ページトップ
  • 東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派ぞろいの“最強の7人”が超凶悪犯罪に挑む!

    刑事7人

    テレビ朝日系
    毎週水曜 21:00~21:54

    1082人が見たい!
    あらすじ 8月28日放送分(第7話)
     IT企業経営者・松永(生島翔)が廃倉庫で殺され、堂本(北大路欣也)の調べで死亡推定時刻が昼前と夜の2パターン考えられると分かる。松永の共同経営者・尾中(阿部亮平)と松永の妻のストーカー・春日(細山田隆人)が捜査線上に浮かぶ中、天樹(東山紀之)は10年前の殺人事件との関連に気付く。その被害者は、堂本の親友で元生物物理学者・金田(清水紘治)の孫だった。

    前回までのあらすじを見る


  • 記者会見情報

    東山紀之/天樹悠

    また皆さんと、いいチームワークを組んで仕事ができるんだとワクワクします

  • スタッフ
    • 脚本:吉本昌弘

    • 監督:兼崎涼介

    • プロデューサー:内山聖子

    • プロデューサー:三輪祐見子

    • プロデューサー:山川秀樹

    • プロデューサー:和佐野健一

    • プロデューサー:井元隆佑

  • キャスト
    • 天樹悠 役

      警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係兼専従捜査班刑事。捜査能力が高く、証拠を積み上げ、真実が判明するまでは物事を決めつけない。刑事資料係で莫大な捜査資料と向き合った結果、人間犯罪ビッグデータとなった。事件が起きれば資料係を飛び出し独自に捜査を始める。

    • 海老沢芳樹 役

      警視庁刑事部専従捜査班主任刑事。かつては上昇志向の塊のような排他的な男だったが、上司に盾突き、出世の道が途絶える。この1年、天樹らと行動を共にする中で、内に眠っていた正義感が再び目を覚まし始める。昼行灯の片桐に代わり、専従捜査班の陣頭指揮を執っている。

    • 水田環 役

      警視庁刑事部専従捜査班刑事。常に冷静沈着で、天樹とはまた違うタイプの高い洞察力と推理力を持つ。監察官時代はスパイとして仲間たちの動向を内偵するよう要請されていたが、仲間を裏切ることはなかった。警察組織に揉まれていく中で、かたくな過ぎた潔癖な正義感は少しずつ変化を見せ始めている。

    • 野々村拓海 役

      警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係兼専従捜査班の刑事。2年前に警視庁に入庁し、留置管理課を経て天樹の下に配属された。幼い頃から刑事になることが夢でそれをかなえたのだが、好奇心旺盛かつ無邪気な性格が災いし、内勤畑を歩んできた。今回の専従捜査班結成に伴い、刑事の道を歩み始めるも、強烈な個性の持ち主である先輩刑事たちを前に、結果が出せない自分に歯がゆさを感じている。

    • 青山新 役

      警視庁刑事部専従捜査班刑事。警察官にならなければ犯罪者になっていたかもしれない男。犯罪者の行動原理を肌感覚で“つかむ”ことができる。一見ダーティーに見える捜査スタイルだが、自分なりの信念や正義をもとに捜査を進めている。野々村の子守役を担当することで少しずつ成長。上意下達の警察組織にいつの間にか染まりつつある自分に腹立たしさも感じている。

    • 片桐正敏 役

      警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係長兼専従捜査班長。これまで数々の大失態を犯してきたにもかかわらず現職に留まっていられるのは、上層部の弱みを握ったからだとうわさされている。超権力主義者で、組織の上ばかり見ているように思えるが、実は天樹たちと同じく確固たる正義感を持っている。それでも、専従捜査班の運営は海老沢らに任せっきりで、気が向いた時にだけ姿を見せている。

    • 堂本俊太郎 役

      東都大学医学部法医学教授。天樹の義父。法医学に関する知識と技術はずば抜けており、生涯現役を誓い、世界的権威として法医学界をけん引している。捜査現場に赴くことはなく、大学の解剖室で被害者の声なき声を聞いている。時として堂本の見立てが捜査方針を180度変えることも。法医学者としての立場をわきまえており、「事件を解決するのはあくまで刑事」と警察とは明確に一線を引いている。

  • 概要

    東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心とした個性的な7人のスペシャリストが、複雑化、高度化する超凶悪犯罪と難解な未解決事件を捜査する人気ドラマの第5シーズン。倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也らおなじみのキャストはもちろん、前作から参加した田辺誠一、白洲迅も続投する。
    今シーズンでは、警視庁独自の部署として“専従捜査班”が正式に発足。記者発表も行われて、世間にもその存在を公表されることに。天樹ら7人は組織の倫理にとらわれず、独自の判断で自由に捜査を行い、時には司法取引さえも武器に、超凶悪犯罪を徹底的に捜査する最強のチームとして巨悪に挑む。

  • ストーリー

    2019年夏、複雑化・高度化する超凶悪犯罪と難解な未解決事件に特化し、早期解決を目指す警視庁独自の部署として“専従捜査班”が正式に発足する。それから間もなくの金曜日、ある貸し倉庫で、所轄署の刑事の遺体が発見され、天樹悠(東山紀之)らが臨場する。
    その遺体は白目をむき、口いっぱいに金箔(きんぱく)を詰め込まれていた。さらに、現場の窓には同じ金箔で警察に挑戦するかのようなメッセージが残されていた。
    法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が解剖した結果、死因は生きたまま口に金箔を詰め込まれたことによる窒息死と分かる。残忍な手口であることから、天樹らは怨恨の線で捜査を進める。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 杏が恋愛に不器用なパラサイトシングルに。東村アキコ原作のラブストーリー

    偽装不倫

    日本テレビ系
    毎週水曜 22:00~23:00

    3042人が見たい!

    あらすじ 8月28日放送分(第8話)
     鐘子(杏)はついに「独身」だと丈(宮沢氷魚)に送信。するとすぐに既読になるが、返信はない。一方、灯里(MEGUMI)は丈の体調について一之瀬(眞島秀和)を問い詰め、深刻な病状にがくぜんとする。丈から連絡がないと落ち込む鐘子は翌日の昼休み、風太(瀬戸利樹)と遭遇。丈との経緯を話す中で「お姉ちゃんの結婚指輪」と口を滑らせ、葉子(仲間由紀恵)が既婚だとばれてしまう。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:東村アキコ「偽装不倫」(YLAB JAPAN)

    • 脚本:衛藤凛

    • 演出:鈴木勇馬

    • 演出:南雲聖一

    • プロデューサー:西憲彦

    • プロデューサー:加藤正俊

    • プロデューサー:森雅弘

    • プロデューサー:岡田和則

    • プロデューサー:武井哲

    • 主題歌:us/milet

  • キャスト
    • 濱鐘子 役

      独身の派遣社員。両親と姉夫婦が住む二世帯住宅に同居するパラサイトシングル。恋愛に不器用で、いつも「思い込みの激しい重めの女」と思われてしまう。幸せな結婚を夢見て2年間婚活に励んできたが成果は出ていない。趣味は旅行。

    • 宮沢氷魚
      伴野丈 役

      25歳。フリーのカメラマン。福岡県に生まれ幼少期を過ごし、10歳の時から父親の仕事の関係でヨーロッパを転々とする。“あること”がきっかけで日本に帰国。東京でスペイン料理店を営む姉のもとに転がり込むが、生まれ故郷の福岡に向かう飛行機の中で鐘子と出会う。

    • 瀬戸利樹
      八神風太 役

      プロボクサー。甘え上手で人懐っこく、母性本能をくすぐるタイプ。見た目とは違い、ボクサーらしく負けず嫌いな一面もある。人妻とは知らずに葉子と出会い、ひかれていく。

    • 谷原章介
      吉沢賢治 役

      葉子の夫。商社に勤務。長身でイケメンのうえ、温厚で人当たりがよい。義理の両親との二世帯同居も快く受け入れ、義妹の鐘子のことも気遣ってくれる理想の夫。

    • 仲間由紀恵
      吉沢葉子 役

      鐘子の姉。コンサルティング会社勤務。地味で堅物。3年前にイケメンの商社マン・賢治と電撃結婚し、家族を驚かせた。誰もがうらやむような結婚生活を手に入れて、何一つ不満がないように見えるが、実は、“独身”と偽り年下の男と不倫をしている。

  • 概要

    東村アキコの最新同名漫画を原作に、たった一つのうそから始まる本物の恋を描く、コメディータッチのラブストーリー。主人公・濱鐘子を「花咲舞が黙ってない」(同系)以来4年ぶりの連続ドラマ出演となる杏が演じる。鐘子が恋に落ちる年下のイケメンフリーカメラマン・伴野丈を宮沢氷魚、理想の夫がいながら不倫をしている鐘子の姉・吉沢葉子を仲間由紀恵が演じるなど多彩な顔ぶれも見どころとなる。
    32歳独身、彼氏なしなのに“既婚者”とうそをついてしまったことで鐘子が手にする幸せは、果たして本物の幸せなのか。幸せになりたいけれども傷つくことが怖くて臆病になってしまう、揺れる女心を抱えて懸命に生きる女性たちにおくる純愛物語。

  • ストーリー

    32歳独身、派遣社員の濱鐘子(杏)は、両親と姉・吉沢葉子(仲間由紀恵)夫婦が住む二世帯住宅に同居するパラサイトシングル。幸せな結婚を夢見て2年間婚活に励んできたが、恋愛に不器用で一向に成果が出ない。
    「絶望的に男にモテない」ことに気付いてしまった鐘子は“おひとり様ライフ”も板についてしまい、派遣契約期間を終えて1人で“婚活サヨナラパーティー”の旅に出る。その飛行機の中で年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)と出会い、とっさに「既婚者だ」とうそをついてしまう。しかし丈から、「旅行の間だけでいいから、僕と不倫しましょう」とまさかの期間限定の恋を持ちかけられる。

  • 公式サイト(外部サイト)