ページトップ
  • トリンドル玲奈が男たちの間で揺れ動く魔性の女を熱演! 官能クライムラブストーリー

    パーフェクトクライム

    テレビ朝日系
    毎週土曜 26:30~27:00

    360人が見たい!
  • 2月16日放送分のあらすじ(第5話)
     5年前、米ニューヨーク支社時代に美和(伊藤ゆみ)と付き合っていた東雲(桜田通)だが、美和は帰国し冬木(眞島秀和)と結婚。やがて東雲は冬木のある事実を知る。

    パーフェクトクライム

  • 2月9日放送分のあらすじ(第4話)
     東雲(桜田通)と再び一夜を共にした香織(トリンドル玲奈)。翌日訪れたインテリアフェアで2人は、上司の冬木(眞島秀和)と妻の美和(伊藤ゆみ)を目撃する。

    パーフェクトクライム

  • 2月2日放送分のあらすじ(第3話)
     東雲(桜田通)にひかれていく香織(トリンドル玲奈)に、「彼はやめておいたほうがいい」と言う小野(落合モトキ)。その言葉の意味が知りたいと香織は東雲を誘う。

    パーフェクトクライム

  • 1月26日放送分のあらすじ(第2話)
    「上司の冬木(眞島秀和)との不倫関係を断ち切り、自分らしく生きるべきだ」と東雲(桜田通)から告げられた香織(トリンドル玲奈)。東雲の言葉が突き刺さり香織の心は揺れる。

    パーフェクトクライム

  • 1月19日放送分のあらすじ(第1話)
     社内で上司と不倫関係にあったインテリアプランナー・香織(トリンドル玲奈)の前に、若き敏腕デザイナーの東雲(桜田通)が現れた事から、運命の歯車が狂い出す。

    パーフェクトクライム

  • 宮藤官九郎脚本、中村勘九郎&阿部サダヲで東京オリンピック開催までの激動を描く

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

    NHK総合
    毎週日曜 20:00~20:45

    1660人が見たい!
  • 2月17日放送分のあらすじ(第7話)
     嘉納(役所広司)の口車に乗せられ、渡航費を自ら用意することになった四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)に資金援助を依頼する。そんな中、四三は、同じく五輪出場を決めた弥彦(生田斗真)と共に、三島家で海外の食事マナーを学ぶ。そこで四三は、同家の冷めた親子関係を感じ取る。それは、貧しくとも四三を応援する彼の家族とは全く異なる姿だった。その頃、四三は実次から便りがなく、困り果てていた。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 2月10日放送分のあらすじ(第6話)
     五輪に送り込むにふさわしい選手が見つかり喜ぶ嘉納(役所広司)だが、膨大な派遣費用に頭を抱える。しかも四三(中村勘九郎)は「負ければ腹切りか」と恐縮し、弥彦(生田斗真)は帝大卒業後の進路を考えたいと出場を断る。一方、孝蔵(森山未來)は落語の師匠・橘家円喬(松尾スズキ)から、車引きならば落語に登場する東京の街並みを足を使って覚えながら芸を磨けというヒントをもらい、日本橋周辺をひた走る。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 2月3日放送分のあらすじ(第5話)
     1960年、ほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、高座で落語「芝浜」を語ると思いきや、突然、オリンピックの噺を始める。1911年、オリンピックの予選会が東京・羽田で開催される。審判員を買って出たはずの弥彦(生田斗真)は、全国から集まった健脚の学生達に刺激を受け、急きょ短距離走に参戦。一方、四三(中村勘九郎)は、約40キロという未体験の距離のマラソンに挑み、敬愛する嘉納(役所広司)が待つゴールを目指す。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 1月27日放送分のあらすじ(第4話)
     四三(中村勘九郎)は高師のマラソン大会で3位に入る。表彰式で嘉納(役所広司)から声を掛けられた四三は発奮し、むちゃな練習を続ける。その頃、嘉納はストックホルムオリンピック代表選手を選ぶ予選会を前に、頼みの綱の弥彦(生田斗真)もあてにならず、山積する難題に頭を抱えていた。1960年。志ん生(ビートたけし)は嘉納の苦労に思いをはせるうちに酒を飲んでしまう。そしてほろ酔いの状態で高座に上がり…。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 1月20日放送分のあらすじ(第3話)
     東京高等師範学校に合格した四三(中村勘九郎)は、家族の期待を一身に背負って上京し、寄宿舎で生活する。夏休み、熊本に帰省した四三は、スヤ(綾瀬はるか)が見合いをするという話を聞かされ動揺する。その後、東京に戻り、東京帝国大学の学生・弥彦(生田斗真)らで結成されたスポーツ同好会「天狗倶楽部」による奇妙な運動会を目にした四三。一方、浅草の不良青年・孝蔵(森山未來)は落語にのめり込もうとしていた。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」