ページトップ

香里奈主演でアドラーの大ベストセラーを大胆アレンジ! 1話完結型の刑事ドラマ

嫌われる勇気

フジテレビ系 毎週木曜22:00~22:54

2962人が見たい!
会見情報

フジテレビ系連続ドラマ「嫌われる勇気」の完成披露試写会に、主演の香里奈と共演の加藤シゲアキ、椎名桔平が登壇した。同作は、「アドラー心理学」を題材にした岸見一郎と古賀史健によるベストセラー書籍を、刑事ドラマとしてアレンジしたもの。
香里奈は「アドラー心理学も知らなかったし、それが刑事ドラマとして混ざるとどうなるのかも分からなくて期待と不安でいっぱいでした」と打ち明けるも、「原案本を見て何だろうかと思った矢先に、このお話をいただきました」と、運命的な出合いを語った。
加藤は、初共演の香里奈について「時々ものすごく冷たい目で見てくる。この世のものとは思えない、さげすんでいるような目。傷つきました。振り回されるのは案外嫌いじゃないですけどね(笑)」と感想を述べると、香里奈は「シゲさんは細かくて面倒くさい(笑)」とバッサリと切り返した。
会見コメント
  • 「普段の悩みも、アドラー的に考えると気が楽になる気がしました」と香里奈

    「普段の悩みも、アドラー的に考えると気が楽になる気がしました」と香里奈

  • 香里奈/庵堂蘭子

    アドラー心理学を地でいく女性の役です

    アドラー心理学を地でいく女性で、蘭子と青山の対比が面白くて気持ちよく演じています。アドラー心理学を刑事ドラマとして実写化すると聞いて、アドラー心理学も知らなかったし、それが刑事ドラマとして混ざるとどうなるのかも分からなくて、期待と不安でいっぱいでした。
    Amazonで原案本のタイトルを見ていて、なんだろうと思っていた矢先に、このお話をいただきました。原案本を読んだ時、(最初は)自分でも分かるのだろうかと思ったけれど、対話形式で分かりやすく、まるで自分が(本に登場する)青年のような感じで、とても面白かったです。普段の悩みも、アドラー的に考えると気が楽になる気がしました。

  • 「かなり奇抜で斬新な企画だと思いました」と加藤

    「かなり奇抜で斬新な企画だと思いました」と加藤

  • 加藤シゲアキ/青山年雄

    刑事ドラマで自分を豊かにするヒントをもらえて、一石二鳥です

    純粋でもあり、正義感にあふれている普通の男子の役です。ドラマは、今後どうなっていくのか気になるところです。原作は知っていたけれど、それを刑事ミステリーとしてドラマ化すると聞いて、かなり奇抜で斬新な企画だと思いました。台本もとても面白くて、こんな作り方もあるのかと衝撃を受けました。
    「嫌われる勇気」というと、とげとげしいフレーズに聞こえるけれど、実は自分を幸せにするための心理学なので、刑事ドラマの中で自分を豊かにするヒントをもらえるってオプションがすごい。一石二鳥な感じです。
    原案本を読んでみると、たくさんの方に読まれる理由が分かる本で、ものの見方が一瞬で変わっていくのが実感できる内容でした。読みやすいながらも影響を受ける強い本だと思いました。

  • 「蘭子さんとの関係で、ミステリアスな部分がありそうです」と椎名

    「蘭子さんとの関係で、ミステリアスな部分がありそうです」と椎名

  • 椎名桔平/大文字哲人

    セリフには日々格闘しています

    アドラー心理学の全てを知る男です。実際はどこまで知っているのか分からないけれど、大学教授というハードルの高い役どころです。
    アドラー心理学は、簡単のように思えるけれど、それを言葉で説明しようとするとすごく難しくて、セリフには日々格闘しております。また、蘭子さんと何か関係がありそうなミステリアスな部分もあるようなので、そこも楽しみに撮影しています。僕は原作通りの役どころで、責任を感じていますので、しっかりと原作ファンにも応えられるような演じ方を考えています。
    「嫌われる勇気」というタイトルは、逆説的なインパクトのあるタイトルだし、日本は元々協調の美とか、前に出ないことを良しとする習慣があるけれど、この本を読んで、そういった時代も変わったんだなと思いました。