ページトップ
  • 黒羽麻璃央、植田圭輔、水江建太が出演する新感覚の子育てコメディードラマ

    パパ、はじめました

    BS日テレ
    毎週月曜 24:00~24:15

    409人が見たい!
    あらすじ 9月23日放送分(第4話)
     麗音(水江建太)から初恋について尋ねられた光太郎(黒羽麻璃央)が思い出話をしていると、初恋の人・みどり(大平峻也)が突然、来店。光太郎は小さい頃、みどりを女の子だと思っていたのだ。ロールキャベツを振る舞うことにした光太郎は、資産家の子であるみどりに借金を頼もうと考える。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 脚本:三田卓人

    • 脚本:川尻恵太

    • 脚本:佐藤満春

    • 脚本:森田哲矢

    • 監督:橋本和明

    • プロデューサー:三田村奈緒子

    • プロデューサー:久保真一郎

  • キャスト
    • 黒羽麻璃央
      成瀬光太郎 役

      大学卒業後に勤めていた不動産会社を半年で辞めてフリーターに。特に夢もなくブラブラ過ごしていたある日、幽霊になった一ノ瀬に、経営していたカフェ「スカイブルー」と一人娘の雛を託される。不器用で料理は苦手だが、その優しい人柄で周囲を温かい気持ちに変える力を持つ。パパになり、人生を変えようと思っている。

    • 植田圭輔
      上月和泉 役

      光太郎の幼なじみで、保険の営業のトップセールスマン。ずっと光太郎を思ってきたが、告白できずにいる。恋愛以外は思いついたら即行動する猪突猛進型。今回、思い切って会社を辞めて住み込みで「スカイブルー」を手伝うことを決意。笑顔はかわいいが、うその笑顔であることも多く、キレやすい一面も。

    • 水江建太
      遊佐麗音 役

      「スカイブルー」の常連だったミュージシャン。売れない時代、一ノ瀬にいつも朝食をおごってもらっていたため、恩返しをしたいと住み込みでアルバイトをすることに。インディーズではトップだが、なぜ売れているのかと思うほど奇抜な曲を作る。たまによく分からない格言を名言のように言う。

    • 早坂ひらら
      一ノ瀬雛 役

      一ノ瀬の一人娘で、7歳の小学2年生。引き取ってもらった光太郎に感謝しつつも、そのどんくささにあきれている。ちょっと生意気で、大人びたことを言っては周囲をドキリとさせることも。両親を失った悲しみを乗り越え、やがて3人と家族になっていく。

    • 長谷川忍
      一ノ瀬傑 役

      光太郎のおじさん。不慮の事故で亡くなるが、娘の雛のことが心配で幽霊としてこの世をさまよい続けている。経営していた「スカイブルー」を無事残せることになり成仏したいとも思うが、心が折れそうになる光太郎の夢枕に立っては、叱咤激励を続ける。

    • 森田哲矢
      篭谷吉平 役

      消費者金融の借金取り。乱暴者に見えるが情にもろく、取り立ての成績を全く上げられていない。500万円の借金取り立てのため「スカイブルー」を訪れ、最初は3人に怖がられるものの、次第になめられて、そのうち店番なども手伝うように。

  • 概要

    黒羽麻璃央、植田圭輔、水江建太演じる3人の若者が子育てに奮闘する新感覚のコメディードラマ。千葉の湾岸にあるカフェ「スカイブルー」を舞台に、さまざまなトラブルを持ち込むゲストが登場し、ドタバタ劇が繰り広げられる中で「家族とは何か?」を問いかける。
    事故で亡くなった親戚のおじさんの幽霊から、7歳になる娘とカフェを託されたフリーターの成瀬光太郎を黒羽が、その幼なじみの上月和泉を植田が、店の常連ミュージシャン・遊佐麗音を水江が演じる。お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢やシソンヌの長谷川忍らも出演するほか、ゲストには2.5次元舞台などで注目を浴びる人気の若手俳優が週替わりで登場する。

  • ストーリー

    大学卒業後に勤めていた不動産会社を半年で辞めてフリーターになり、特に夢もなく毎日を過ごしていた成瀬光太郎(黒羽麻璃央)。そんなある日、光太郎の夢枕に、不慮の事故で亡くなった親戚のおじさん・一ノ瀬傑(長谷川忍)が立ち、千葉・袖ケ浦で経営していたカフェ「スカイブルー」と娘の雛(早坂ひらら)を託す。
    託されたものの、料理が下手で客に出すハンバーグを黒焦げにしてしまう光太郎。そのピンチに、店の常連だったミュージシャンの遊佐麗音(水江建太)と、光太郎にひそかに思いを寄せる幼なじみの上月和泉(植田圭輔)が救いの手を差し伸べる。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 「花けだ」の続編。成長した5人がそれぞれの未来へ歩み出すオリジナルラブストーリー

    花にけだもの~Second Season~

    フジテレビ系
    毎週月曜 24:55~25:25

    89人が見たい!

    あらすじ 9月23日放送分(第5話)
    【最終回】
     高校の卒業式に久実(中村ゆりか)ら5人はそろって参加。竜生(甲斐翔真)はカンナ(入山杏奈)への思いを生徒代表の答辞で話すが、カンナは何も言わずに立ち去ってしまう。式の後、久実と豹(杉野遥亮)は2人が初めて出会った思い出の場所で「ずっと一緒にいよう」と約束。そして、仲間内での卒業パーティーが開かれ…。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:杉山美和子「花にけだもの」(小学館「Sho-Comiフラワーコミックス」)

    • 脚本:松本美弥子

    • 監督:大谷健太郎

    • 監督:宮脇亮

    • プロデューサー:清水一幸

    • プロデューサー:鈴木健太郎

    • プロデューサー:高石明彦

    • プロデューサー:木村綾乃

    • プロデューサー:中島章博

    • 主題歌:一生のお願い/Da-iCE

  • キャスト
    • 中村ゆりか
      熊倉久実 役

      卒業を間近に控えた高校3年生。1年生の夏に転校してきて豹たちと出会う。保育士を目指し東京福祉短大に進学する予定だったが、静岡短大にも興味があり、そのことを恋人の豹に打ち明けられないでいる。

    • 杉野遥亮
      柿木園豹 役

      超が付くほどのプレーボーイだったが、素直で真っすぐな久実にひかれて交際するように。早稲田大学の受験を控え、猛勉強中。

    • 松尾太陽
      和泉千隼 役

      クールでミステリアス。純粋な久実にひかれ、思い続けてきた。今後の進路も決まり、世界を見て回る旅に出る。

    • 甲斐翔真
      日吉竜生 役

      久実の友達。カンナをいちずに思い続け、晴れて恋人同士に。太陽のような明るさを持つイケメンだが、その能天気な様子がカンナをいら立たせてしまう。

    • 入山杏奈
      大神カンナ 役

      久実の親友。進路は決まっているが、芦田から話を聞いて自分の将来について真剣に考え始める。しかし、竜生は何も考えていないのではないかと悩む。

    • 稲葉友
      芦田俊 役

      カンナのアルバイト先の常連で、翻訳家。カンナに好意を抱き、竜生のライバルとなる。

    • 篠田麻里子
      北島瑞樹 役

      豹の父親の秘書。久実と豹の仲をかき回す。

    • 青柳翔
      橘真人 役

      静岡短大で講師を務める幼児教育家。久実から進路の悩みを打ち明けられ、静岡短大への進学を勧める。

  • 概要

    人気コミックを連続ドラマ化した青春ラブストーリーの続編。“卒業”がテーマのオリジナルストーリーで、名門高校を舞台に、前作から2年半後の高校3年生になった主人公・熊倉久実(中村ゆりか)たちが、卒業後の進路に悩みながら葛藤し、それぞれの恋愛関係に迷いつつも未来へ向かう姿を描く。
    前作で久実の恋人になった柿木園豹(杉野遥亮)のほか、和泉千隼(松尾太陽)、日吉竜生(甲斐翔真)、大神カンナ(入山杏奈)らメインキャストが引き続き出演。彼らの進路や恋愛関係を惑わすオリジナルキャラクターとして、稲葉友、篠田麻里子、青柳翔が新たに共演する。

  • ストーリー

    蓮高に転校してきた夏から2年半が経ち、高校3年生になった熊倉久実(中村ゆりか)。恋人の柿木園豹(杉野遥亮)は2週間後に早稲田大学の受験を控えて猛勉強中で、保育士志望の久実はすでに東京福祉短大に合格していた。しかし、尊敬する幼児教育家・橘真人(青柳翔)が講師を務める静岡短大にも興味があり、そのことを豹に打ち明けられないでいた。
    一方、進路の決まった大神カンナ(入山杏奈)は、アルバイト先の常連で翻訳家の芦田俊(稲葉友)に仕事の話を聞かせてもらいながら、自分の将来について真剣に考えていた。そんな時、これから先のことを何も考えていないような彼氏の日吉竜生(甲斐翔真)の様子にあきれてしまい…。

  • 公式サイト(外部サイト)