ページトップ
  • 白濱亜嵐主演! 小柳友と桜庭ななみの共演でおくる痛快熱血エンターテインメント

    小説王

    フジテレビ系
    毎週月曜 24:25~24:55

    141人が見たい!

    あらすじ 6月17日放送分(第8話)
     晴子(桜庭ななみ)は吉田(白濱亜嵐)に妊娠のことを告げられないまま去ろうとしていた。一方、小柳(小柳友)は人気サイトで吉田の小説を連載するチャンスを得るが、吉田の元恋人で今や大女優となった綾乃(逢沢りな)の推薦コメントを取ることが条件だった。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:早見和真「小説王」(小学館)

    • 脚本:小山正太

    • 脚本:ひかわかよ

    • 監督:水田成英

    • プロデューサー:久保田哲史

    • プロデューサー:清水一幸

    • プロデューサー:中野利幸

    • プロデューサー:中山ケイ子

    • 主題歌:テンハネ -1000%-/BALLISTIK BOYZ

    • エンディング:PASION/BALLISTIK BOYZ

  • キャスト
    • 白濱亜嵐
      吉田豊隆 役

      過去に一度大きな賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばずで“一発屋”状態の売れない小説家。才能の限界を感じて筆を折ろうと考えるが、小柳や晴子と出会ったことで、本の力で出版業界を変えようと動きだす。

    • 小柳友
      小柳俊太郎 役

      大手出版社の編集者。幼なじみの吉田とは一時期疎遠だったが、担当編集者となり共に奮闘する。

    • 桜庭ななみ
      佐倉晴子 役

      吉田のファンで、その小説に支えられてきた女性。吉田と出会い、次第に心ひかれていく。

  • 概要

    「イノセント・デイズ」で日本推理作家協会賞の長編及び連作短編集部門を受賞した、早見和真の同名小説が原作の痛快熱血エンターテインメント。EXILEのメンバーでGENERATIONS from EXILE TRIBEでリーダーを務め、アーティストとしてだけでなく俳優としても活躍の場を広げている白濱亜嵐が、主人公の売れない小説家・吉田豊隆に扮する。
    吉田とバディを組む編集担当者・小柳俊太郎を小柳友、吉田に思いを寄せる佐倉晴子を桜庭ななみが演じ、彼らが、活字離れ、出版不況が叫ばれている今の社会を変えようと出版業界に壮大なけんかをしかけていくさまを通して、小説をめぐる現実や葛藤、そして希望を描いていく。

  • ストーリー

    過去に一度大きな賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばずで“一発屋”状態の小説家・吉田豊隆(白濱亜嵐)は、自らの才能の限界を感じ、筆を折ろうと考えていた。そんな中、疎遠となっていた幼なじみで編集者の小柳俊太郎(小柳友)とタッグを組むことになった吉田は、さらに、ファンだと言う佐倉晴子(桜庭ななみ)と出会う。やがて吉田たちは、活字離れ、出版不況が叫ばれている今の時代を1冊の本の力で変えようと、出版業界に壮大なけんかをしかけていく。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 高杉真宙と竹内愛紗で人気漫画を実写化。御曹司と女子高生のツンデレ・ラブコメディー

    高嶺と花

    フジテレビ系
    毎週月曜 24:55~25:25

    157人が見たい!

    あらすじ 6月17日放送分(第8話)
    【最終回】
     高嶺(高杉真宙)は花(武内愛紗)が岡本(遠藤健慎)に告白されているところを目撃。同い年で幼なじみの岡本の方が花に合っていると身をひこうとする。しかし、岡本は花の気持ちを分かっており、花に素直になるようにと背中を押す。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:師走ゆき「高嶺と花」(白泉社「花とゆめ」)

    • 脚本:武田樹里

    • 脚本:錦織伊代

    • 脚本:山本奈奈

    • 演出:石井祐介

    • 演出:中田博之

    • プロデューサー:鹿内植

    • プロデューサー:澤田賢一

    • 主題歌:LOVE & HOPE/RUANN

  • キャスト
    • 高杉真宙
      才原高嶺 役

      「鷹羽商事」の御曹司。26歳の高学歴イケメンでハイスペックな男だが、高慢で残念な性格。自分の外見や御曹司というステータスに左右されない花の言葉と態度に興味を持つ。

    • 竹内愛紗
      野々村花 役

      16歳の女子高生。気が強いが明るい性格の一般庶民。お見合い相手の高嶺の態度にキレてしまうが、高慢な高嶺を屈服させることを目的に、お見合いを続ける。

  • 概要

    「花とゆめ」(白泉社)で連載中の同名漫画を実写化した、御曹司と庶民という身分の差と、10歳という年の差がある恋愛を描くラブコメディー。
    ハイスペックでイケメンなのに高慢で残念な性格の主人公・才原高嶺を、映画「ギャングース」、「賭ケグルイ」シリーズ(TBSほか)など話題作への出演が相次ぐ高杉真宙が演じる。ヒロインとなる、気は強いが明るく庶民的な女子高生・野々村花には、映画「十二人の死にたい子どもたち」で高杉と共演した竹内愛紗が扮する。
    高嶺と花がののしり合うおかしな掛け合いと、次第に恋に変わっていくやりとりを通して、不器用な恋愛模様が展開する。

  • ストーリー

    姉の替え玉として、変装して御曹司とのお見合いに臨んだ女子高生の野々村花(竹内愛紗)。御曹司といっても不細工に違いないと高をくくっていた花の前に現れたのは、ありえないほどのイケメン・才原高嶺(高杉真宙)だった。
    最初は胸をときめかせる花だったが、高嶺の横柄な態度と罵詈雑言にキレてしまい、変装用のウィッグを投げつけると啖呵(たんか)を切ってその場を立ち去る。お見合いは破談になったかと思われたが、高嶺は、自分の外見や御曹司というステータスに左右されない花の言葉と態度に興味を持つ。一方の花は、高慢な高嶺を屈服させることを目的に、お見合いを続けることにする。

  • 公式サイト(外部サイト)