ページトップ
  • 千葉雄大主演。過酷な運命を背負った青年の半生を描く本格ヒューマンミステリー

    プレミアムドラマ 盤上の向日葵

    NHK BSプレミアム
    毎週日曜 22:00~22:50

    158人が見たい!
  • 9月15日放送分のあらすじ(第2話)
     1980(昭和55)年。東大生の上条(千葉雄大)は、将棋道場で賭け将棋の真剣師‘鬼殺しのジュウケイ’こと東明(竹中直人)と知り合い、賭け勝負の旅打ちに同行した。1994(平成6)年。上条はかつて訪れた遠野で竜昇戦第3局に挑む。一方、石破(大友康平)と佐野(蓮佛美沙子)は駒を買った人物の情報を得るが…。

    プレミアムドラマ 盤上の向日葵

  • 9月8日放送分のあらすじ(第1話)
     1994年、埼玉の山中で白骨遺体が見つかった。県警刑事・石破(大友康平)と将棋の奨励会を退会して警察官になった佐野(蓮佛美沙子)は遺体と共に埋められた貴重な駒の所有者を捜す。同じ頃、奨励会を経ず実業界からプロ入りした棋士・上条(千葉雄大)は「竜昇戦」でタイトル6冠の壬生(笠松将)に挑む。

    プレミアムドラマ 盤上の向日葵

  • 宮藤官九郎脚本、中村勘九郎&阿部サダヲで東京オリンピック開催までの激動を描く

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

    NHK総合
    毎週日曜 20:00~20:45

    4455人が見たい!
  • 9月15日放送分のあらすじ(第35話)
     1936年夏。4年後の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会がベルリンで開かれ、嘉納(役所広司)は「日本で平和の祭典を」と訴える。翌日に開幕したベルリン五輪は、政権を握るナチスが総力を挙げて運営する大規模な大会となり、田畑(阿部サダヲ)は圧倒されると同時に当惑する。マラソンでは、四三(中村勘九郎)と同じ足袋を履く日本代表選手が出場。さらに、秀子(上白石萌歌)が出る競泳のレースが迫る。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 9月8日放送分のあらすじ(第34話)
     1936年2月、陸軍の青年将校らがクーデターを企て、閣僚達が暗殺された。戒厳令下の東京でオリンピックの招致活動を続けるべきか迷う田畑(阿部サダヲ)だったが、来日した国際オリンピック委員会(IOC)の会長ラトゥール(ヤッペ・クラース)の競技場視察を案内する役を嘉納(役所広司)から任せられる。一方、熊本の四三(中村勘九郎)はスヤ(綾瀬はるか)と幾江(大竹しのぶ)に招致活動への協力のため上京したいと訴える。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 9月1日放送分のあらすじ(第33話)
     東京とローマがオリンピック招致を巡って激しく争う中、嘉納(役所広司)はイタリアの首相ムソリーニ(ディノ・スピネラ)への直談判の場に田畑(阿部サダヲ)らを送り込む。だが、ムソリーニとの会談直前、国際オリンピック委員会(IOC)委員の副島(塚本晋也)が急病で倒れる。一方、招致の命運が懸かったノルウェー・オスロでのIOC総会は、他国の政府首脳に働き掛けようとした日本の動きを巡って紛糾する。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 8月25日放送分のあらすじ(第32話)
     帰国した秀子(上白石萌歌)を待っていたのは東京市長・永田(イッセー尾形)らの落胆の声だった。田畑(阿部サダヲ)が選手をかばい憤慨する一方、秀子は国民の大き過ぎる期待に苦悩する。その頃、日本は国際連盟を脱退し、孤立し始めていた。だが、嘉納(役所広司)らは粘り強くオリンピックを東京に招致することを目指す。一方、四三(中村勘九郎)の元をマラソンで九州一周を目指す青年・勝(仲野太賀)が訪ねて来る。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

  • 8月18日放送分のあらすじ(第31話)
     田畑(阿部サダヲ)率いる日本男子競泳陣はロサンゼルス五輪で大旋風を巻き起こす。秀子(上白石萌歌)も200メートル平泳ぎの決勝に挑む。一方、国際オリンピック委員会会長・ラトゥール(ヤッペ・クラース)は日本水泳陣の大躍進の秘密に興味を抱く。嘉納(役所広司)はその答えを見せようと、エキシビションで日本古来の泳法を選手に披露させることを思い付く。そして、そのエキシビションに田畑も参加することになる。

    大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」