ページトップ
  • 池松壮亮が連続ドラマ初主演。福本伸行の傑作漫画「銀と金」を実写化

    銀と金

    テレビ東京系
    毎週土曜 24:20~24:50

    961人が見たい!
  • 3月25日放送分のあらすじ(第12話)
    【最終回】
    銀二(リリー・フランキー)は森田(池松壮亮)に、蔵前(柄本明)独自のマージャンのルールを逆手にとり、彼を追い詰めて総資産5千億円全てを狙う方法を伝授。戦略が成功する確率は低いが、銀二は「勝つということは相手の心臓をつかむこと。そして、つかんだらつぶすこと」だと語る。勝負の場で銀二は蔵前を挑発し、総資産を超える額を賭けさせることに成功。運なら負けないと豪語する蔵前だが、ゲームが不利に展開し焦りだす。

    銀と金

  • 3月18日放送分のあらすじ(第11話)
     500億円を賭けた蔵前(柄本明)とのマージャン対決が始まるが、森田(池松壮亮)は蔵前が有利な独自のルールに苦戦する。休憩中、銀二(リリー・フランキー)は森田に短刀を差し出し「死ぬことを決意しろ。そこから道は開かれる」と話す。その夜、森田はゆっくりと自分の胸に短刀を突き刺す。激痛で床に倒れた森田に銀二は「お前は死んだ。ここから先の時間はギャンブルにくれてやれ」と言い、蔵前を倒すためのある秘策を教える。

    銀と金

  • 3月11日放送分のあらすじ(第10話)
     森田(池松壮亮)や銀二(リリー・フランキー)たちは、蔵前(柄本明)のカジノ場で大金を賭けてマージャンをする西条(大東駿介)と再会。負けて放心状態の西条は怪しげな部屋へ連れて行かれる。扉の向こうの西条の叫び声を聞いた蔵前は満足そうだ。500億円を賭けた蔵前との勝負を翌日に控えた銀二は、森田に「ギャンブルの正体が見えたか」と問い掛ける。ギャンブルのイメージを「身投げ」と答えた森田に、銀二は翌日の勝負を託す。

    銀と金

  • 3月4日放送分のあらすじ(第9話)
     大金を賭けて西条(大東駿介)と闇ポーカーをする森田(池松壮亮)は、手持ちのカードが役になっていないのにコールする。驚いた美緒(高月彩良)はブレーカーを落とし、暗くなった隙にカードを入れ替えさせようとするが、西条に阻止される。しかし、森田のカードは既に役になっていた。西条がテーブルに細工をしているのを見抜いた森田は、それを利用し、自分のカードがまだ役になっていないと思い込ませていたのだ。

    銀と金

  • 2月25日放送分のあらすじ(第8話)
     森田(池松壮亮)と西条(大東駿介)の闇ポーカー勝負が再び始まる。美緒(高月彩良)の何げない行動で西条のいかさまの方法に気付いた森田はどんどん掛け金を積む。しかし、森田の持ち札は役になっていない。いかさまによってそれを知る西条も、大金を賭け続ける。資金が底をついた森田に、安田(マキタスポーツ)と巽(臼田あさ美)が新たに段ボール入りの金を運び込み…。

    銀と金

  • AKB48グループのメンバーがプロレスラーに扮し、ガチンコの肉弾戦を展開

    豆腐プロレス

    テレビ朝日系
    毎週土曜 24:35~25:00

    853人が見たい!
  • 3月25日放送分のあらすじ(第10話)
     お披露目試合が盛り上がる中、咲良(宮脇咲良)と湯本(湯本亜美)が対戦する第3試合が始まった。勢いよく攻める咲良だが、湯本の華麗な技に圧倒される。しかし、咲良の目はプロレスをする喜びできらきらと輝く。その頃、近くの公園のトイレにこもる島田(島田晴香)と松村(松村香織)は、メインマッチをつぶそうと待ち構えていた。一方、追い詰められた咲良は無意識のうちに強烈なローリングエルボーをヒットさせる。

    豆腐プロレス

  • 3月18日放送分のあらすじ(第9話)
     古畑(古畑奈和)が現れないまま、「錦糸町道場」のお披露目試合が幕を開ける。緊張しながらリングインした咲良(宮脇咲良)たちは、ファンの黄色い声援を受けて華やかに入場する「白金ジム」のメンバーのオーラに奮い立つ。そして、木崎(木崎ゆりあ)対須田(須田亜香里)の第1試合が、神宮寺(野上慎平)の実況と時宗(佐藤真弓)の解説で始まる。だが、木崎は須田の華麗なプロレス技の数々に苦戦を強いられてしまう。

    豆腐プロレス

  • 3月11日放送分のあらすじ(第8話)
     白金ジムと対戦する「錦糸町道場マッチ」まで残り7日。古畑(古畑奈和)が風邪をひいて休む中、咲良(宮脇咲良)たちは最後の追い込みにかかる。一方、新パートナーの白間(白間美瑠)と練習をしていた珠理奈(松井珠理奈)は、メキシコへ修業に行く遥(兒玉遥)に別れを告げる。そんな折、かつて錦糸町道場に在籍していた「WIP」の初代チャンピオンで、タレントに転身した小嶋(小嶋陽菜)が咲良たちの取材にやって来る。

    豆腐プロレス

  • 3月4日放送分のあらすじ(第7話)
     初めての試合を控えたある日、咲良(宮脇咲良)は珠理奈(松井珠理奈)に密着したドキュメンタリー番組がテレビで放送されていることに気付き、興味津々で見入る。その中で、珠理奈のストイックな練習風景や、普通の女子高生らしい一面、そして15歳でチャンピオンになったことによる孤独が語られる。その一方で、珠理奈は大事なパートナーの遥(兒玉遥)ではなく、新たに白間(白間美瑠)と組むことになり、苦悩していた。

    豆腐プロレス

  • 2月25日放送分のあらすじ(第6話)
     初試合まで2週間を切り地獄の合宿を行う咲良(宮脇咲良)たち。だが、木崎(木崎ゆりあ)だけはいまだやる気を見せない。その頃、けがをしている珠理奈(松井珠理奈)はグラビアの撮影や取材で忙しく、島田(島田晴香)らは不快感を抱く。そんな中、咲良らは揃いのジャージを作ることに。一同が盛り上がる中、無関心な様子の木崎は古畑(古畑奈和)に用事があると言って道場を去る。

    豆腐プロレス