ページトップ
  • 又吉直樹の芥川賞受賞作を林遣都、波岡一喜が若手芸人に扮し映像化

    火花

    NHK総合
    毎週日曜 23:00~23:45

    947人が見たい!
  • 3月19日放送分のあらすじ(第4話)
     徳永(林遣都)はアルバイトをしながら若手芸人が出演する舞台に立ち続けていた。ある日、徳永は幼少期に憧れた漫才コンビ「夢路いとし・喜味こいし」のいとしの訃報を聞く。居ても立ってもいられなくなった徳永は山下(好井まさお)を呼び出す。だが、ネタ合わせに気が乗らない山下の態度に腹を立て、けんかをしてしまう。一方、徳永と同じアパートに住むストリートミュージシャン・小野寺(渡辺大知)が実家に帰ることになる。

    火花

  • 3月12日放送分のあらすじ(第3話)
     2001年秋。徳永(林遣都)のスパークスはネタ見せのオーディションに合格し、きちんとした舞台で漫才を披露する。一方、真樹(門脇麦)と住む神谷(波岡一喜)は、ひも同然の暮らしを送りながら、芸人を続けていた。神谷は東京・吉祥寺で飲み語らい、終電を逃した徳永を家に連れ帰る。そして、真樹を加えた3人ではしゃぎ、夢のような時間を過ごす。その後、オーディションで、スパークスと神谷のあほんだらが顔を合わせる。

    火花

  • 3月5日放送分のあらすじ(第2話)
     神谷(波岡一喜)の漫才コンビ・あほんだらは活動の拠点を大阪から東京に移した。徳永(林遣都)は神谷と東京・吉祥寺で会い、公園の打楽器パフォーマンスに飛び入り参加したり、コーヒー店で店主の渡辺(小林薫)が入れるコーヒーを飲みながら語り合ったりする。一方、スパークスは舞台への出演を懸け、ネタ見せの場へ。終了後、相方の山下(好井まさお)は恋人の百合枝(高橋メアリージュン)と帰り、徳永は後輩芸人と飲みに行く。

    火花

  • 2月26日放送分のあらすじ(第1話)
     2001年夏。売れないお笑いコンビ・スパークスの徳永(林遣都)は営業先の静岡・熱海で漫才コンビを組む先輩芸人・神谷(波岡一喜)と出会う。観客に「地獄」と連呼する激烈な漫才を披露する神谷の姿に徳永は魅了される。仕事の後、徳永は共に居酒屋を訪れた神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷は自分の伝記を書くことを条件にその願いを受け入れる。その日から、徳永は神谷との日々を書きつづることになる。

    火花

  • 松坂桃李主演&堤幸彦演出のヒューマンミステリーが連続ドラマとなって復活!

    視覚探偵 日暮旅人

    日本テレビ系
    毎週日曜 22:30~23:25

    2573人が見たい!
  • 3月19日放送分のあらすじ(第9話)
    【最終回】
    両親を殺した人物を知った旅人(松坂桃李)が姿を消し、陽子(多部未華子)は復讐に向かったと確信。一方、榎木(北大路欣也)が灯衣(住田萌乃)と留守番をする事務所には、照之(伊武雅刀)の秘書と鳥羽組のヤクザが現れ、「山田手帳」を捜し回る。榎木は発砲されて負傷するものの、手帳を守りきる。そして、手帳を託された雪路(濱田岳)は、ある作戦に出た。その頃、旅人は雪路家の別荘で、ついに両親殺しの犯人と対峙(たいじ)する。

    視覚探偵 日暮旅人

  • 3月12日放送分のあらすじ(第8話)
     旅人(松坂桃李)は一同を前に、自分の過去とこれまでの経緯を打ち明ける。衝撃を受けた雪路(濱田岳)や陽子(多部未華子)たちは、「両親を殺した相手を捜し出し、復讐する」と宣言する旅人を思いとどまらせようとするが、旅人の決意は固い。一方、白石(吹越満)には、息子の昇一(中川翼)を誘拐した相手からドラッグ「ロスト」を持ってくるようメールが届く。旅人の仕業だと思い込んだ白石は、帰宅途中だった陽子を拉致するが…。

    視覚探偵 日暮旅人

  • 3月5日放送分のあらすじ(第7話)
     旅人(松坂桃李)とけんかした雪路(濱田岳)が出て行き、陽子(多部未華子)は灯衣(住田萌乃)から、2人を仲直りさせてほしいと頼まれる。その頃、ホステスのハルカこと灯果(ともさかりえ)が事務所に姿を現した。20年前、旅人を監禁した一人が灯果だった。しかし、灯果は期待する情報を何も持っておらず、旅人はいら立つ。しかも旅人は灯果のもう一つの顔に気付く。一方、増子(シシド・カフカ)は白石(吹石満)に不審を抱いて…。

    視覚探偵 日暮旅人

  • 2月26日放送分のあらすじ(第6話)
     旅人(松坂桃李)に墨東署の白石(吹越満)が接近。その正体に気付いていた旅人は、両親を殺した犯人を捜し出すよう、逆に白石を脅す。一方、雪路(濱田岳)は増子(シシド・カフカ)から、自分の父と旅人の父の関係や誘拐事件について聞かされ衝撃を受ける。その頃、探偵事務所の下にあるキャバクラの新人ホステス・ハルカ(ともさかりえ)とジュン(高橋メアリージュン)と顔を合わせた旅人は突然気を失い、店に運び込まれる。

    視覚探偵 日暮旅人

  • 2月19日放送分のあらすじ(第5話)
     榎木(北大路欣也)から、旧友の娘・静香(三吉彩花)が大ファンだというミュージシャン・犬飼(吉田栄作)の捜索依頼が舞い込む。旅人(松坂桃李)は耳が不自由な静香と手話で会話。そして雪路(濱田岳)と亀吉(上田竜也)は、麻薬売買の元締め・リッチー(北村有起哉)と遭遇し、犬飼がその配下の売人だと知る。一方、増子(シシド・カフカ)は、リッチーの配下の別の売人・川村(三浦貴大)の体内から検出されたあるドラッグに注目して…。

    視覚探偵 日暮旅人