ページトップ
  • 二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

    ストロベリーナイト・サーガ

    フジテレビ系
    毎週木曜 22:00~22:54

    3296人が見たい!

    あらすじ 6月20日放送分(第11話)
    【最終回】
     池袋周辺で裏社会の人間達が消える、通称‘ブルーマーダー’による連続殺人事件を巡り、玲子(二階堂ふみ)は鍵を握る元警察官の木野(要潤)を発見。木野と銃撃戦を展開した勝俣(江口洋介)が、玲子と共に取り調べる中、木野の過去を知った玲子は、勝俣の言葉からあることに気付く。一方、菊田(亀梨和也)が追う指名手配犯・岩渕(大下ヒロト)に木野との関連が浮上する。

    前回までのあらすじを見る


  • 記者会見情報

    二階堂ふみ/姫川玲子

    今回の攻めた作品に、文化を育てるという意味もある「令和」は合っています

  • スタッフ
    • 原作:誉田哲也「姫川玲子シリーズ」(光文社)

    • 脚本:徳永友一

    • 脚本:ひかわかよ

    • 脚本:関えり香

    • 演出:石川淳一

    • 演出:山内大典

    • プロデューサー:山崎淳子

    • 主題歌:Rain/亀梨和也

  • キャスト
    • 姫川玲子 役

      警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任。ノンキャリアにもかかわらず27歳という若さで警部補に昇任。捜査一課唯一の女性班長として、直感と飛躍した思考、行動力を武器に姫川班を率いて難事件の真相に迫っていく。

    • 菊田和男 役

      姫川の年上の部下。生真面目な性格で寡黙だが、強い正義感を持つ体育会系の刑事。姫川班に異動してきた当初は、直感を武器に危険な捜査を繰り返す姫川を懐疑的に捉えていたが、次第に姫川の刑事としての優秀さと人間的魅力に気付いていく。

    • 江口洋介
      勝俣健作 役

      警視庁捜査一課殺人犯捜査第五係主任のベテラン刑事で、姫川の天敵。“ガンテツ”という通り名を持つくせ者で、摘発率は圧倒的トップを誇る。公安に8年間いた経歴を持ち、警察内外の情報収集に長けているが、おきて破りの捜査方法がさまざまな疑惑を招くことも。

  • 概要

    累計400万部を突破した誉田哲也のベストセラー警察小説を原作にした、壮大かつ斬新な本格刑事ドラマ。2010年に同系で「ストロベリーナイト」として竹内結子主演でドラマ化された「姫川玲子シリーズ」を、キャスト・スタッフを一新し、まだ映像化されていない原作の最新エピソードを加えて再構成する。
    ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事で、警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任・姫川玲子を演じるのは二階堂ふみ。姫川の年上の部下となる巡査部長・菊田和男には、亀梨和也が扮する。さらに、姫川の天敵である、警視庁捜査一課殺人犯捜査第五係主任の勝俣健作役を江口洋介が務める。

  • ストーリー

    警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係の主任・姫川玲子(二階堂ふみ)は、ノンキャリアだが27歳という若さで警部補まで成り上がった女性刑事。そんな姫川班に異動してきたのは、体育会系の刑事・菊田和男(亀梨和也)だ。
    ある日、葛飾区の公園内にあるため池付近で変死体が発見される。死因は出血性ショック死で、喉元が致命傷と考えられた。このため池は、人命に関わる危険な寄生アメーバ“ネグレリアフォーレリ”の繁殖で一切遊泳禁止となっていた。1カ月以内にそれに感染し死亡した人間がいることを探り出した姫川は、死体を遺棄する人物のほかに、死体をため池に沈めた人物がいると推測する。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 乃木坂46・山下美月が“悪のビデオガール”役で萩原利久とW主演

    木ドラ25「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」

    テレビ東京
    毎週木曜 25:00~25:30

    389人が見たい!

    あらすじ 6月20日放送分(第11話)
     マイ(山下美月)と久しぶりの再会を果たした健人(萩原利久)。自分の気持ちを伝える健人を前に、マイは突然苦しみだす。2人の様子を見ていた松井(岡田義徳)は激怒する。

    前回までのあらすじを見る


  • スタッフ
    • 原作:桂正和「電影少女」<集英社文庫(コミック版)>

    • 脚本:喜安浩平

    • 脚本:山田能龍

    • 脚本:高野水登

    • 監督:関和亮

    • 監督:真壁幸紀

    • 監督:湯浅弘章

    • 監督:山岸聖太

    • 監督:川井隼人

    • プロデューサー:大和健太郎

    • プロデューサー:五箇公貴

    • 主題歌:からまる/KERENMI feat.大比良瑞希

  • キャスト
    • 山下美月
      神尾マイ 役

      学校の放送室にあったビデオテープの中から出現したビデオガール。ビデオを再生した健人を主人とし、その望みをかなえるため、どんな命令でも手段を選ばす遂行する。その悪女的な魅力で、人々を魅了し翻弄していく。

    • 萩原利久
      叶野健人 役

      都内の私立高校に通う、どこにでもいる平凡な高校生。学校の近くに部屋を借り、一人暮らしをしている。マイと出会い、奇妙な共同生活を送るうちに、どんな望みもかなえてくれるマイにのめり込んでいく。

  • 概要

    桂正和の人気コミックを原作にした連続ドラマの新シリーズ。恋愛ストーリーだった西野七瀬主演の前作とは打って変わってダークファンタジーとなる今作では、原作に登場する“悪のビデオガール”神尾マイと、マイにのめり込んでいく高校生・叶野健人を中心に物語が展開する。
    マイと健人役でダブル主演を務めるのは、乃木坂46の山下美月と、「3年A組─今から皆さんは、人質です─」(日本テレビ系)で注目された若手俳優の萩原利久。
    前作のメインスタッフはそのままに、映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の湯浅弘章、「忘却のサチコ」(同系)の山岸聖太らが参入し、新たなビデオガールの世界をつくり出す。

  • ストーリー

    叶野健人(萩原利久)は、都内の私立高校に通う平凡な高校生。ある日、学校の放送室でビデオテープを発見した健人が、そのテープを再生してみると、突然画面から“神尾マイ”(山下美月)と名乗る少女が飛び出してくる。
    学校の近くで一人暮らしをする健人は、ひょんなことから、マイと奇妙な共同生活を送ることに。マイは、テープを再生した健人の望みをかなえるため、命令に忠実に従い手段を選ばず確実に目的を遂行する。そんなマイに、健人は次第にのめり込んでいく。

  • 公式サイト(外部サイト)