【4/18(日)第1話放送】
WOWOW開局30周年記念 連続ドラマW 華麗なる一族

WOWOWプライム

毎週日曜22:00~23:00

中井貴一主演で山崎豊子の傑作小説をドラマ化。向井理と藤ヶ谷太輔が兄弟役

第5話 あらすじ 5月16日放送分

【4/18(日)第1話放送】<br>WOWOW開局30周年記念 連続ドラマW 華麗なる一族 第5話 あらすじ 5月16日放送分

 大介(中井貴一)は合併を優位に進めるべく、東京事務所所長・芥川(高嶋政伸)から得た他行の不正融資の情報を、大蔵大臣・永田(石坂浩二)に伝える。さらに、芥川らに工作活動を指示。阪神特殊製鋼の鉄平(向井理)の元には米国の大口取引先から取引を一時停止したいという連絡が入る。

概要

【4/18(日)第1話放送】<br>WOWOW開局30周年記念 連続ドラマW 華麗なる一族

山崎豊子の傑作小説を豪華キャストで連続ドラマ化。大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期を舞台に、中井貴一演じる阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に一族の繁栄と崩壊が描かれる。脚本は、同局「連続ドラマW 沈まぬ太陽」などの前川洋一。監督は、映画「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」や数々の名作ドラマを手掛けた西浦正記が務める。
大介の長男で、夢を実現するために情熱を燃やす鉄鋼マン・鉄平を向井理が、大介の次男のエリート銀行員・銀平を藤ヶ谷太輔が演じるほか、吉岡里帆、松本穂香、要潤、美村里江、笹本玲奈、福本莉子、麻生祐未、内田有紀らが出演する。

ストーリー

高度経済成長期の日本。阪神銀行のオーナー頭取で「万俵コンツェルン」の総帥でもある万俵大介(中井貴一)は、長女・一子(美村里江)の夫である大蔵省のエリート官僚の美馬中(要潤)から、都市銀行再編の動きを聞きつけ、生き残りを目指し大手銀行を吸収合併しようと画策する。
一方、万俵家には、大介の妻・寧子(麻生祐未)、「阪神特殊製鋼」の専務取締役である長男・鉄平(向井理)、阪神銀行に勤める次男・銀平(藤ヶ谷太輔)、次女・二子(松本穂香)、三女・三子(福本莉子)のほか、長く同居する大介の愛人・高須相子(内田有紀)の存在があった。鉄平は、悲願である高炉建設の融資を巡って大介と対立し、2人は確執を深めていく。

スタッフ

脚本:前川洋一
監督:西浦正記
監督:池澤辰也
プロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:高江洲義貴
プロデューサー:稲葉尚人
プロデューサー:佐藤雅彦

キャスト

中井貴一 /万俵大介 役
預金高10位にランクされる阪神銀行のオーナー頭取であり、銀行のほかにも多くの事業を手掛ける「万俵コンツェルン」の総帥。長女・一子の夫である大蔵省のエリート官僚の美馬から、金融業界でこれから始まる再編成・合併の話を聞きつけ、銀行と万俵家の生き残りを懸けて、壮絶な戦いを繰り広げていく。

向井理 /万俵鉄平 役
大介の長男で、「万俵コンツェルン」の一翼を担う「阪神特殊製鋼」で高炉建設に尽力する専務。その心の広さや情熱あふれる性格から社員たちに慕われており、母・寧子や弟・銀平、妹たちから愛されている万俵家の良心。故人である万俵財閥の創設者である祖父・敬介に容姿が似ている。

藤ヶ谷太輔 /万俵銀平 役
大介の次男で、いずれは頭取の座を継ぐであろう阪神銀行の貸付課長。大介に似た端麗な顔、一分の隙もないあか抜けた身なりで、周囲の雰囲気や慌ただしい人の出入りと関わりないような姿勢で仕事を運び、常に冷静な判断ができる切れ者。

麻生祐未 /万俵寧子 役
大介の妻。京都の公卿華族の嵯峨子爵の出という門地の高さと、純日本風の美しさがある。相子により、妻妾同居という奇異な生活を強いられるようになるが、平静を保ち続けてきた。悪夢のような毎日だが、息子、娘たちの幸せを第一に願っている。

内田有紀 /高須相子 役
表向きは住み込みの家庭教師で大介の愛人。大介の子どもたちの縁談を司り、閨閥作りを担う。その政治力はさることながら、抜群の美貌の持ち主で、時として娘たちをも圧倒し、大介を手懐けている。

掲載期間:2021年4月1日〜2021年6月末

更新日:

他のドラマ情報を見る

Yahoo!テレビ.Gガイド メニュー