ページトップ

長谷川博己が明智光秀役で主演! 戦国の智将の謎めいた生涯を照らす一大叙事詩

大河ドラマ「麒麟がくる」

NHK総合 毎週日曜20:00~20:45

6599人が見たい!
会見情報

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が行われ、主演の長谷川博己が登壇。長谷川は「本当にいろいろありまして、ようやく皆さんの前に作品をお届けできることに、ひとまず安堵(あんど)しております。スタッフ、キャストが役割をきっちりと果たして、それぞれの力を最大限発揮できるように1年間頑張っていきたいと思います。ぜひ応援してください!」とあいさつした。
第1話の合戦シーンの撮影にはとても苦労したそうで、「実際はどうだったか分かりませんが、僕の中で人を斬る時は息を止めるんです。人を斬って次に行って、さらに追いかけてみたいなシーンを息を止めてやっていたら酸欠状態になって…。大変だったんですが、今ここで言えてよかったです。本当に倒れそうできつかったですが、映像に残っているのでよかったなと、最終的には思っています(笑)」と撮影の様子を振り返った。
会見コメント
  • 「ようやく皆さんの前に作品をお届けできることに安堵しております」と長谷川

    「ようやく皆さんの前に作品をお届けできることに安堵しております」と長谷川

  • 長谷川博己/明智光秀(十兵衛)

    人を斬る時は息を止めるので酸欠状態になり、本当に倒れそうできつかった

    本当にいろいろありまして、ようやく皆さんの前に作品をお届けできることに安堵しております。スタッフ、キャストが役割をきっちりと果たして、それぞれの力を最大限発揮できるように1年間頑張っていきたいと思います。
    第1話冒頭の合戦シーンでは、最初の弓矢を放つシーンから屋根に登るシーンまで一連の動きでやっています。人を斬る時に実際はどうだったか分かりませんが、僕の中で人を斬る時は息を止めるんです。人を斬って次に行って、さらに追いかけてみたいなシーンでほとんど息を吸っていないものですから、酸欠状態になって…。本当に倒れそうできつかったのですが、映像に残っているのでよかったなと最終的には思っています。この先、鎧(よろい)を着けた合戦シーンも出てくると思いますが、その時は少しご容赦いただきたいですね(笑)。

ドラマカレンダー

記者会見情報
  • NHK総合