ページトップ
  • 坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演! “科学”を武器に逆転劇に挑む

    イノセンス 冤罪弁護士

    日本テレビ系
    毎週土曜 22:00~22:54

    659人が見たい!

    あらすじ 1月26日放送分(第2話)
     拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)はコンビニでの強盗致傷の容疑で捕まったアルバイトの岳雄(山田裕貴)に接見。岳雄の母・睦美(仙道敦子)によると不良だった岳雄は更生し、料理人を目指していたという。不起訴を勝ち取りたい拓らは現場検証を行い、警察のずさんな捜査を知る。その後、拓らは岳雄が立ち寄ったガソリンスタンドに向かい、検察官の指宿(小市慢太郎)に遭遇する。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 脚本:古家和尚

    • 演出:南雲聖一

    • 演出:丸谷俊平

    • プロデューサー:池田健司

    • プロデューサー:荻野哲弘

    • プロデューサー:尾上貴洋

    • プロデューサー:本多繁勝

    • 主題歌:白日/King Gnu

  • キャスト
    • 黒川拓 役

      保駿堂法律事務所に所属する弁護士。不可能に近いとされる“冤罪弁護”に積極的に立ち向かい、現場で起きた事象を実験で再現して事件の解明に挑む。普段は動きやすい服装に、さまざまなアイテムが詰まった布袋を背負っている。いつも金銭的な余裕がない。

    • 和倉楓 役

      保駿堂法律事務所の新人弁護士。拓と弁護活動を共にすることになり、拓のスタンドプレーに振り回される。実証実験の重要性を理解してからは、次第に拓を見る目が変化していく。

    • 趣里
      城崎穂香 役

      拓専属のパラリーガルで一児の母。拓の数少ない理解者の一人。

    • 杉本哲太
      別府長治 役

      保駿堂法律事務所の所長。企業法務を請け負うエリート弁護士事務所を目指している。

    • 志賀廣太郎
      湯布院和人 役

      保駿堂法律事務所の最年長弁護士。司法制度に疑問を抱いており、黒川を後継者だと思っている。

    • 市川実日子
      有馬聡子 役

      テレビ日本の報道局社会部ディレクター。冤罪事件を取材する。

    • 草刈正雄
      黒川真 役

      拓の父親。エリート検事。息子が弁護士になったことで絶縁状態となる。

    • 藤木直人
      秋保恭一郎 役

      東央大学理工学部物理学科准教授。拓の大学時代の先輩。拓が依頼する犯罪におけるさまざまな実証実験を引き受ける。警察の捜査が科学的実証を軽視している現状に、強い危機感を持っている。

  • 概要

    意外な実証実験で冤罪(えんざい)事件を解き明かす若き弁護士の活躍を描く、ヒューマン・リーガル・エンターテインメント。起訴されると有罪率ほぼ100%の日本の裁判において、冤罪事件に積極的に取り組む弁護士・黒川拓を坂口健太郎が演じる。坂口が同局系ドラマに主演するのは、今作が初めてとなる。
    拓は執念と情熱、そして“科学”を武器に、先入観や思い込みを基にした警察の捜査の矛盾点を突く、一風変わった弁護士。そんな拓に振り回される新米弁護士・和倉楓を川口春奈、拓に協力する科学者・秋保恭一郎を藤木直人が演じる。
    脚本は「ハゲタカ」(テレビ朝日系)、「明日の約束」(フジテレビ系)などを手掛けた古家和尚が担当する。

  • ストーリー

    ある日、自宅放火の容疑で逮捕された男・阿蘇の妻が、保駿堂法律事務所を訪ね、夫の弁護を依頼する。火災当日、妻は持病のため検査入院をしており、夫が計画的に火をつけて保険金を狙ったと警察に自白したというのだ。
    調書を読んだ弁護士の黒川拓(坂口健太郎)は、資料の中に阿蘇が家から持ち出したものが写された写真を見つける。そこには、ランドセルや戦隊ヒーローのフィギュアが写っており、それが5年前に亡くなった息子の形見だと知る。
    後日、拓は新人弁護士の和倉楓(川口春奈)と共に阿蘇に接見。疲れ切った表情で何も話そうとしない阿蘇に拓があることを聞くと、阿蘇はボロボロと涙をこぼして、冤罪を主張する。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 芥川賞作家・羽田圭介の原作を映像化。玉木宏が見当たり捜査員に

    連続ドラマW 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~

    WOWOWプライム
    毎週土曜 22:00~23:00

    54人が見たい!

    あらすじ 1月26日放送分(第4話)
     白戸(玉木宏)は須波(渋川清彦)が、死んだとされる4年前から川本(丸山智己)の下で暗躍していたものの、仲間割れしたと確信する。その須波から直接、連絡を受けた白戸は、安藤(内田理央)と共に指定の場所へ。さらに2人は、公安の人間とある外資系機器メーカーとの関わりを知る。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:羽田圭介「盗まれた顔」(幻冬舎文庫)

    • 脚本:足立紳

    • 監督:武正晴

    • プロデューサー:井上衛

    • プロデューサー:森川真行

    • プロデューサー:井口正俊

    • プロデューサー:石塚清和

  • キャスト
    • 白戸崇正 役

      警視庁刑事部捜査共助課に所属する、部下思いで統率力のある“見当たり捜査員”のリーダー。5年目のベテラン刑事で、抜群の記憶力と相貌識別力を誇り、3000人の指名手配犯の顔を記憶している。ある日、死んだはずの先輩刑事の“顔”を偶然見つけてしまったことから、命を狙われることになる。

    • 安藤香苗 役

      抜群の記憶力で白戸に引き抜かれ、捜査共助課に異動してきたばかりの新米捜査員。着任早々実績を上げる。

    • 谷遼平 役

      白戸の部下で、捜査共助課の中堅捜査員。実直な性格だが、スランプで実績を上げられずに苦しむ。

    • 須波通 役

      白戸のかつての先輩刑事で、群を抜く捜査能力の持ち主。4年前に謎の死を遂げたとされている。

    • 千春 役

      白戸の恋人で、現在同棲中。白戸とは出会い系サイトで知り合った。言動に不可解な点があり、白戸からある疑念を抱かれる。

  • 概要

    指名手配書の写真や防犯カメラの画像などから容疑者の特徴を記憶し、駅や繁華街で似ている人を捜し出す捜査手法である“見当たり捜査”を描いた芥川賞作家・羽田圭介の小説を原作にしたサスペンスアクション。
    連続ドラマW初登場にして初主演の玉木宏扮する、3000人の指名手配犯の顔を記憶するベテラン見当たり捜査員・白戸崇正が、特殊な捜査に当たる中での苦悩や葛藤、交錯する記憶と認識から、不可解な事件の真相に迫っていく。
    共演するのは、内田理央、町田啓太、渋川清彦、伊藤歩ら多彩なキャスト陣。映画「百円の恋」で日本アカデミー賞を席巻した、監督・武正晴と脚本・足立紳のコンビが映像化に挑む。

  • ストーリー

    警視庁刑事部捜査共助課に勤務する白戸崇正(玉木宏)は、記憶した顔だけを頼りに潜伏する指名手配犯を捕まえる“見当たり捜査員”。部下の安藤香苗(内田理央)、谷遼平(町田啓太)らと共に、日々、繁華街を行き交う群衆を見つめ、脳に刻んだホシの顔を捜し続けている。
    そんなある日、白戸は群衆の中に、4年前に謎の死を遂げたはずの先輩刑事・須波通(渋川清彦)の顔を見つける。見間違いだと思うものの、あるうわさを耳にして須波の事件を調べ始めた白戸は、やがて公安や中国マフィアから狙われることに。さらに、白戸は同棲している恋人の千春(伊藤歩)の不可解な言動に、ある疑念を抱き始める。

  • 公式サイト(外部サイト)