ページトップ
  • 坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演! “科学”を武器に逆転劇に挑む

    イノセンス 冤罪弁護士

    日本テレビ系
    毎週土曜 22:00~22:54

    1470人が見たい!
  • 2月16日放送分のあらすじ(第5話)
     拓(坂口健太郎)らは、体罰を疑われて起訴された高校のフェンシング部顧問・高松(豊原功補)から依頼を受ける。高松の指導中に部長でエースの藤里(清水尋也)が倒れ、一命を取り留めるも自宅療養となっていた。部員の田代(柾木玲弥)は、自ら高松側の証人として出廷。だが、高松の体罰を訴え、証拠を見せる。一方、楓(川口春奈)は前の職場で起きたセクハラ騒動に動揺する。

    イノセンス 冤罪弁護士

  • 2月9日放送分のあらすじ(第4話)
     拓(坂口健太郎)は、登別(正名僕蔵)がこっそり弁護しようとしていた殺人事件を代わりに担当する。容疑者の玩具会社社員・奈美(ともさかりえ)は溺死体で見つかった後輩のデザイナー・理沙(入山法子)の殺害を疑われ、全面否認していた。拓と楓(川口春奈)は、奈美と理沙の旅行先の島へ向かう。その帰り、楓は拓の父で最高検察庁の次長検事・真(草刈正雄)と会う羽目になる。

    イノセンス 冤罪弁護士

  • 2月2日放送分のあらすじ(第3話)
     拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は看護師・美紀(青野楓)の依頼で医師・雲仙(平岳大)の弁護をすることに。雲仙は、心臓手術中に人工心肺が停止し患者が死亡した責任を問われ、逮捕されていた。拓らは、雲仙と同期の磐梯(山本耕史)を訪ねるが、手術の関係者に会わせてもらえない。雲仙の主張と病院側の報告が食い違う中、所長の別府(杉本哲太)は拓に手を引くよう命じる。

    イノセンス 冤罪弁護士

  • 1月26日放送分のあらすじ(第2話)
     拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)はコンビニでの強盗致傷の容疑で捕まったアルバイトの岳雄(山田裕貴)に接見。岳雄の母・睦美(仙道敦子)によると不良だった岳雄は更生し、料理人を目指していたという。不起訴を勝ち取りたい拓らは現場検証を行い、警察のずさんな捜査を知る。その後、拓らは岳雄が立ち寄ったガソリンスタンドに向かい、検察官の指宿(小市慢太郎)に遭遇する。

    イノセンス 冤罪弁護士

  • 1月19日放送分のあらすじ(第1話)
     法律事務所で働く拓(坂口健太郎)は刑事事件で3年間に5件の‘逆転無罪’を勝ち取ったすご腕弁護士ながら、事務所の物置に住む変わり者。そんな拓の元に、自宅に放火した罪で起訴された阿蘇(吉田栄作)の妻・恵美子(中島ひろ子)がやって来る。新米弁護士の楓(川口春奈)と共に阿蘇に接見した拓はある質問を彼にぶつけ、警察から自白を強要されたことを告白させる。

    イノセンス 冤罪弁護士

  • 「最後から二番目の恋」の制作陣がおくる、稲森いずみ主演の大人のラブコメディー

    連続ドラマW それを愛とまちがえるから

    WOWOWプライム
    毎週土曜 22:00~23:00

    34人が見たい!
  • 2月16日放送分のあらすじ(第2話)
     伽耶(稲森いずみ)は匡(鈴木浩介)の前で、恋人の誠一郎(安藤政信)に熱烈なキスをする。さらに、成り行きで地獄の4者会談に突入。伽耶とのなれ初めを誠一郎に問い詰める匡、そんな匡を笑う誠一郎、匡に別れを切り出す朱音(仲里依紗)。こじれた空気の中、伽耶からとんでもない提案が…。

    連続ドラマW それを愛とまちがえるから

  • 2月9日放送分のあらすじ(第1話)
     主婦の伽耶(稲森いずみ)は、スーパー勤務の夫・匡(鈴木浩介)と結婚15年。幸せだが、セックスレス状態でもあった。ある朝、伽耶は匡に恋人の存在を尋ね、互いに不倫相手がいると知る。伽耶の相手は漫画家の誠一郎(安藤政信)。そんな中、伽耶は整体院で朱音(仲里依紗)の施術を受ける。

    連続ドラマW それを愛とまちがえるから