ページトップ
  • 山下智久が義手の天才科学者に! 最新科学で事件を解決するサイエンスミステリー

    インハンド

    TBS系
    毎週金曜 22:00~22:54

    4091人が見たい!

    あらすじ 6月21日放送分(第11話)
    【最終回】
     福山(時任三郎)の息子・新太(磯村勇斗)の行方がつかめない中、紐倉(山下智久)は福山が抱える大きな問題を知り、がくぜんとする。相羽村で確認されたウイルスは危険かつ感染力も強く、高家(濱田岳)は有効な治療法もないまま懸命に患者と向き合っていた。だが、高家の友人・棚橋や美園(石橋杏奈)もこの騒動に巻き込まれてしまう。村外ではウイルス対策本部が設置され、牧野(菜々緒)らは紐倉と連携して感染拡大の勢いを抑えるキットを考案。一方で、牧野らは厚労省に情報を流していたスパイを特定する。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)

    • 脚本:吉田康弘

    • 脚本:田辺茂範

    • 脚本:福田哲平

    • 演出:平野俊一

    • 演出:岡本伸吾

    • 演出:青山貴洋

    • プロデューサー:浅野敦也

    • プロデューサー:佐藤敦司

  • キャスト
    • 紐倉哲 役

      右手にロボットハンドのような義手を装着している変人天才科学者。専門は寄生虫学。なぜか金持ちで、巨大植物園を買い取り、最先端の研究機材を備えた自宅兼研究室にして引きこもっている。生き物やその生態を愛するが、人間には関心がない。

    • 高家春馬 役

      救命救急の専門医。ある事件をきっかけに紐倉の助手となる。優しい性格のおせっかい焼きで、いつも紐倉に振り回されている。寄生虫は苦手。

    • 牧野巴 役

      内閣官房サイエンス・メディカル対策室の容姿端麗なエリート官僚。東京大学を首席で卒業している。現在、外務省から出向中のため、できるだけ早く戻りたいと考えている。目的のためなら手段を選ばない一面を持つ。

  • 概要

    朱戸アオの同名漫画を原作に、未知の病気や事件を最新科学で解決するサイエンスミステリー。山下智久が右手に黒いロボットハンドのような義手を装着した変わり者の天才科学者・紐倉哲に扮する。
    お人よしで正義感の強い紐倉の助手・高家春馬を濱田岳、クールでやり手の美人官僚・牧野巴を菜々緒が演じるほか、オリエンタルラジオの藤森慎吾がエリート官僚の御子柴隼人役で連続ドラマに初出演。牧野や御子柴の上司で室長の網野肇を光石研が演じるなど、個性的な面々が顔をそろえる。
    脚本は「コウノドリ」(同系)の吉田康弘、「トクサツガガガ」(NHK)を手掛けた田辺茂範らが担当。人々を救う感動の救命劇を1話完結で描く。

  • ストーリー

    巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもる紐倉哲(山下智久)は、気の向くままに好きな寄生虫の研究をしている人嫌いでドSな変わり者。そんな紐倉と助手の高家春馬(濱田岳)の元に、従来の概念を超える未知の病気や事件などを担当する牧野巴(菜々緒)が訪ねてくる。
    牧野はある病院で心筋梗塞で亡くなった複数の患者が、日本ではまれな“シャーガス病”という感染症にかかった可能性があるという匿名の告発状が届いたことを明かし、紐倉へ協力を求める。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことになる。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 西島秀俊と内野聖陽がW主演。男性カップルの食卓を通して、柔らかな日常を描く

    ドラマ24「きのう何食べた?」

    テレビ東京系
    毎週金曜 24:12~24:52

    3355人が見たい!

    あらすじ 6月21日放送分(第11話)
     師走のある土曜日、実家に帰った史朗(西島秀俊)は、やけに穏やかな久栄(梶芽衣子)の様子が気になる。すると久栄は、正月に賢二(内野聖陽)をうちに連れてくればと言い出す。しかし史朗は即答できず、返事をしないまま実家を後にする。帰宅した史朗は、クリスマスを前にそわそわする賢二に、今年のディナーは小日向(山本耕史)、航(磯村勇斗)を招いて過ごそうと提案する。

    前回までのあらすじを見る


  • みんなの感想
    • あと味

      こんなに見終わった後 心が優しくなれるドラマってあるでしょうか? ずっとニコニコ ニヤニヤしながら時...

      2019年06月18日(火) 23時19分掲載

      投稿者:pol***** さん

    • 泣いた

      昨夜、クレープの回を観ました。 もう 泣けて仕方なかったです。 大好きなドラマの内野氏の台詞を思い出...

      2019年06月18日(火) 13時00分掲載

      投稿者:lit***** さん

    感想を投稿する

    感想をもっと見る

  • スタッフ
    • 原作:よしながふみ「きのう何食べた?」(講談社「モーニング」連載中)

    • 脚本:安達奈緒子

    • 監督:中江和仁

    • 監督:野尻克己

    • 監督:片桐健滋

    • プロデューサー:阿部真士

    • プロデューサー:松本拓

    • プロデューサー:祖父江里奈

    • プロデューサー:佐藤敦

    • プロデューサー:瀬戸麻理子

    • エンディング:iをyou/フレンズ

  • キャスト
    • 西島秀俊
      筧史朗 役

      町の小さな法律事務所で働く雇われ弁護士。賢二と2LDKで暮らし、食事の買い出しや支度を担当している。料理上手で、月の食費を2万5千円に収めるために毎日近所の安売りスーパーを巡っている。きちょうめんな性格で倹約家。

    • 内野聖陽
      矢吹賢二 役

      史朗の恋人で、美容室で働く雇われ美容師。史朗のことを「シロさん」と呼ぶ。美容師ならではの手先の器用さを持ってはいるが、食事の支度は基本的に史朗にお任せ。人当たりのいい性格。

  • 概要

    「大奥」「西洋骨董洋菓子店」など代表作多数の漫画家・よしながふみによる同名コミックを原作に、男性カップルの毎日の食卓を通して浮かび上がる、人生の機微とほろ苦くて温かな日常をリアルに描く。
    西島秀俊が料理上手で倹約家の弁護士・筧史朗を、内野聖陽が史朗と同居する美容師の矢吹賢二に扮する。2人のビジュアルが原作のイメージ通りだと話題になったが、毎回披露される“おいしく安上がりな手料理”の実用的なレシピにも注目。脚本を手掛けるのは、「透明なゆりかご」(NHK)、「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」(ともにフジテレビ系)の安達奈緒子。

  • ストーリー

    小さな法律事務所で働く雇われ弁護士・筧史朗(西島秀俊)の日課は、定時に仕事を上がってから近所の安売りスーパーへ向かい、お買い得な食材を吟味し夕食の献立を組み立てていくこと。そして、夕食の支度が調った頃に、史朗と同居する美容師の矢吹賢二(内野聖陽)が帰宅してくる。2人は、「シロさん」「ケンジ」と呼び合う恋人同士で、夕食は日々の出来事や思いを語り合う大事な時間だ。
    そんなある日、町を歩く2人は、賢二の美容室の常連・千石さんと出会う。「この人が例の彼氏さん?」と賢二に問う千石さんの言葉に、史朗は戸惑う。自分たちの関係を、職場や客にまで話している賢二に対し、史朗は職場にすら明かしていなかった。

  • 公式サイト(外部サイト)