【5/17(月)第1話放送】
連続テレビ小説「おかえりモネ」

NHK総合

毎週月曜~土曜8:00~8:15

ヒロイン・清原果耶が気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける

第1週 あらすじ 5月17日~5月21日放送分

【5/17(月)第1話放送】<br>連続テレビ小説「おかえりモネ」 第1週 あらすじ 5月17日~5月21日放送分

『月』2014年春。百音(清原果耶)は高校卒業後に宮城・気仙沼の離島・亀島から内陸の登米に移住。祖父・龍己(藤竜也)と旧知の仲の大山主・サヤカ(夏木マリ)の家に下宿し、森林組合の見習職員になった。百音が心配な実家の父・耕治(内野聖陽)は頻繁に電話をするが、百音は忙しく連絡が取れない。
『火』樹齢300年のヒバの木をサヤカに教えられ、心揺さぶられる百音。だが、伐採の話も進んでいた。森林組合の課長・翔洋(浜野謙太)は能の定例会を控え落ち着かない。そんな中、百音は水産高校に通う妹・未知(蒔田彩珠)の取り組みをニュースで見る。
『水』人気気象キャスター・朝岡(西島秀俊)が、漫画家・石ノ森章太郎の原画展を見に東京から登米に来て大騒ぎに。朝岡はサヤカと縁があった。一方、百音は、未知や診療所の医師・菅波(坂口健太郎)と比べ、将来が定まらない自分に引け目を感じていた。
『木』森林セラピーを体験した朝岡は風向きや雨雲の様子から天気の変化を正確に言い当て、百音達を驚かせる。夕方の能の定例会は雨天中止の可能性が高まり、落胆する翔洋を見た百音は夕方までに雨はやみそうかと朝岡に聞く。
『金』能の定例会が始まり、百音はサヤカの奏でる笛の音や能舞台に立つ翔洋の姿に感動。定例会後にサヤカが電話で龍己と話をしていると、龍己は受話器越しに聞こえる百音の楽しそうな声に驚く。翌日、百音達は朝岡の希望である光景を見に行く。

概要

【5/17(月)第1話放送】<br>連続テレビ小説「おかえりモネ」

“海の町”宮城県気仙沼で生まれ育ち、“森の町”登米で青春を送るヒロインが、気象予報という「天気」に向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく希望の物語。安達奈緒子によるオリジナル作品で、ヒロイン・永浦百音を「透明なゆりかご」(同局)でも安達とタッグを組んだ清原果耶が演じる。
百音の両親には内野聖陽、鈴木京香が扮するほか、百音と共に成長していく若手医師役で坂口健太郎、百音を気象予報の世界に導くキャスター役で西島秀俊が出演。また、百音の同級生役で永瀬廉が連続テレビ小説初出演を果たす。やがて一人前の気象予報士となった百音は、家族や幼なじみたちと力を合わせ、ふるさとに貢献する道を探す。

ストーリー

気仙沼湾沖に浮かぶ緑豊かな島で育ち、故郷が大好きだった永浦百音(清原果耶)は、「3.11」の時にある理由から「自分は何もできなかった」と後ろめたさを抱き、内陸の登米へと移り住む。以来、誰かの役に立ちたいと願い、林業に携わるなど生き方を模索する中で、天気予報の可能性と出合う。▼お天気ニュースにとどまらず、あらゆるジャンルに情報提供を行う気象予報士は、人々の生活にガッツリ関わり、笑顔にしていく仕事。不器用だけど真っすぐな百音は懸命に努力し、やがて資格を獲得。東京へ出て一歩一歩、予報士として成長していく。その胸にはいつも、故郷と家族への思いがあった。

スタッフ

脚本:安達奈緒子
演出:一木正恵
演出:梶原登城
演出:桑野智宏
演出:津田温子
制作統括:吉永証
制作統括:須崎岳
プロデューサー:上田明子
主題歌:なないろ/BUMP OF CHICKEN

キャスト

清原果耶 /永浦百音 役
1995年生まれ。気仙沼湾沖の自然豊かな島で育った明るく伸びやかな性格の少女。中学時代はアルトサックスに打ち込んでいたが、思うところあって高校卒業と同時に故郷と家族から離れ、登米市の森林組合で働き始める。そこで天気予報の可能性と魅力を知り、やがて気象予報士を目指していく。

鈴木京香 /永浦亜哉子 役
百音の母。仙台出身の元小学校教師で、生真面目な性格。夫の耕治と結婚後、島の人々の明るさと温かさにほれ込み、気仙沼に移住。今は義父のカキ養殖業を手伝いながら、亡き義母が切り盛りしていた民宿を再開できないかと思っている。登米で自分の将来を模索する百音を信じ、応援する。

坂口健太郎 /菅波光太朗 役
サヤカが開設した診療所の医師。東京の大学病院に籍を置き、1週おきに診療所へやって来る。地域医療に興味がないのか、常にドライで無愛想。百音とも反りが合わなかったが、やがてその明晰な頭脳を生かして百音に気象予報の勉強を教え始め、距離が縮まっていく。

永瀬廉 /及川亮 役
百音の同級生。百音とは幼少時から不思議と馬が合い、気心が知れた仲。高校卒業後、すぐに漁師見習いとして漁船に乗り始める。運動神経抜群かつ気配りのできる性格のため、とにかくモテるが、本人は意に介せずひょうひょうとしている。実は人知れず、父親との関係に悩んでいる。

蒔田彩珠 /永浦未知 役
百音の2歳年下の妹。勉強が得意で、堅実に先を読んで行動するしっかり者。百音とは正反対の性格だが、昔から仲の良い姉妹。父と姉に代わり、自分が家業の養殖を担おうと、水産高校で勉強に打ち込んでいる。後に水産試験場に就職。不器用で意地っ張りな一面も。

浜野謙太 /佐々木翔洋 役
百音が働く森林組合の課長。組合長でもあるサヤカの急な発案などに振り回されつつ、日夜現場のために汗をかき、働いている。百音に林業のイロハはもちろん、森林セラピーなどユニークな事業も教える。伊達藩時代から続き、市民が守っている地元の「能」の伝承者でもある。

浅野忠信 /及川新次 役
亮の父。以前は気仙沼で右に出る者はいないと言われたカリスマ的漁師だった。百音の父・耕治と親友で、母・亜哉子が産気づいた時には嵐の中を船で本土へ運び、赤ん坊の命を守った。震災で自分の船を失ってから、立ち直るきっかけをつかめずにいる。

西島秀俊 /朝岡覚 役
テレビで有名な気象キャスター。物腰が柔らかく、登米を訪れた際、百音に「気象予報は未来を予測できる世界」と教える。東京の民間気象予報会社で働き、各分野の「気象ビジネス」にも精力的に取り組んでいる。やがて上京した百音の上司となる。

藤竜也 /永浦龍己 役
百音の祖父。実直で海をこよなく愛する、カキ養殖の名人。若い頃は遠洋漁業のマグロ船に乗っていたが、やがて養殖業に転向。手間暇を惜しまないカキづくりで、遠方から注文するファンも多い。寡黙で頑固だが心優しく、幼い頃の百音や未知に、海や森の豊かさを伝える。

夏木マリ /新田サヤカ 役
登米の資産家。伊達家家老の子孫とうわさされ、あだ名は“姫”。所有する山林を森林組合に託し、カフェや診療所も経営している。百音の祖父・龍己とは旧知の仲で、登米にやって来た百音を下宿させている。豪快かつ懐の深い人物で、百音に森の豊かさと厳しさをたたき込んでいく。

内野聖陽 /永浦耕治 役
百音の父。実家の漁業を継がず、地元の銀行に勤めている。若い頃はトランペット奏者として鳴らし、百音が音楽と出合うきっかけを作った。2人の娘のことが大好きで、故郷を離れて登米に暮らす百音が心配でしょうがない。陽気で屈託のない性格で、妻の亜哉子に頭が上がらない。

掲載期間:2021年4月1日〜2021年6月末

更新日:

他のドラマ情報を見る

Yahoo!テレビ.Gガイド メニュー