ページトップ
  • 倉本聰オリジナル脚本の帯ドラマ劇場を1年間放送! 新加入メンバーも共に物語を紡ぐ

    やすらぎの刻~道

    テレビ朝日系
    毎週月曜~金曜 12:30~12:50

    1531人が見たい!
  • 8月12日~(第19週)
     認知症の兆候があるめぐみ(松原智恵子)は、検査後、秀次(藤竜也)に頼み事をする。一方、栄(石坂浩二)の元に冴子(浅丘ルリ子)とマヤ(加賀まりこ)が血相を変えて現れる。「やすらぎの郷」には以前からの住人である冴子ら主流派と怜子(大空眞弓)ら新興勢力という派閥が生まれつつあった。そんな中、怜子ら一派が乃木坂テレビの開局60周年記念番組に出演することになる。

    やすらぎの刻~道

  • 8月5日~(第18週)
     真野(ミッキー・カーチス)が流したみどり(草刈民代)に関する作り話がすぐに広まり、真野は喜々として拡散したルートを調べる。そんな中、栄(石坂浩二)は名倉(名高達男)の呼び出しを受けた。同じ頃、元女優・めぐみ(松原智恵子)ら新入居者が一気に増え、施設の雰囲気が変わり始める。

    やすらぎの刻~道

  • 7月29日~(第17週)
     鉄兵が見つからないまま、村では金属類回収令の下、寺のつり鐘が外されることに。公平(風間俊介)は鐘の音を懐かしみながら公次(宮田俊哉)に手紙を書く。その夜、公平らは庭先で公次がたたずむ姿を目にする。年が明けた昭和18年、しの(清野菜名)から手紙が届く。「道」をその時代まで進めた栄(石坂浩二)を現実に引き戻すように、マヤ(加賀まりこ)が噂話を持ち込む。

    やすらぎの刻~道

  • 7月22日~(第16週)
     三平(風間晋之介)はしの(清野菜名)から家を出たい理由を聞くが、しのの言うことが理解できない。一方、公平(風間俊介)はニキビ(関口アナン)からの手紙で、満蒙開拓団の一人・紀子(佐久間麻由)が病に侵されて帰国したことを知る。紀子は公一(佐藤祐基)の元恋人だった。公平が公一と共に紀子の様子を見に行くと、彼女は病が伝染するからと山の蔵に隔離されていた。

    やすらぎの刻~道

  • 7月15日~(第15週)
     栄(石坂浩二)の部屋に突然、亡き父・栄一(梅宮辰夫)が現れた。栄一は、栄のドラマが天国で評判だが、忘れっぽい天国の住人のためにドラマのあらすじを最初から語ってくれと頼む。栄は「やすらぎの郷」の個性豊かな入居者達が起こした騒動や、執筆するシナリオ「道」について語り始める。一方、「道」では公一(佐藤祐基)らがしの(清野菜名)に家を出たい理由を問う。

    やすらぎの刻~道

  • 上野樹里が13年ぶりの月9主演で新米法医学者に。初共演の時任三郎と父娘役

    監察医 朝顔

    フジテレビ系
    毎週月曜 21:00~21:54

    2670人が見たい!
  • 8月19日放送分のあらすじ(第6話)
     自宅で夫婦の遺体が見つかった。現場へ赴いた朝顔(上野樹里)は、新任の検視官・丸屋(杉本哲太)から実況見分を統括するのは自分だと厳しく注意された上、2人の所見は割れてしまう。朝顔は妻の肋骨骨折の原因を探り始める。一方、平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、同居する第一発見者で次女の友里(小林星蘭)と、長女で寮住まいの看護学生・美咲(恒松祐里)から聴取。桑原は、友里の服装が気に掛かる。

    監察医 朝顔

  • 8月12日放送分のあらすじ(第5話)
     心霊スポットで白骨体が見つかり、法歯学者の絵美(平岩紙)を中心に身元の特定作業が始まる。子どものような小さな骨も混在し、1人分ではないと判明する中、朝顔(上野樹里)は骨折痕に気付く。第一発見者は幽霊らしきものが写った動画を見て現地へ行ったと証言。一方、桑原(風間俊介)と子どもの名前の話をした平(時任三郎)は、里子(石田ひかり)との時間を思い返す。

    監察医 朝顔

  • 8月5日放送分のあらすじ(第4話)
     東日本大震災で行方不明になったままの妻・里子(石田ひかり)を捜しに東北へ行った平(時任三郎)は、義父の浩之(柄本明)から声を掛けられる。一方、青酸カリによる自殺が疑われる女性遺体が見つかり、平ら警察は薬の入手先サイトの情報を公開。そんな中、朝顔(上野樹里)らは首に切り傷がある男性遺体を解剖した。すると遺体から青酸ガスが発生し、朝顔は倒れてしまう。

    監察医 朝顔

  • 7月29日放送分のあらすじ(第3話)
     朝顔(上野樹里)は、恋人の桑原(風間俊介)からプロポーズされるが、すでに2人の関係に気付いていた平(時任三郎)は、「あいさつがない」と言って交際に反対する。翌朝、平は朝顔と話すことを拒むかのように、いつもより早く出かけようとする。そんな平を朝顔が玄関まで追いかけたその時、2人のスマートフォンにある連絡が入る。

    監察医 朝顔

  • 7月15日放送分のあらすじ(第2話)
     医学部生の光子(志田未来)が法医学教室でアルバイトを始める中、身元不明の男性遺体の解剖が行われ、凍死と分かる。男性は夏の日の当たる路地裏で見つかっており、理由が気になる朝顔(上野樹里)は現場を調べる。やがて平(時任三郎)らの捜査で遺体が課長(川瀬陽太)と呼ばれるホームレスだと判明。課長は周囲ともめていた。一方、桑原(風間俊介)は朝顔に求婚するが…。

    監察医 朝顔