ページトップ
  • 三浦春馬が娘を救うために逃亡する主人公に! 2週間のタイムリミットサスペンス

    TWO WEEKS

    フジテレビ系
    毎週火曜 21:00~21:54

    1908人が見たい!

    あらすじ 8月27日放送分(第7話)
     柴崎(高嶋政伸)の密会相手が早穂子(黒木瞳)と知った結城(三浦春馬)と楓(芳根京子)は証拠のデジカメを灰谷(磯村勇斗)に奪われ、柴崎を糾弾する手立てを失ってしまう。すみれ(比嘉愛未)から結城の訴えを聞いた有馬(三浦貴大)は8年前の事件を調査。一方、恩人の早穂子を信じたい楓は意を決して彼女の元を訪ねる。その頃、1人でいるはな(稲垣来泉)の病室に柴崎が現れ…。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:脚本:ソ・ヒョンギョン MBC「TWO WEEKS」

    • 脚本:山浦雅大

    • 演出:本橋圭太

    • 演出:木内健人

    • プロデューサー:岡光寛子

    • プロデューサー:白石裕菜

    • プロデューサー:平部隆明

    • 主題歌:Fight for your heart/三浦春馬

  • キャスト
    • 結城大地 役

      8年前のある出来事から、人生を諦めて刹那的に生きてきたが、突然存在を知らされた白血病の娘・はなの骨髄移植のドナーとして、生きる意味を見いだす。何者かの策略で殺人事件の犯人として逮捕されてしまうが、2週間後に移植手術を行うために、決死の逃亡を図る。殺人未遂の罪で服役した過去を持つ。

    • 月島楓 役

      正義感にあふれた新米検事。8年前の殺人未遂事件がきっかけで父親を亡くし、家庭を壊された経験があり、現在もかつての事件の黒幕に復讐するため独自に捜査を進める。鍵を握る協力者が遺体で発見され、その現場に居合わせた結城を追うために、殺人事件の担当検事に名乗り出る。

    • 青柳すみれ 役

      結城のかつての恋人。8年前、結城から一方的に別れを告げられた後、結城に黙ってはなを産み、シングルマザーとして育ててきた。白血病に侵されたはなのドナー適合者を探すため、はなの父親である結城の元を訪れる。不運に見舞われながらもひたむきに生きる心(しん)の強さを持つ。

    • 有馬海忠 役

      すみれの婚約者で、逃亡した結城を追う刑事。鋭い洞察力と冷静な判断力を持つ優秀な刑事であり、すみれとはなを献身的に支える心優しい男性。結城がはなの父親であることは知らされないまま、結城を捜索する最前線に立つ。

    • 柴崎要 役

      「柴崎コーポレーション」の社長。高級クラブや質店など多角的な経営を進めるほか、投資コンサルティングセミナーで顧客を集めている。自分の欲のためなら、法や倫理に反した手段もいとわない。結城とは古くから付き合いがあり、8年前のある出来事にも関わっている。

    • 久我早穂子 役

      国会議員で、楓にとってよき理解者であり最強の味方。前職の弁護士だった頃から楓の家族と知り合いで、今も楓を娘のようにかわいがり、相談役として支え続けている。息子が難病に侵された経験から、小児医療関係の政策に率先して取り組み、国民からの支持も厚い。

  • 概要

    殺人の濡れ衣を着せられた主人公が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。娘のために逃亡を図る男と、父親のために復讐を誓った女性検事の運命が交差し、検察、警察、政治家、闇の組織など、さまざまな立場の登場人物の思惑や陰謀が複雑に絡み合い、8年前と現代の二つの事件の真実が明らかになっていく。
    殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、一度は人生を諦めたものの父性愛に目覚め、娘のために執念の逃亡を続ける主人公・結城大地を、父親役初挑戦の三浦春馬が演じる。父親の復讐に燃え、大地を追う新米検事・月島楓には芳根京子が扮し、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが共演する。

  • ストーリー

    人生に希望を持たずに毎日を過ごしていた結城大地(三浦春馬)の前に、“ある出来事”により一方的に別れを告げた最愛の女性・青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。結城はすみれから、結城との娘を産んでいたこと、そしてその“はな”という名の8才になる娘が白血病であることを告げられる。
    突然明らかになった娘の存在に戸惑うものの、はなに会って父性愛に目覚めた結城は、骨髄移植のドナーに適合したことで再び自分が生きる意味を見いだす。ところが、その矢先に結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまう。このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、逃亡生活に身を投じる。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 石原さとみが“店を繁盛させる気がない”変わり者のオーナーに扮するコメディー

    Heaven?~ご苦楽レストラン~

    TBS系
    毎週火曜 22:00~22:57

    2162人が見たい!

    あらすじ 8月27日放送分(第8話)
     山縣(岸部一徳)は堤(勝村政信)らが自分より伊賀(福士蒼汰)を頼ることに不満を抱く。そんな中、山縣の銀行員時代のライバル・海浦(岸部=2役)が来店。山縣と同様、資格マニアの海浦はソムリエ資格を持たない山縣に皮肉たっぷりで、一触即発の雰囲気になるが、仮名子(石原さとみ)の横やりでむしろ意気投合することに。閉店後、伊賀は山縣からソムリエ試験を勧められる。

    前回までのあらすじを見る


  • 記者会見情報

    石原さとみ/黒須仮名子

    なんか見てしまうドラマだな、楽しいなって思ってもらえるように頑張ります

  • スタッフ
    • 原作:佐々木倫子「Heaven? ご苦楽レストラン」(小学館)

    • 脚本:吉田恵里香

    • 演出:木村ひさし

    • 演出:松木彩

    • 演出:村尾嘉昭

    • プロデューサー:瀬戸口克陽

    • 主題歌:真夏の夜の匂いがする/あいみょん

  • キャスト
    • 黒須仮名子 役

      フレンチレストラン「ロワン・ディシー」のオーナー。店を繁盛させる気がない風変わりなところがある。迷いがなく常に前向き。裏表がなく本質を突く発言をする。思いつきで行動することが多いため周囲も振り回されるが、その言葉は本心であるため、やけに従業員の心に響く。

    • 伊賀観 役

      「ロワン・ディシー」のシェフドラン(上級ウエーター)。真面目で営業スマイルができない。前に勤めていた店に客として来た仮名子にスカウトされる。個性的なオーナーや従業員たちの暴走を軌道修正するなど苦労が絶えない。大学受験のトラウマで、試験と名の付くものが苦手。

    • 川合太一 役

      「ロワン・ディシー」のコミドラン(ウエーターアシスタント)。前職は美容師見習いで飲食店で働いた経験はゼロ。明るくいつも笑顔だが、物覚えが悪くなかなか戦力にならない。憎めない性格で人には好かれる。流行やSNS情報に敏感。

    • 堤計太郎 役

      「ロワン・ディシー」の店長。フレンチレストランの経験はなく、前職は牛丼店の店長。庶民的な感覚の持ち主。肝が小さく、トラブルが起こるたびにパニックになる。スケールの小さい節約と平凡な企画力で、経営に微力ながら尽力する。

    • 小澤幸應 役

      「ロワン・ディシー」のシェフ。三ツ星レストランに勤務していたこともあるが、なぜか在籍した店が次々と潰れる不運に見舞われる。他店のオーナーは雇いたがらないが、仮名子に「掘り出し物」だとスカウトされる。心配性で弱気になると味が薄くなる傾向がある。

    • 山縣重臣 役

      元銀行役員で「ロワン・ディシー」のソムリエ。フレンチの経験はないが資格マニアで、銀行を定年退職した後、ソムリエの資格取得のために店で働いている。年寄りであることを逆手にとって、人を丸め込むことも多いおちゃめな性格。仮名子に物申すことができる人物として一目置かれている。

  • 概要

    佐々木倫子の同名漫画を原作に、石原さとみが変わり者のオーナー・黒須仮名子役で主演するコメディー。フレンチレストラン「ロワン・ディシー」を舞台に、仮名子に翻ろうされ、さまざまなトラブルに巻き込まれていく従業員たちが、一致団結して問題解決に向けて奮闘する姿を描く。
    従業員役には福士蒼汰、志尊淳、勝村政信、段田安則、岸部一徳と豪華キャストが集結。お世辞にも一流とは言えない従業員たちが、大きな欠点を抱えながらも“その人ならでは”の役割を担うようになり、やがて“なくてはならない存在”となっていくのも見どころとなる。脚本は「花のち晴れ~花男 Next Season~」(同系)を手掛けた吉田恵里香が担当する。

  • ストーリー

    フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は真面目で融通が利かず、営業スマイルもできず周囲から全く評価されていなかった。そんな中、近々フレンチレストランをオープンするという黒須仮名子(石原さとみ)が現れ、伊賀をスカウトしたいと申し出る。
    「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ」という、仮名子の言葉に胸を打たれた伊賀は、黒須のレストラン「ロワン・ディシー」で働くことを決意する。しかし、その店は繁華街や住宅地からも遠く離れた墓地の中にあり、黒須が集めた従業員も、元美容師見習い、元牛丼店の店長、元銀行役員など、シェフ以外は未経験の素人ばかりだった。

  • 公式サイト(外部サイト)