ページトップ
  • 足立梨花と白洲迅のW主演でアジアで大人気の台湾ドラマを日本版リメーク

    僕はまだ君を愛さないことができる

    フジテレビ
    毎週月曜 26:50~27:50

    236人が見たい!

    あらすじ 8月26日放送分(第7話)
     5年前、起業に失敗して陽(足立梨花)の前から突然姿を消した元カレ・竜星(浅香航大)から蓮(白洲迅)に連絡が入る。竜星と会い、陽のことを今も思っていると聞かされた蓮は、また陽が傷つけられるのではないかと心配で仕方ない。一方、麻希(松本妃代)の紹介で陽はお見合いをするが、相手の態度が傲慢で…。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:脚本:シュー・ユーティン 「イタズラな恋愛白書」 

    • 脚本:新井友香

    • 脚本:古賀文恵

    • 脚本:今奈良孝行

    • 監督:熊坂出

    • 監督:玉澤恭平

    • 監督:山田卓司

    • プロデューサー:櫻井由紀

    • プロデューサー:東康之

    • プロデューサー:代情明彦

    • プロデューサー:伊藤太一

    • 挿入歌:小粋なバイバイ/indigo la End

    • エンディング:結び様/indigo la End

  • キャスト
    • 足立梨花
      御手洗陽 役

      靴メーカー「ダイアナ」に勤務する主任で、愛する靴の仕事にやりがいを感じている。仕事にも恋にも一生懸命だが、恋愛はあまりうまくいっていない。正義感が強く、簡単には妥協しない努力家だが、お人よしの一面も。高校時代からの幼なじみである蓮は、よき理解者で一番の親友。

    • 白洲迅
      石田蓮 役

      都市の再開発などを手掛けるデベロッパー「芹沢地所」に勤務。誰に対しても優しく、気遣い上手なのでモテるが、これまで付き合った数人の女性とは、親しすぎる陽の存在が原因で破局している。陽に思いを寄せながらも親友として優しく見守る。高校時代、陽に「絶対に好きにならない」と宣言している。

    • 浅香航大
      水沢竜星 役

      陽の元カレ。5年前、起業に失敗したことで自暴自棄になり、突然陽の前から姿を消した。ベンチャー企業の社長になって再び陽の前に現れ、復縁を迫る。

    • 松本妃代
      河野麻希 役

      蓮の会社の後輩。理想の結婚相手である蓮に対して、猛烈なアプローチをかける。

    • 佐久間悠
      鳴海悠 役

      陽の会社の後輩。優しい性格で甘いマスクの持ち主。絶妙な気配りで陽に接近していく。

  • 概要

    “恋人以上”の親友関係である男女2人が織り成す恋模様をリアルに描き、アジア中で大ヒットした台湾のテレビドラマ「イタズラな恋愛白書」を、「イタズラなKiss」シリーズ、「きみはペット」(共に同系)などを手掛けたスタッフと日本人キャストでリメーク。原作の魅力的な部分はそのままに、日本オリジナルの要素もたっぷり詰め込んだラブストーリーが展開する。
    仕事にも恋にも一生懸命なヒロインの御手洗陽を足立梨花、そんな陽に思いを寄せながらも、親友として優しく見守る石田蓮を白洲迅が演じる。2人の関係に波乱を起こす水沢竜星を浅香航大が演じるほか、松本妃代、佐久間悠らが共演する。

  • ストーリー

    靴メーカーに勤務する御手洗陽(足立梨花)は、順調に仕事のキャリアを積んでいるが、恋愛面では失恋ばかり。そんな陽にとって、高校・大学時代の同級生である石田蓮(白洲迅)は、最大の理解者で、唯一本音を打ち明けられる大親友だ。
    陽の29歳の誕生日、2人は“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。お互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、それぞれの職場の後輩からアプローチされる。さらに、陽の元カレ・水沢竜星(浅香航大)が姿を現したことで、陽と蓮の関係は次第に変化していく。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 三浦春馬が娘を救うために逃亡する主人公に! 2週間のタイムリミットサスペンス

    TWO WEEKS

    フジテレビ系
    毎週火曜 21:00~21:54

    1908人が見たい!

    あらすじ 8月27日放送分(第7話)
     柴崎(高嶋政伸)の密会相手が早穂子(黒木瞳)と知った結城(三浦春馬)と楓(芳根京子)は証拠のデジカメを灰谷(磯村勇斗)に奪われ、柴崎を糾弾する手立てを失ってしまう。すみれ(比嘉愛未)から結城の訴えを聞いた有馬(三浦貴大)は8年前の事件を調査。一方、恩人の早穂子を信じたい楓は意を決して彼女の元を訪ねる。その頃、1人でいるはな(稲垣来泉)の病室に柴崎が現れ…。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:脚本:ソ・ヒョンギョン MBC「TWO WEEKS」

    • 脚本:山浦雅大

    • 演出:本橋圭太

    • 演出:木内健人

    • プロデューサー:岡光寛子

    • プロデューサー:白石裕菜

    • プロデューサー:平部隆明

    • 主題歌:Fight for your heart/三浦春馬

  • キャスト
    • 結城大地 役

      8年前のある出来事から、人生を諦めて刹那的に生きてきたが、突然存在を知らされた白血病の娘・はなの骨髄移植のドナーとして、生きる意味を見いだす。何者かの策略で殺人事件の犯人として逮捕されてしまうが、2週間後に移植手術を行うために、決死の逃亡を図る。殺人未遂の罪で服役した過去を持つ。

    • 月島楓 役

      正義感にあふれた新米検事。8年前の殺人未遂事件がきっかけで父親を亡くし、家庭を壊された経験があり、現在もかつての事件の黒幕に復讐するため独自に捜査を進める。鍵を握る協力者が遺体で発見され、その現場に居合わせた結城を追うために、殺人事件の担当検事に名乗り出る。

    • 青柳すみれ 役

      結城のかつての恋人。8年前、結城から一方的に別れを告げられた後、結城に黙ってはなを産み、シングルマザーとして育ててきた。白血病に侵されたはなのドナー適合者を探すため、はなの父親である結城の元を訪れる。不運に見舞われながらもひたむきに生きる心(しん)の強さを持つ。

    • 有馬海忠 役

      すみれの婚約者で、逃亡した結城を追う刑事。鋭い洞察力と冷静な判断力を持つ優秀な刑事であり、すみれとはなを献身的に支える心優しい男性。結城がはなの父親であることは知らされないまま、結城を捜索する最前線に立つ。

    • 柴崎要 役

      「柴崎コーポレーション」の社長。高級クラブや質店など多角的な経営を進めるほか、投資コンサルティングセミナーで顧客を集めている。自分の欲のためなら、法や倫理に反した手段もいとわない。結城とは古くから付き合いがあり、8年前のある出来事にも関わっている。

    • 久我早穂子 役

      国会議員で、楓にとってよき理解者であり最強の味方。前職の弁護士だった頃から楓の家族と知り合いで、今も楓を娘のようにかわいがり、相談役として支え続けている。息子が難病に侵された経験から、小児医療関係の政策に率先して取り組み、国民からの支持も厚い。

  • 概要

    殺人の濡れ衣を着せられた主人公が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。娘のために逃亡を図る男と、父親のために復讐を誓った女性検事の運命が交差し、検察、警察、政治家、闇の組織など、さまざまな立場の登場人物の思惑や陰謀が複雑に絡み合い、8年前と現代の二つの事件の真実が明らかになっていく。
    殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、一度は人生を諦めたものの父性愛に目覚め、娘のために執念の逃亡を続ける主人公・結城大地を、父親役初挑戦の三浦春馬が演じる。父親の復讐に燃え、大地を追う新米検事・月島楓には芳根京子が扮し、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが共演する。

  • ストーリー

    人生に希望を持たずに毎日を過ごしていた結城大地(三浦春馬)の前に、“ある出来事”により一方的に別れを告げた最愛の女性・青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。結城はすみれから、結城との娘を産んでいたこと、そしてその“はな”という名の8才になる娘が白血病であることを告げられる。
    突然明らかになった娘の存在に戸惑うものの、はなに会って父性愛に目覚めた結城は、骨髄移植のドナーに適合したことで再び自分が生きる意味を見いだす。ところが、その矢先に結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまう。このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、逃亡生活に身を投じる。

  • 公式サイト(外部サイト)