ページトップ
  • 安藤サクラ主演、“インスタントラーメン”の発明にたどり着くまでを描く成功物語

    連続テレビ小説「まんぷく」

    NHK総合
    毎週月曜~土曜 08:00~08:15

    7104人が見たい!
  • 1月14日~(第16週)
    『月』福子(安藤サクラ)は、自宅を担保にして町工場への融資金を確保したいという萬平(長谷川博己)の願いを受け入れる。これに反対する鈴(松坂慶子)を福子が説得していると、克子(松下奈緒)が訪ねてくる。『火』萬平は銀行から融資の確約を取り付け、町工場では万能調理器の量産に向けた計画が進められる。一方、福子は克子らの家で起きた騒動に巻き込まれる。『水』萬平の信用組合が銀行から援助資金の返還を求められて窮地に。銀行への返済期限が迫る中、信用組合で事件が起きる。『木』萬平の信用組合に取り付け騒ぎが起こる。福子たちの自宅と家財も差し押さえられるが、福子は気丈に振る舞う。『金』福子は自宅と家財が差し押さえられた後も喫茶店で働き続ける。危機的状況を打開しようとした萬平は、ある決意を胸に銀行を訪ねる。『土』萬平は理事長を退任した上で、経営を銀行に委ねる決断をする。仕事も家も家財も失った福子と萬平は、家族一丸となって再出発を図る。

    連続テレビ小説「まんぷく」

  • 1月7日~(第15週)
    『月』萬平(長谷川博己)が信用組合の理事長になって8年。福子(安藤サクラ)は子どもたちが学校に行く間、近所の喫茶店で働いていた。
    『火』福子は親友の敏子(松井玲奈)から、ある町工場への融資を頼まれる。話を聞いた萬平が町工場を訪ねると、そこでは画期的な商品が開発されていた。
    『水』町工場への融資を決めて以来、萬平の帰宅が毎晩遅くなる。しかし、実は萬平が会社を定時退社していることが判明する。
    『木』福子は萬平から万能調理器の開発を手伝っていると打ち明けられる。萬平の町工場への入れ込み方に、信用組合のメンバーも戸惑う。
    『金』萬平の話を聞き、神部(瀬戸康史)も万能調理器の開発を手伝うことになる。福子は神部とタカ(岸井ゆきの)の夫婦生活を邪魔しないかと心配する。
    『土』ついに万能調理器が完成する。しかし、量産に向けた融資のメドは立たず、萬平は資金を集める方法を考える。

    連続テレビ小説「まんぷく」

  • 1月4日~(第14週)
    『金』萬平(長谷川博己)が釈放されて1週間。福子(安藤サクラ)たちは、久しぶりに家族でゆっくりと過ごす。しかし、国を訴え世間の注目を集めた萬平の周囲は次第に騒がしくなる。
    『土』萬平に信用金庫の理事長になってほしいと依頼がくる。未経験の分野のために、引き受けるかどうかで家族の意見は分かれるが、福子は何があっても萬平を支える覚悟で、萬平が決めるよう促す。

    連続テレビ小説「まんぷく」

  • 12月24日~(第13週)
    『月』福子(安藤サクラ)と鈴(松坂慶子)は克子(松下奈緒)の家に居候することになる。寂しさが募る福子は、病床の三田村(橋爪功)を見舞う。
    『火』会社を売って得た利益の使い道を相談していると、急に福子が産気づき、無事に女の子を出産する。しかし、喜びもつかの間で…。
    『水』財務局の強引なやり方に、東(菅田将暉)は国を訴えようと萬平(長谷川博己)に持ちかける。そして、香田家では鈴の指導でなぎなた稽古が始まる。
    『木』裁判を起こした福子たちの弱みを握ろうと、またもや財務局が強硬手段に出て弁護士の東の事務所へ家宅捜査に入る。しかし、財務局のもくろみは外れて…。
    『金』萬平の不当逮捕が明らかになり、世間から国への批判が高まる。そんな中、財務局から福子たちに、司法取引が持ちかけられる。

    連続テレビ小説「まんぷく」

  • 12月17日~(第12週)
    『月』脱税の容疑で進駐軍に逮捕され実刑判決を受けた萬平(長谷川博己)は、重労働4年と罰金7万円を課せられる。身重の福子(安藤サクラ)は萬平が収容された刑務所に向かう。
    『火』福子は弁護士事務所を訪ね、人見知り気味の弁護士・東(菅田将暉)と出会う。肝心の資産整理をやったことがないという東だが、福子の依頼を引き受ける。
    『水』東の提案で、ダネイホンの販売権を売った利益で罰金7万円を支払うことに。しかし追い打ちをかけるように東京財務局から連絡がくる。
    『木』財務局から課せられた罰金について、刑務所の萬平に東が面会し話し合う。そこで、東は思いもよらぬ提案をする。
    『金』財務局の差し押さえを逃れるため、萬平と福子は「たちばな食品」の解散を決断。福子は東と共に、お世話になった大阪経済会の重鎮・三田村(橋爪功)へ報告に行く。
    『土』福子と東は、三田村から紹介された会社にダネイホンの商標と製造方法を売り込もうと動く。一方、財務局では差し押さえの準備を始めていた。

    連続テレビ小説「まんぷく」

  • 錦戸亮主演! 犯行現場に残された痕跡から真実を導き出す本格サスペンス

    トレース~科捜研の男~

    フジテレビ系
    毎週月曜 21:00~21:54

    1245人が見たい!
  • 1月14日放送分のあらすじ(第2話)
     科捜研の真野(錦戸亮)とノンナ(新木優子)は、医師・真田(名高達男)が祝賀会で転落死した事件を担当。真田の娘・有里(関めぐみ)の目撃情報からウエーターの宮永(篠原篤)が逮捕されるが、宮永のDNA型は現場の血痕と一致しない。宮永を犯人と決め付ける虎丸(船越英一郎)は真野達に現場を調べさせる。そんな中、慣れない仕事に追い詰められていたノンナが倒れてしまう。

    トレース~科捜研の男~

  • 1月7日放送分のあらすじ(第1話)
     イベント会場で、犬が掘り起こしたと思われる切断された人間の左手が見つかり、警視庁捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)が科学捜査研究所に鑑定結果を聞きにやって来る。担当者は出向先から戻ったばかりだという真野(錦戸亮)だった。被害者の爪の間からケイ藻が検出されたことから、虎丸は残りの遺体が川の付近にあると考え、捜索を指示する。虎丸の意見を否定する真野は、鑑定結果から別の場所に遺体があると推測し、捜索に向かうと言い出す。科捜研に配属されたばかりの新人研究員・ノンナ(新木優子)は、法医科長・海塚(小雪)の指示で真野に同行することになる。

    トレース~科捜研の男~