ページトップ

個性豊かで魅力的な女性バーテンダー“バーメイド”たちの織り成すお仕事ドラマ

真夜中ドラマ「まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を。~」

BSテレ東 毎週土曜24:00~24:30

87人が見たい!
会見情報

BSテレ東で放送する、真夜中ドラマ「まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を。~」の会見に、出演者の木竜麻生、玄理、八木アリサが出席した。イラストレーター・早川パオの漫画デビュー作を実写化した同作は、月夜に現れては消える不思議な「屋台バー」のバーテンダー・月川雪(木竜)、雪と同居する先輩バーテンダーの伊吹騎帆(玄理)、陽乃崎日代子(八木)らの成長を描くお仕事ドラマ。
木竜は、「たくさんカクテルが出てくるので、こんなものがあるんだと楽しんで見てもらえるはず」と主演ドラマをアピール。玄理は「木竜さんは役のままというか、そっくり。八木ちゃんはつかみどころのない人」と紹介。フレアバーテンダーという設定の八木は、「お手玉とか球技のようなものが下手なので無理だと思ったけれど、教えてくださる方が上手でなんとか形になったのではないか」と満足そうだった。
会見コメント
  • 「バーテン役の一つ一つの動作が難しかったです」と木竜

    「バーテン役の一つ一つの動作が難しかったです」と木竜

  • 木竜麻生/月川雪

    練習のためにバーに通っているうちに、もっと飲んでみたいと思いました

    屋台バーでバーテンダーをしている役で、いろいろなゲストの方にカクテルを作る女の子です。たくさんカクテルが出てくるので、こんなものがあるんだと楽しんで見てもらえるはずです。
    (共演する2人について)第一印象は、お二人とも奇麗。紙面や映像で拝見していた方だったので、ご一緒するのが変な感覚でした。現場では、私を輪に入れてくれて話をしていただけたので、一緒に生活しているお姉さんだと思えました。とにかく眼福で、目の保養にしています。
    バーテンダー役としては、ボトルを持つアクションにしても、一つ一つの動作が難しかったです。シェイクする時に、体の重心を下に落として軸がぶれないようにシェイクするというのを体で覚えなければいけないので、それが難しかったです。
    お酒を飲むこと自体は好きだけど、強くはないです。バーテンダーの練習のために、バーに通ってカクテルの種類を聞いていくうちに、もっと飲んでみたいと思いました。

  • 「ホテルのお仕事ドラマとしても興味を持って見てもらいたいです」と玄理

    「ホテルのお仕事ドラマとしても興味を持って見てもらいたいです」と玄理

  • 玄理/伊吹騎帆

    このドラマで試飲した時、あまりのおいしさに感動しました

    私は、高級ホテルのバーで仕事をするバーテンダー役です。演じる中で、プライベートでバーに行った時に注目して見ることがなかった、バーテンダーさんのお仕事と背景に興味が湧きました。バーテンダーといえどもホテルの従業員でもあるので、世界の同じ系列のホテルで同じ味を作らなければいけないという決まりがあるそうで、ホテルのお仕事ドラマとしても興味を持って見てもらいたいです。
    木竜さんは、役のままというか、そっくりです。スタッフさんにかわいがられていじられていて、すごくニコニコと穏やかで、そのままだと思いました。八木ちゃんは、空き時間があると床で寝て、長時間空くとふらっとどこかに行ってしまって、1人で焼き鳥とかを食べています。つかみどころのない人です。
    個人的に、バーに行って飲むことがなかったのですが、このドラマで試飲した時、あまりのおいしさに感動しました。

  • 「お手玉とか球技のようなものが下手なので、この役は無理だと思った」と八木

    「お手玉とか球技のようなものが下手なので、この役は無理だと思った」と八木

  • 八木アリサ/陽乃崎日代子

    ボトルを投げてジャグリングっぽく扱うパフォーマンスのフレアバーテンダー役です

    フレアバーテンダーという、ボトルを投げてジャグリングっぽく扱うパフォーマンスが華やかな仕事をしている役です。ムードメーカーで、感情の動きがあるので、ドラマのいいスパイスになっていればと思います。
    皆さんとは、初めてお会いした時から「キャラのままなのかな?」という印象で、セリフでの会話が多いから、玄理さんはボーイッシュな感じが似合うし、木竜さんはミステリアスで素朴という役柄そのままの印象です。
    元々が、お手玉とか球技のようなものが下手なので、バーテンダー役は無理だと思っていました。でも、教えてくださる方が上手で、なんとか形になったのではないかと思います。
    お酒は好きですが日本酒やハイボールが好きなので、シャカシャカが必要ないものが好きです(笑)。