ページトップ
  • 長谷川京子主演で大ヒット海外ドラマをリメーク! 4人の女性の愛と過ちを描く

    ミストレス~女たちの秘密~

    NHK総合
    毎週金曜 22:00~22:50

    1324人が見たい!
  • 6月14日放送分のあらすじ(第9話)
     貴志(杉野遥亮)は父の自殺に関わったと認めた香織(長谷川京子)を許せないでいた。そんな中、警察が香織を訪ねてくる。亡くなったはずの夫・俊哉(吉沢悠)の生存を知った友美(水野美紀)は、ミキ(筧美和子)との関係を問いただしたいと思う。樹里(大政絢)は玲(篠田麻里子)との密会を重ねていた。悟史(佐藤隆太)との関係が壊れかけた冴子(玄理)は、樹里の家に転がり込む。

    ミストレス~女たちの秘密~

  • 6月7日放送分のあらすじ(第8話)
     香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)に父親との関係を打ち明け、恋を終わらせた。一方、友美(水野美紀)から避けられていると感じた安岡(甲本雅裕)は身を引く決意をする。ある日、悟史(佐藤隆太)の提案で、冴子(玄理)の妊娠を祝う会が2人の家で開かれる。樹里(大政絢)達は夫に真実を打ち明けられない冴子の相談に乗る。そんな中、香織は佳恵(麻生祐未)から自宅に呼び出される。

    ミストレス~女たちの秘密~

  • 5月31日放送分のあらすじ(第7話)
     香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)の母・佳恵(麻生祐未)に2人の仲を知られるのではと不安に。安岡(甲本雅裕)が既婚だと知った友美(水野美紀)は女子会を招集。そこで冴子(玄理)はおなかの子が悟史(佐藤隆太)の子ではないと告白する。樹里(大政絢)も、玲(篠田麻里子)との関係に悩んでいた。

    ミストレス~女たちの秘密~

  • 5月24日放送分のあらすじ(第6話)
     貴志(杉野遥亮)と結ばれた香織(長谷川京子)はより一層、彼のとりこになっていく。友美(水野美紀)は亡き夫の愛人だったというミキ(筧美和子)から保険金を分けてほしいと言われ、恐怖と怒りに震える。悟史(佐藤隆太)は冴子(玄理)が妊娠した事を知り、大喜び。そんな夫の姿に、冴子は何も言えなくなる。樹里(大政絢)は自分の素直な気持ちを玲(篠田麻里子)に伝えるが…。

    ミストレス~女たちの秘密~

  • 5月17日放送分のあらすじ(第5話)
     貴志(杉野遥亮)が京都の大学に戻り、香織(長谷川京子)は寂しい毎日を送っていた。一夜の過ちで坂口(細田善彦)の子どもを身ごもった冴子(玄理)は悟史(佐藤隆太)に真相を打ち明けられず、苦しむ。友美(水野美紀)は樹里(大政絢)と一緒に無言電話の犯人捜しに躍起になる。ある日、貴志から香織にメールが届いた。それを受け取った香織は、彼への気持ちを抑えきれなくなる。

    ミストレス~女たちの秘密~

  • 山下智久が義手の天才科学者に! 最新科学で事件を解決するサイエンスミステリー

    インハンド

    TBS系
    毎週金曜 22:00~22:54

    4130人が見たい!
  • 6月14日放送分のあらすじ(第10話)
     紐倉(山下智久)は高家(濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村へ。福山(時任三郎)が村で実行を企てているある計画について、村民の間では反対運動が起きていた。高家はそこで、運動を率いる地元の友人・棚橋とその恋人・美園(石橋杏奈)に再会する。一方、福山の計画の報告書を入手した網野(光石研)達は、記載された内容に疑いを抱き、確認のため牧野(菜々緒)が相羽村に乗り込む。

    インハンド

  • 6月7日放送分のあらすじ(第9話)
     高家(濱田岳)は訪ねてきた母・良子(宮崎美子)から、故郷の村唯一の病院の院長・陽子(市毛良枝)が、高家が解雇された病院に入院中だと聞く。担当医の院長・黒野(正名僕蔵)はろくに治療もせず、対症療法を続けていた。高家は紐倉(山下智久)と共に、黒野の思惑を探る。一方、網野(光石研)や牧野(菜々緒)らは、紐倉の元上司・福山(時任三郎)が設立を目指す感染症対策施設の調査を始める。

    インハンド

  • 5月31日放送分のあらすじ(第8話)
     巨大グループ企業のロビーにある、女性の頭部が赤くなったポスターが話題に。同企業会長・園川(柄本明)の息子・直継(夙川アトム)が飛び降り自殺をしたことから、それは「呪いのポスター」と噂されていた。紐倉(山下智久)はポスターやその周辺の赤い色が細菌によるものと見抜き、バイオテロの可能性を示唆。調査を始めた紐倉の前に、大学の同期・遠藤(要潤)が経産省の役人と共に現れる。

    インハンド

  • 5月24日放送分のあらすじ(第7話)
     牧野(菜々緒)は、紐倉(山下智久)と高家(濱田岳)に、小学1年生の美香(吉澤梨里花)を引き合わせる。美香は生まれつき免疫系に疾患がある「原発性免疫不全症候群」で、現在は入院中。牧野から治療法を見つけてほしいと頼まれた紐倉達は、同疾患を研究していた亡き科学者・賢一(永岡卓也)の研究所へ向かう。そして、賢一と親子で研究を進めていた父・将之から内容を聞き出す。

    インハンド

  • 5月17日放送分のあらすじ(第6話)
     紐倉(山下智久)はサイエンス・メディカル対策室からの依頼で、‘日本陸上界のエース’と呼ばれる長距離選手・野桐(清原翔)へのドーピング検査を担当する。野桐は素行不良なことで知られており、共に出向いた高家(濱田岳)と牧野(菜々緒)は、彼の奇抜な言動に戸惑いを隠せない。一方、紐倉は、野桐の言動にはその裏に科学的な意味付けがあることに気付き、彼に興味を抱く。

    インハンド