ページトップ
  • 清原果耶が時代劇のニューヒロインに! 葉室麟原作の長編小説を映像化

    BS時代劇「螢草 菜々の剣」

    NHK BSプレミアム
    毎週金曜 20:00~20:43

    424人が見たい!
  • 8月16日放送分のあらすじ(第4話)
     轟(北村有起哉)は襲撃を返り討ちにする。市之進(町田啓太)は、菜々(清原果耶)と轟の因縁を知ることに。そんな折、再婚話の相手・雪江(南沢奈央)が市之進を訪ねてくる。心ざわめく菜々は追放を覚悟する市之進に、自分が子ども達を守ると誓う。やがて風早家は閉門に。菜々達は屋敷を追われる。

    BS時代劇「螢草 菜々の剣」

  • 8月9日放送分のあらすじ(第3話)
     菜々(清原果耶)は、五兵衛(松尾諭)に習った突きの型でかどわかしの犯人を倒す。そして、死の淵にいる佐知(谷村美月)に武家出身であることを告白する。佐知は菜々に市之進(町田啓太)と子ども達のことを託し、この世から去る。同じ頃、国元に戻っていた轟(北村有起哉)のわなで、ぬれぎぬを着せられた市之進が謹慎処分に。怒った仙之助(高田翔)ら仲間達は、轟に闇討ちを仕掛ける。

    BS時代劇「螢草 菜々の剣」

  • 8月2日放送分のあらすじ(第2話)
     市之進(町田啓太)は、手を組もうと持ち掛けた轟(北村有起哉)をはねつける。轟を初めて見た菜々(清原果耶)は、かつて団子をごちそうして助けた五兵衛(松尾諭)が剣術指南役になったと知り、剣の指導を願い出る。一方、佐知(谷村美月)の病が思いの外、重いことが判明。薬代のため、菜々は市之進の頼みで舟(濱田マリ)の質屋へ。その頃、周辺で子どものかどわかしが起きていて…。

    BS時代劇「螢草 菜々の剣」

  • 7月26日放送分のあらすじ(第1話)
     実は武家出身であることを秘密にしている菜々(清原果耶)は、武家の風早家に初めての奉公に上がるも、初日の朝から失敗ばかり。だが、勘定方に勤め、乱れた藩政の刷新を目指す主人・市之進(町田啓太)やその妻・佐知(谷村美月)の優しさに包まれ、2人の子・正助(山下心煌)、とよ(田中乃愛)にも懐かれて、すぐに風早家に溶け込む。ある夜、屋敷を訪れた男の名前を聞いた菜々は凍り付く。その男・轟(北村有起哉)は、藩政を陰で動かす誰もが恐れる存在であり、この轟こそ菜々の父を無実の罪で切腹に追い込んだ敵だった。

    BS時代劇「螢草 菜々の剣」

  • 多部未華子主演。領収書や請求書から見える思わぬ人間模様を描いたオフィスドラマ

    これは経費で落ちません!

    NHK総合
    毎週金曜 22:00~22:50

    1515人が見たい!
  • 8月16日放送分のあらすじ(第4話)
     コーヒーメーカーで入れたコーヒーを社員に配って回る総務部の窓花(伊藤麻実子)に対し、コーヒーサーバーを導入したい同僚の由香利(平岩紙)はその稟議(りんぎ)書を作成し、経理部に提出する。ある日、由香利は自身が通う生き方セミナーに沙名子(多部未華子)を誘う。講師の三並(須藤理彩)は、由香利の稟議書に記されたコーヒーサーバーのリース先の会社社長だった。

    これは経費で落ちません!

  • 8月9日放送分のあらすじ(第3話)
     希梨香(松井愛莉)と一緒に新商品のパッケージデザインを担当する営業部の馬垣(岡崎体育)は、デザイン会社からの請求書を真夕(伊藤沙莉)に提出。別の日、沙名子(多部未華子)にも同じ会社からの同額の請求書の処理を頼む。システムと請求書の振り込み合計額の照合チェックをした真夕は100万円以上金額が合わないことを発見。経理部全員で原因究明に乗り出すが…。

    これは経費で落ちません!

  • 8月2日放送分のあらすじ(第2話)
     会社の‘広告塔’として活躍する広報課の織子(片瀬那奈)は経費の使い方が荒い。ある日、広報課が自社製品のCM撮影用にビデオカメラを買っていたことが明らかに。普通は制作会社が調達するカメラをわざわざ広報課が買ったことに、沙名子(多部未華子)は疑問を抱く。そんな中、女子会に出た沙名子は、近所のレンタルビデオ店のアルバイト従業員が織子の夫だと気付く。

    これは経費で落ちません!

  • 7月26日放送分のあらすじ(第1話)
     せっけんメーカー「天天コーポレーション」の経理部員・沙名子(多部未華子)は各部署から持ち込まれる領収書を精査する日々を送っている。ある日、温泉とカフェを合体させた新規事業のチーフを務める営業部の太陽(重岡大毅)がテーマパークのチケット代を経費として申請してきた。カフェの内装設計を委任しているデザイナーのミレイ(藤原紀香)とリサーチで訪れたという。だが最近、太陽が同僚の希梨香(松井愛莉)と同じテーマパークでデートをしたという噂を聞いた沙名子は、チケット代は私的なものではと疑う。

    これは経費で落ちません!