ページトップ
  • 遠藤憲一が禁断の愛に翻弄される父親役で主演。家族の崩壊と再生を描く人間ドラマ

    それぞれの断崖

    フジテレビ系
    毎週土曜 23:40~24:35

    624人が見たい!

    あらすじ 8月31日放送分(第5話)
     はつみ(田中美里)に心引かれる志方(遠藤憲一)だが、素性を明かせず、苦悩する。一方、家では長女・真弓(仁村紗和)が元婚約者と復縁し、会社では新たなプロジェクトに起用されるなど、悪いこと続きだった志方の日常は変わり始めていた。そんなある日、志方は雪子(田中美佐子)にはつみとの関係を気付かれ、また、はつみにも偽名を使っていることを知られてしまう。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:小杉健治「それぞれの断崖」(集英社文庫)

    • 脚本:洞澤美恵子

    • 演出:村松弘之

    • 演出:藤木靖之

    • 演出:遠藤光貴

    • プロデューサー:西本淳一

    • プロデューサー:大久保直実

    • 主題歌:Angel/CHEMISTRY

  • キャスト
    • 志方恭一郎 役

      都内にある「マルコーコンピューター」の企画開発部長。高卒だが抜てきされて部長になった、情にもろい性格の仕事人間。5年前に購入した郊外の一軒家に、妻・雪子と2人の娘と息子の5人で暮らす。ある日突然、息子の恭介が同級生に殺され「被害者の父」となる。家族が崩壊していく中、憎悪の果てに加害者の母であるはつみを捜し出すが、絶対に許せないはずのはつみに、自分と同じ苦しみを見て心を揺さぶられる。

    • 八巻はつみ 役

      事件の加害少年である中学2年生の満の母親で、クラブのホステス。25歳で結婚しすぐに満を産んだが、間もなく離婚したため女手一つで育てている。最愛の息子が同級生を殺害したという十字架の重さに苦悩し、恐怖や悲しみを忘れるかのように恭一郎との仲に踏み出す。

    • 志方雪子 役

      恭一郎の妻。高卒で「マルコーコンピューター」に入社し、開発部で一緒だった恭一郎と結婚。元来は明るい性格の女性。恭介の不登校や家庭内暴力に悩む中、恭介が殺されて「被害者の母」となる。一方的な世間の注目にさらされ、周囲の環境や恭一郎との関係が変わっていく。

  • 概要

    社会派ミステリーの名手・小杉健治による同名小説を原作に、犯罪被害者家族と加害者家族の崩壊と再生を描く人間ドラマ。同級生に殺害された息子の無念を晴らすべく、身分を偽って加害者の母に近づいた被害者の父親が、禁断の愛という皮肉な運命に翻弄(ほんろう)されていく。
    主人公の志方恭一郎を演じるのは、出演作が途切れない実力派俳優の遠藤憲一。令和初の主演作で、被害者の父でありながら加害者の母とひかれ合うという複雑な役どころを熱演する。さらに、被害者の母となり崩壊する家族を支える恭一郎の妻・雪子に田中美佐子、加害者の母で恭一郎にひかれていくシングルマザー・八巻はつみに田中美里が扮する。

  • ストーリー

    都内のコンピューター会社で働く志方恭一郎(遠藤憲一)の、14歳になる息子の恭介(渡邉蒼)が刺殺される。恭一郎が警察から犯行を疑われ、家族からも責められている中、犯人として逮捕されたのは、恭介の同級生で13歳の八巻満(清水大登)だった。
    少年法で守られ、刑罰の下されることのない満に対して怒りを爆発させる恭一郎だったが、世間からは人でなし呼ばわりされた上に、仕事も友人も失い、家族からは背を向けられてしまう。絶望の淵でもがく恭一郎は、満と、その母・はつみ(田中美里)へ激しい憎悪を向けるが、自分と同じ痛みと悲しみをはつみの中に見た時、その気持ちが大きく揺らいでいく…。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 個性豊かで魅力的な女性バーテンダー“バーメイド”たちの織り成すお仕事ドラマ

    真夜中ドラマ「まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を。~」

    BSテレ東
    毎週土曜 24:00~24:30

    95人が見たい!

    あらすじ 8月31日放送分(第8話)
     神出鬼没の雪(木竜麻生)の屋台バーを捜して通う幸田(遠藤雄弥)は、いつもスクリュードライバーを頼み、釣り銭を受け取らず帰っていく。ある夜、幸田は雪になれなれしく話し掛ける先客・上山(金田哲)にいら立つが、幸田が知りたかったことを質問するので、思わず耳を傾けてしまう。上山が帰った後、幸田は雪にスクリュードライバーを注文する理由を明かす。

    前回までのあらすじを見る


  • 記者会見情報

    木竜麻生/月川雪

    練習のためにバーに通っているうちに、もっと飲んでみたいと思いました

  • スタッフ
    • 原作:早川パオ「まどろみバーメイド」(芳文社)

    • 脚本:田中洋史

    • 脚本:上野友之

    • 監督:池田千尋

    • 監督:古川豪

    • プロデューサー:金岡英司

    • プロデューサー:岡本宏毅

    • プロデューサー:江川智

    • プロデューサー:田中勇也

    • 主題歌:Bloom in the city/SHE IS SUMMER

  • キャスト
    • 月川雪 役

      屋台バーを営む天才バーテンダー。風変わりだが、作るカクテルは客の心に忘れられない味を残す。

    • 伊吹騎帆 役

      高級ホテルのバー「エリシオン」のバーテンダー。面倒見の良い姉御肌の性格。雪、日代子と同居している。

    • 陽乃崎日代子 役

      バー「ストリーム」で華やかなパフォーマンスをするフレアバーテンダー。雪、騎帆と同居している。

  • 概要

    映画「菊とギロチン」「鈴木家の嘘」で注目の若手女優・木竜麻生が主演を務め、気鋭のイラストレーター・早川パオの漫画デビュー作を実写化したお仕事ドラマ。
    屋台バーを営む天才バーテンダーの月川雪(木竜)、高級バーのバーテンダー・伊吹騎帆(玄理)、華麗なパフォーマンスをするフレアバーテンダー・陽乃崎日代子(八木アリサ)の3人が、一つ屋根の下で同居しながら、バーテンダーとしても、人としても成長していく姿を描く。
    毎回、屋台を訪れるちょっと訳ありな客として多彩なゲストたちが登場。ストーリーの重要な役割の一つであるカクテルの豆知識も披露される。

  • ストーリー

    ある街の一角に、月夜に現れてはふと消える、不思議な屋台バーがある。この屋台の店主は女性バーテンダーの月川雪(木竜麻生)。雪は、夜更かしが苦手でいつも居眠りをしているが、ひとたび注文を受けるとそのまなざしが変わり、客の特徴やその日の気候などを考慮して、客が最も求めている味を提供する、天才バーテンダーだ。
    バーには、さまざまな客が訪れ、それぞれの悩みや悲しみをグラスと共にカウンターに置いていく。そして雪自身も、同居する2人の先輩バーテンダー、伊吹騎帆(玄理)と陽乃崎日代子(八木アリサ)との出会いや、過去も含めて物語が動きだしていく。

  • 公式サイト(外部サイト)