ページトップ
  • 深田恭子×瀬戸康史で織り成す泥棒一家と警察一家のラブコメディー

    ルパンの娘

    フジテレビ系
    毎週木曜 22:00~22:54

    2533人が見たい!
  • 8月15日放送分のあらすじ(第6話)
     元気がない華(深田恭子)の様子が気に掛かる尊(渡部篤郎)は美術展の高価な絵を盗む計画を立てる。極悪な国際窃盗団との対決になる危険な任務に、華も参加するという。だが、和馬(瀬戸康史)との出来事で気もそぞろな華を、尊は計画から外す。一方、和馬はエミリ(岸井ゆきの)と出掛けることに。そんな中、和馬らに‘Lの一族’逮捕の極秘指令が下り、和馬は美術展に向かう。

    ルパンの娘

  • 8月8日放送分のあらすじ(第5話)
     華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)の両親の結婚記念日が同日と分かり、合同でパーティーを行うことに。華は、自分の秘密を隠すために和馬にうそをつき続けていることに罪悪感を募らせる。一方、和馬の先輩の巻(加藤諒)が泥棒の美羽(田中みな実)に警察手帳を奪われ、‘Lの一族’の情報を要求される。美羽の持つ宝石を狙う尊(渡部篤郎)は彼女に接触。和馬はある出来事で華に疑念を抱き…。

    ルパンの娘

  • 8月1日放送分のあらすじ(第4話)
     和馬(瀬戸康史)は元警視総監の孫娘・エミリ(岸井ゆきの)との見合いを命じられる。相手に断らせようともくろむ和馬だが、エミリは前向きだ。円城寺(大貫勇輔)から見合いのことを聞いた華(深田恭子)は、和馬が二股をかけていると誤解。さらに華は、職場で出会った女性・智子が、尊(渡部篤郎)らが狙う詐欺師・蛭沼(諏訪雅)の被害者だと知り、懲らしめるために泥棒になる。

    ルパンの娘

  • 7月25日放送分のあらすじ(第3話)
     ある国の秘宝をIT会社社長が持っているという情報が舞い込み、尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠)は早速、狙いを定める。華(深田恭子)を怪しむ美佐子(マルシア)は自宅に華を招き、正体を探ろうとする。美佐子の歓迎を華は喜ぶが、和馬(瀬戸康史)の祖父・和一(藤岡弘、)からの攻撃をかわす華の姿に美佐子は疑念を深める。そんな中、尊と悦子は秘宝を別の強盗に横取りされ、取り戻そうと奔走する。一方、華は祖母・マツ(どんぐり)の提案で、和馬が捜査する‘SNS強盗’の事件を解決させるため、ある作戦を決行する。

    ルパンの娘

  • 7月18日放送分のあらすじ(第2話)
     華(深田恭子)の家を訪れた和馬(瀬戸康史)の父・典和(信太昌之)と母・美佐子(マルシア)は尊(渡部篤郎)らと向かい合う。尊と典和は野球の話題で意気投合するが、美佐子は華に和馬と別れるよう告げる。そんな中、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、尊らはある会社社長が所有する“秀吉の茶釜”を盗む計画をしていた。

    ルパンの娘

  • 小池栄子&りょう&岡本玲の3人が“事実婚”をしていた夫のうそと謎を暴くミステリー

    わたし旦那をシェアしてた

    日本テレビ系
    毎週木曜 23:59~24:54

    1002人が見たい!
  • 8月15日放送分のあらすじ(第7話)
     秀明(赤楚衛二)は晴美(小池栄子)に、恭平(平山浩行)を見捨てた自分は殺人犯の森(黒木啓司)と同罪だと言い、直後、病院から姿を消す。そんな中、文江(夏木マリ)が晴美ら3人を呼び、新たな課題を出した。一方、姉の遺体発見現場に現れた秀明を、美保(渡辺真起子)ら隅田署員が待ち受ける。

    わたし旦那をシェアしてた

  • 8月8日放送分のあらすじ(第6話)
     恭平(平山浩行)の父で弁護士だった裕樹(湯江タケユキ)はかつて「北神谷町殺人事件」の被害者家族の依頼を受けた結果、自らも犠牲に。事件は未解決のままだ。そして現在。美保(渡辺真起子)ら警察は森(黒木啓司)を指名手配する。一方、晴美(小池栄子)と加奈子(りょう)は恭平との思い出を話すうち、それぞれが恭平を介し医師・笠浦(升毅)と知り合っていたことに気付く。

    わたし旦那をシェアしてた

  • 8月1日放送分のあらすじ(第5話)
     恭平(平山浩行)殺しの黒幕・森(黒木啓司)が友人を名乗って現れ、晴美(小池栄子)達の相談役になるよう恭平から頼まれていたと話す。その正体を知る秀明(赤楚衛二)は、文江(夏木マリ)に忠告を試みるが、森から横やりが入る。さらに、秀明は隅田署で美保(渡辺真起子)らから、恭平の事件について事情聴取を受けることに。一方、森を信頼した晴美らは、ある決断をする。

    わたし旦那をシェアしてた

  • 7月25日放送分のあらすじ(第4話)
     晴美(小池栄子)はパワハラの示談金、茜(岡本玲)は娘・慎香(池谷美音)の入院費、加奈子(りょう)は元夫・尚之(平原テツ)への‘不倫’の慰謝料が突然、必要になる。そこで遺産を山分けして対処しようと、3人の意見は一致。ところが、文江(夏木マリ)が課題をクリアして3億円を勝ち取るしか方策はないと言い切る。新たな課題は恭平(平山浩行)の好物を言い当てることだった。

    わたし旦那をシェアしてた

  • 7月18日放送分のあらすじ(第3話)
     晴美(小池栄子)らのシェアハウスに、恭平(平山浩行)の‘妻’を名乗る4人目の女性・絵里(松井玲奈)が現れる。絵里は3人の存在や余命についても聞かされていて、さらに恭平の子を妊娠中だという。遺産を受け取る最有力候補の出現に、晴美は出て行くことを決断。ところが文江(夏木マリ)が、4人は恭平殺しの容疑者で、勝手に抜けることは許さないと言い、ある課題を突き付ける。

    わたし旦那をシェアしてた