ページトップ
  • 野村周平主演、桜井日奈子の共演でおくる“命”と真正面から向き合う純愛ストーリー

    僕の初恋をキミに捧ぐ

    テレビ朝日系
    毎週土曜 23:15~24:05

    526人が見たい!
    あらすじ 1月26日放送分(第2話)
     友達として付き合うことにした逞(野村周平)と繭(桜井日奈子)だが、どこかぎこちない。そんな中、学校の球技大会で繭や律(佐藤寛太)らのチームがバスケットボールの決勝に進出。相手は律の兄・昂(宮沢氷魚)らのチームで、昂から「勝ったらキスして」という勝負を持ち掛けられた繭は、受けて立ってしまう。その後、逞は病院で同じ病気の照(馬場ふみか)と再会する。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:青木琴美「僕の初恋をキミに捧ぐ」(小学館)

    • 脚本:尾崎将也

    • 演出:宝来忠昭

    • 演出:藤原知之

    • プロデューサー:内山聖子

    • プロデューサー:神田エミイ亜希子

    • プロデューサー:山本喜彦

    • プロデューサー:森一季

    • 主題歌:Maybe Tomorrow/DEAN FUJIOKA

  • キャスト
    • 野村周平
      垣野内逞 役

      心臓病を患っており、幼い頃から入退院を繰り返している。幼なじみの繭と結婚の約束をしていたが、自分が20歳まで生きられないと知り、繭と距離を置くことを決意。遠くの進学高校に入学する。病気で貧弱に見られたくないため、ファッションや髪形にも気を使っている。運動神経は良いものの、激しい運動をすると発作を起こす危険性がある。

    • 桜井日奈子
      種田繭 役

      逞の主治医の娘。逞のことを一途に思い続け、子どもの頃から病気の逞を守ろうと一生懸命な少女。困難なことにも最後まで諦めない努力家。心臓の病気のことを知って以来、何とかして逞の病気を治せないかと方法を探し続けている。両親が仕事で忙しく、家では一人でいることが多い。逞を追いかけて猛勉強し、同じ進学校に入学。弓道部に入部する。

    • 宮沢氷魚
      鈴谷昴 役

      逞と繭が通う紫堂高校の先輩で生徒会長。人気者で“オレ様”的なところもあり、女子生徒から「昴さま」と呼ばれている。入学式で新入生代表のあいさつをする繭を見て気に入りアプローチ。繭を「姫」と呼んで、繭が悲しまないように心配している。実は父親を逞と同じ心臓病で亡くしており、時に逞に厳しいことも言う兄貴分的存在。

    • 佐藤寛太
      鈴谷律 役

      逞と繭の同級生。昂の弟。逞とは入学式で話して以来、特に仲が良い。逞と繭のぎくしゃくした関係を見て放っておけず、2人を応援している。ナンパな態度をとる兄に冷ややかな対応をすることも。真面目で世話焼きな性格。

    • 松井愛莉
      五十嵐優実 役

      逞と繭の先輩で、昂の同級生。昂とはつかず離れずの友人関係を築いているが、実は昂のことが好き。昂に気に入られている繭をライバル視する。

    • 石田ひかり
      垣野内えみ 役

      逞の母。逞のことを思うあまり、時として過保護になり、周囲に攻撃的になることもある。幼い頃から繭のために無理をする逞を見て、繭との関係を不安に思っている。

    • 生瀬勝久
      種田穣 役

      繭の父。国内有数の心臓外科医で、逞の主治医。幼い頃から逞を診ているため、家族のこともよく分かっている。逞と娘の繭の関係について悩むこともあるが、2人を信じて冷静に見守っている。

  • 概要

    「僕は妹に恋をする」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」などの恋愛作品を多数生み出してきた人気漫画家・青木琴美の同名コミックを原作に初の実写ドラマ化。重い心臓病で「20歳まで生きられない」と宣告された主人公・垣野内逞を野村周平が、そんな逞をいちずに思い続ける幼なじみの種田繭を桜井日奈子が演じる。
    共演は、宮沢氷魚、佐藤寛太、松井愛莉のほか、逞の母親役に石田ひかり、繭の父親役に生瀬勝久が扮し脇を固める。
    幼い頃から互いに思い合い、交わした約束を守ろうと真っすぐに生きる2人と周囲の人々が織り成す、最強の純愛ストーリー。

  • ストーリー

    重い心臓病で「20歳まで生きられない」と宣告されてしまった主人公・垣野内逞(野村周平)。そして、逞の主治医の娘で小さい頃に逞が20歳まで生きられないと知って以来、いちずに病を治す方法を探し求める幼なじみの種田繭(桜井日奈子)。
    幼い頃、逞は繭に「大人になったら僕のお嫁さんになってください」とプロポーズ。「20歳になったら絶対よ!」と応えた繭との未来を、逞は自分が20歳まで生きられないと知るまでは信じて疑わなかった…。
    やがて、修学旅行中の診察で自分の病を知る逞。一時は初恋の相手・繭から遠ざかろうとするも、やがてその愛を“命を懸けて”貫く道を選ぶ。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 石橋菜津美扮するアラサー女子が“ゾンビ”によって生きる意味に気付くコメディー

    ゾンビが来たから人生見つめ直した件

    NHK総合
    毎週土曜 23:30~24:00

    192人が見たい!

    あらすじ 1月26日放送分(第2話)
     みずほ(石橋菜津美)はゾンビの襲撃をかわすが、手をかまれたコンビニ店員の神田(渡辺大知)は次第にゾンビ化する。一方、みずほの夫・小池(大東駿介)と不倫関係にある美佐江(瀧内公美)は、ホテルからなんとか脱出することに成功。2人は逃走中に、柚木(土村芳)とその恋人・広野(山口祥行)らに遭遇する。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 作:櫻井智也

    • 演出:梛川善郎

    • 演出:中野亮平

    • 演出:野口雄大

    • 制作統括:松川博敬

    • プロデューサー:尾崎裕和

  • キャスト
    • 小池みずほ 役

      生きる目標もなく、何となく日々を過ごすアラサー女子。夫・智明の浮気が原因で現在別居中。高校時代の友人・美佐江の家に柚木と共に同居している。

    • 君島柚木 役

      みずほと美佐江の高校時代からの友人。美佐江の家で2人と同居中。明るくポジティブな性格。アルバイト先のスナックで知り合ったヤクザと付き合っている。

    • 近藤美佐江 役

      みずほと柚木の高校時代からの友人。しっかり者で生真面目な性格。実は、みずほと柚木に隠している秘密がある。

    • 小池智明 役

      みずほの高校時代の先輩。東京でみずほと再会して結婚するが、浮気が原因で別居中。浮気相手と結婚するため、みずほに離婚を迫っている。

  • 概要

    ゾンビが大量発生した地方都市を舞台に、石橋菜津美、土村芳、瀧内公美らが扮するアラサー女子の姿を描く社会派ブラックコメディー。生きる目標もなく、地元の同級生・君島柚木(土村)と近藤美佐江(瀧内)と共に毎日を過ごしてきた小池みずほ(石橋)が、突如現れて人々に襲い掛かり増殖するゾンビを前に、自らの生きる意味に気付いていく。
    「ゾンビ」=現代を生きる私たちの危機と不安の象徴と捉えて、劇作家・櫻井智也が現代日本の諸問題をあぶり出す、完全オリジナルのジャパニーズ・ゾンビドラマ。みずほと別居中の夫・小池智明を大東駿介が演じるほか、渡辺大知、阿部亮平、葛城ユキ、原日出子、岩松了らが共演する。

  • ストーリー

    平成元年生まれの小池みずほ(石橋菜津美)は、生きる目標もなく、ただ何となく日々を過ごし、地元の同級生・君島柚木(土村芳)と近藤美佐江(瀧内公美)と共に暮らしているアラサー女子。いつもの朝のいつもの朝食、テレビでは近所の山中の施設が炎上したというニュースが流れるが、たわいのない会話に夢中の3人は、大して気にもとめない。
    その頃、町ではゾンビのようなものに人々が襲われるという異変が起き始める。やがて、みずほや柚木の前にもゾンビが現れだしてパニックに…。
    生きることになど執着していないと思っていたみずほだったが、襲い掛かってくるゾンビを前に、自らが生きる意味に気付き始める。

  • 公式サイト(外部サイト)