【4/17(土)第1話放送】
コントが始まる

日本テレビ系

毎週土曜22:00~22:54

菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音ら同世代俳優で描く青春群像劇

第4話 あらすじ 5月8日放送分

 春斗(菅田将暉)らの高校時代の担任教師である真壁(鈴木浩介)は、潤平(仲野太賀)らが今も相談する恩師。「マクベス」に深い縁があり、妻の出産に急ぐ真壁を瞬太(神木隆之介)が車で送ったこともある。その真壁は、瞬太が母・友利子(西田尚美)と絶縁状態であることを心配していた。一方の里穂子(有村架純)は、年下の同僚・うらら(小野莉奈)に力を貸すつむぎ(古川琴音)の面倒見の良さに感心する。

概要

【4/17(土)第1話放送】<br>コントが始まる

「俺の話は長い」(同系)で第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹によるオリジナル青春群像劇。かつて思い描いていたものとはかけ離れた人生を歩む20代後半の若者たちが、失敗したからこそ出会う人や出来事によって未知の幸せとめぐり合う。
主演の菅田将暉が演じるのは、神木隆之介扮する朝吹瞬太と、仲野太賀演じる美濃輪潤平と売れないお笑いトリオ・マクベスを組む高岩春斗。3人がネタ作りに集うファミリーレストランの店員・中浜里穂子役を有村架純、その妹・つむぎ役を古川琴音が務める。
毎話ドラマの冒頭はマクベスのコントから始まり、そのコントが残りのストーリーの重要な伏線としてつながる異例の構成で物語を紡ぐ。

ストーリー

売れないお笑いトリオ・マクベスでツッコミを担当する高岩春斗(菅田将暉)は、結成10年を前に、ある決断を迫られていた。一方、中浜里穂子(有村架純)は、1年半前に訳あって一流会社を辞め、今は姉の世話を口実に上京してきた妹のつぐみ(古川琴音)と同居しながら、ファミリーレストランでウエートレスをしている。常連のマクベスの3人、春斗、朝吹瞬太(神木隆之介)、美濃輪潤平(仲野太賀)がネタ作りに励む姿を見るうちに、里穂子は隠れファンとして活動を追うように。
しかし、初めてマクベスのライブを見に行った日、トリオ解散という重大発表を耳にし、ぼう然と帰路につく。すると、突然春斗に声をかけられる。

スタッフ

脚本:金子茂樹
演出:猪股隆一
演出:金井紘
プロデューサー:池田健司
プロデューサー:福井雄太
プロデューサー:松山雅則
主題歌:愛を知るまでは/あいみょん

キャスト

菅田将暉 /高岩春斗 役
売れないお笑いトリオ・マクベスのツッコミでネタ作りを担当。「10年やっても売れなかったらキッパリ辞める」と約束した日が目の前まで迫っている。責任感が強く、売れないのは「自分のネタのせいだ」と勝手に背負い込んでいる。

有村架純 /中浜里穂子 役
ファミレス「メイクシラーズ」のアルバイト店員。かつては一流会社に勤めていたがドロップアウトし、抜け殻のようになっている。ネタ作りに客として訪れたマクベスの3人を観察するうちに興味を抱き、彼らを応援することが人生の支えに。妹・つむぎと同居中。

仲野太賀 /美濃輪潤平 役
売れないお笑いトリオ・マクベスの1人。春斗と同じく両親との約束で解散のXデーが迫っていることを意識するが、10年交際を続けた彼女・奈津美の存在が重く心にのしかかっている。

古川琴音 /中浜つむぎ 役
里穂子の妹。近所にあるスナック「アイビス」で働く。姉の世話を言い訳に、目標も未来予想図も何もない20代を過ごし、今なお空っぽの人生を送る。

神木隆之介 /朝吹瞬太 役
売れないお笑いトリオ・マクベスの1人。高校卒業後プロゲーマーの道を歩むが、突然春斗と潤平の前に現れマクベスへ加入。趣味はスナック通い。主食はポップコーン。

掲載期間:2021年4月1日〜2021年6月末

更新日:

他のドラマ情報を見る

Yahoo!テレビ.Gガイド メニュー


上部に戻る