ページトップ
  • 「ポルノグラファー」の続編。竹財輝之助演じる小説家・木島の過去の恋愛を描く

    ポルノグラファー~インディゴの気分~

    フジテレビ
    毎週火曜 25:25~25:55

    121人が見たい!
  • 8月20日放送分のあらすじ(第5話)
     ポルノ処女作の刊行が決まった木島(竹財輝之助)は、城戸(吉田宗洋)のオフィスを訪れ、城戸の転職と結婚の予定を初めて聞かされる。「君は最低だ」と言い捨てて帰ろうとする木島を引き止める城戸だったが…。

    ポルノグラファー~インディゴの気分~

  • 8月13日放送分のあらすじ(第4話)
     原稿を書き終えたと連絡を受けた城戸(吉田宗洋)が蒲生田(大石吾朗)の家を訪れると、居間には祝宴の準備が整っていた。しかし、原稿を書き終えたのは蒲生田ではなく木島(竹財輝之助)だと分かり、城戸は肩を落とす。木島の祝いだと上機嫌な蒲生田だったが、祝宴の最中に突然倒れてしまい…。

    ポルノグラファー~インディゴの気分~

  • 8月6日放送分のあらすじ(第3話)
     蒲生田(大石吾朗)が、遺作の原稿を渡す条件として提案したのは悪趣味で鬼畜なある行為だった。それを聞いた城戸(吉田宗洋)は狼狽するが、木島(竹財輝之助)は「やるよ」と答える。

    ポルノグラファー~インディゴの気分~

  • 7月30日放送分のあらすじ(第2話)
     城戸(吉田宗洋)の誘いを受けて官能小説の執筆を始めた木島(竹財輝之助)は、大御所・蒲生田(大石吾朗)の小説を読んで、「初めて官能小説の面白さに触れた気がした」と城戸に言う。数日後、城戸は上司から蒲生田の担当を命じられる。

    ポルノグラファー~インディゴの気分~

  • 7月23日放送分のあらすじ(第1話)
     編集者の城戸(吉田宗洋)は、大学の同級生だった純文学作家の木島(竹財輝之助)と恩師の葬儀で再会。創作に行き詰まり生活に困窮している様子の木島に、城戸は自分が担当している官能小説のレーベルでの執筆を提案する。

    ポルノグラファー~インディゴの気分~

  • 杉野遥亮が連ドラ初主演! 振り込め詐欺に手を染める若者たちの姿を描く衝撃作

    スカム

    TBS系
    毎週火曜 25:28~25:58

    335人が見たい!
  • 8月20日放送分のあらすじ(第8話)
     清宮(前野朋哉)も強盗に関わっていた事が判明し、共犯者扱いされてしまう誠実(杉野遥亮)。さらに剛力(若林拓也)らが誠実の部屋に侵入。幸子(西田尚美)と鉢合わせてしまう。

    スカム

  • 8月13日放送分のあらすじ(第7話)
     アルバイト先の老人宅で大けがを負った幸子(西田尚美)。誠実(杉野遥亮)は身内の裏切りを疑う。さらに詐欺の集金を狙う強盗が発生。神部(大谷亮平)は金主に呼び出される。

    スカム

  • 8月6日放送分のあらすじ(第6話)
     誠実(杉野遥亮)は母親の幸子(西田尚美)に詐欺の仕事を告白。すると意外にも、幸子は協力を申し出る。幸子の手助けにより売り上げがアップする中、何者かに幸子が襲われる。

    スカム

  • 7月30日放送分のあらすじ(第5話)
     拉致された誠実(杉野遥亮)は、神部(大谷亮平)の情報を話せと拷問される。一方、誠実の仕事に疑念を抱く美咲(山本舞香)から相談を受けた誠実の母親は、部屋に忍び込み…。

    スカム

  • 7月23日放送分のあらすじ(第4話)
     詐欺の金主の命令で店舗を増やす事となり、店長代理に任命された誠実(杉野遥亮)。ある日、詐欺の売り上げを狙う強盗が発生。誠実も夜道で襲われ、車で拉致されてしまう。

    スカム