【4/24(土)第1話放送】
コタローは1人暮らし

テレビ朝日系

毎週土曜23:30~24:00

横山裕&訳あり5歳児が織り成すハートフル・コメディー

第4話 あらすじ 5月15日放送分

 銭湯の休業で風呂に入れないコタロー(川原瑛都)は、狩野(横山裕)らと距離をとる。どうも嫌な思い出があるようだ。幼稚園では、お祭りを控え、花輪(西畑大吾)が保護者の手伝いを募集。挙手がなく静まりかえる中、狩野は手を挙げ、1人で全てを引き受ける。そんな折、田丸(生瀬勝久)の元を、息子の勇太(小山蒼海)が訪ねてきた。ところが田丸は勇太に帰るよう告げ…。

概要

【4/24(土)第1話放送】<br>コタローは1人暮らし

累計部数100万部を突破した津村マミの同名コミックを、連続ドラマ初主演となる関ジャニ∞・横山裕を迎えて初映像化。子連れ入居禁止のアパートで自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進の隣に、訳ありな1人暮らしの5歳児・さとうコタローが引っ越してきたことから巻き起こるハートフル・コメディー。
何かとコタローの世話を焼き、1人の人間として一緒に成長していく狩野を横山、感情をほとんど表に出さない大人びた5歳の少年・コタローを、子役の新星・川原瑛都が演じる。「きょうの猫村さん」(テレビ東京)などで知られる監督・松本佳奈が演出を手掛け、横山&川原の凸凹コンビとアパートの住人たちが織り成す優しい物語を紡ぐ。

ストーリー

子連れ入居禁止の「アパートの清水」に住む売れない漫画家・狩野進(横山裕)。インターホンが鳴りドアを開けると、高級ティッシュを差し出す小さな男の子が1人で立っていて「隣に越してきた“さとう”と申す。以後、お見知りおきを」とあいさつ。けげんな表情を浮かべる狩野にさとうコタロー(川原瑛都)は、自分は1人暮らしだとキッパリ宣言する。
大人顔負けの言動でしっかり者だが、アニメ「とのさまん」が大好きで、主人公と同じ“殿様語”を話すなど子どもらしい一面も持つ訳あり5歳児・コタロー。「面倒なヤツが引っ越してきたな…」と思いつつも世話を焼く狩野と、アパートの住人たちの不思議な交流が始まる。

スタッフ

脚本:衛藤凛
監督:松本佳奈
プロデューサー:三輪祐見子
プロデューサー:都築歩
プロデューサー:尾花典子
プロデューサー:松野千鶴子
プロデューサー:岡美鶴
主題歌:ひとりにしないよ/関ジャニ∞

キャスト

横山裕 /狩野進 役
子連れ入居禁止「アパートの清水」の住人。出版社の漫画賞を受賞して以降、鳴かず飛ばずの売れない漫画家。1日中家に引きこもって自堕落な生活を送っている。隣の部屋に引っ越してきた大人顔負けの言動をする1人暮らしの5歳児・コタローのことを面倒に思いつつも、何かと世話を焼くようになる。

川原瑛都 /さとうコタロー 役
「アパートの清水」の住人。大家に「家賃が払えるなら別にいーよ」と言われ、1人で越してきた訳あり5歳児。笑顔を見せず、ほぼ無表情。大好きなアニメ「とのさまん」のまねをして、「わらわ」「おぬし」「いってまいる」といった殿様語を話す。新聞を5紙購読、ゴミの分別も完璧と、とても5歳とは思えないしっかり者だが、時に子どもらしい一面も見せる。

山本舞香 /秋友美月 役
「アパートの清水」の住人。キャバクラ嬢で、源氏名はミキ。コタローを“コタローちゃん”と呼んでかわいがる。いつも明るく元気だが、実はヒモの彼氏に悩まされている。

西畑大吾 /花輪景介 役
「幼稚園の清水」の新任教諭。優しく一生懸命だが、仕事に慣れず、いつもアタフタしている。過去のある経験から子どもたちに寄り添いたいという気持ちが強く、コタローのことも常に気に掛けている。

百田夏菜子 /小林綾乃 役
「鈴野法律事務所」の弁護士。真面目で優秀。所長に命じられて、週に1回コタローに“優しい人からの寄付”という名目のお金を届けているが、実は子どもが苦手。

生瀬勝久 /田丸勇 役
「アパートの清水」の住人。柄の悪さから怖い人に思われがちだが大の子ども好き。コタローを“コタローきゅん”と呼んで溺愛する。離婚した妻に引き取られた息子に会えず、寂しい思いをしているため、コタローに遊んでもらうことが何よりうれしい。

掲載期間:2021年4月1日〜2021年6月末

更新日:

他のドラマ情報を見る

Yahoo!テレビ.Gガイド メニュー