました。
    そのパートナーが玉木くん。玉木くんとは20年近い付き合いで、僕は売れない時期が長く10年くらいアルバイトをしていましたが、その時玉木くんはもう第一線で闘っていました。いつかこいつと肩を並べてやりたいなと思っていた役者と、この作品で出会えて、楽しくやらせていただきました。
    でも現場では玉木さんにイジメられて! 靴がなくなる、楽屋の名前も消される…。そんなイジメを受けました(笑)。

  • 「女性にも、子どもにも、お年寄りにも見てほしいです」と近藤

    「女性にも、子どもにも、お年寄りにも見てほしいです」と近藤

  • 近藤正臣/千田正三

    完成した第1話を見てちょっと泣きました

    私が演じる千田には3人の弟子がおりまして、3人それぞれみんな、将棋指しでありながらやっぱり人間なんですね。このへんが非常に上手に書かれていてすごいです。
    撮影していて、だいたいこんなもんやというのは分かるんですけど、完成した第1話を見まして、ちょっと泣きました。ああ、こんなええもんになったんやと思って。女性にも見てほしい、子どもにも見てほしい、お年寄りにも見てほしい。もういろいろ言いますけれども、これ(第1話)見たら、たぶん次見ますよ。いろんな人間が交錯していくんですけれど、食うたり食われたりのえらい肉弾戦になっていきます。