ページトップ
  • 鈴木京香と草刈正雄が共演! 小池真理子原作の大人のラブサスペンス

    プレミアムドラマ モンローが死んだ日

    NHK BSプレミアム
    毎週日曜 22:00~22:50

    183人が見たい!
  • 1月20日放送分のあらすじ(第3話)
     鏡子(鈴木京香)と高橋(草刈正雄)は恋を育む。だが鏡子は、高橋が勤める横浜の病院に美緒(佐津川愛美)という謎めいた患者がいることなど知る由もなかった。そんなある日、鏡子は高橋が忘れていったネックレスを見つける。そこには「M」のイニシャルが入っていた。高橋との仲を誰にも言えないことに鏡子が寂しさを感じ始める中、2人の関係は大きく変わろうとして…。

    プレミアムドラマ モンローが死んだ日

  • 1月13日放送分のあらすじ(第2話)
     長野・軽井沢に近い花折町。鏡子(鈴木京香)の勤務先の文学記念館に、花折町のクリニックで診察を受け持つ非常勤の精神科医・高橋(草刈正雄)が突然やって来た。週の半分は横浜に住む高橋は、治療が既に終わっているにもかかわらず鏡子を気遣い、また近いうちに来ると言い残して去っていく。鏡子は高橋に会える日を待ちながら、それからの日々を過ごすようになる。

    プレミアムドラマ モンローが死んだ日

  • 1月6日放送分のあらすじ(第1話)
     夫に病気で先立たれ、軽井沢に近い花折町で孤独に暮らす鏡子(鈴木京香)は、ある日買い物中にパニック症状を起こし、友人の康代(麻生祐未)からクリニックの精神科の受診を勧められる。診察に対応したのは高橋(草刈正雄)という医師。横浜の病院の勤務医だが、週の後半だけこの町のクリニックで非常勤で診察をしているという。高橋と話すうちに、鏡子は心の安らぎを取り戻していく。

    プレミアムドラマ モンローが死んだ日

  • 滝沢秀明が初の外科医役に挑戦! ベストセラー小説が原作の医療ヒューマンドラマ

    連続ドラマW 孤高のメス

    WOWOWプライム
    毎週日曜 22:00~23:00

    63人が見たい!
  • 1月20日放送分のあらすじ(第2話)
     野本(宮川一朗太)が手術ミスを犯す。再手術の執刀のため甦生記念病院を訪れた実川(仲村トオル)は、手際の悪い野本に当麻(滝沢秀明)との交代を命じる。そして当麻の実力を確信し、近江大学医学部付属病院教授・卜部(利重剛)にある提案をする。数日後、病院の食堂で働くキヨ(鷲尾真知子)が交通事故に遭い瀕死の状態に。当麻は肝移植で救うことができると主張するが…。

    連続ドラマW 孤高のメス

  • 1月13日放送分のあらすじ(第1話)
     臓器移植がタブー視されていた1989年。医療先進国・米国で研さんを積んで帰国した外科医・当麻(滝沢秀明)は、地域医療の発展が重要と考え、先輩・島田(石丸幹二)が院長を務める民間の甦生記念病院に赴任する。一方、近江大学医学部付属病院では、実川(仲村トオル)を助教授として迎え入れることに。当麻と実川は、日本での肝移植を目指して、共に道を歩み始める。

    連続ドラマW 孤高のメス