ページトップ

  • 記者会見情報

    沢口靖子/榊マリコ

    マリコと土門の関係は、何かの事件が起きた時に急接近するかもしれません(笑)

  • スタッフ
    • 脚本:戸田山雅司

    • 脚本:櫻井武晴

    • 監督:森本浩史

    • 監督:田崎竜太

    • プロデューサー:関拓也

    • プロデューサー:藤崎絵三

    • プロデューサー:中尾亜由子

    • プロデューサー:谷中寿成

    • 主題歌:Blue Rain/今井美樹

  • キャスト
    • 榊マリコ 役

      京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員。科学捜査には信念とプライドを持っているが、過信することなく真理は科学を扱う人間にかかっていることも心得ている。現在は独身だが、実は一度結婚経験がある。京都府警捜査一課の土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼し合っている。

    • 土門薫 役

      京都府警捜査一課の刑事。警部補。団体行動が苦手な一匹狼タイプで、直情的に突っ走ることが多い。マリコと共に独断で捜査に走ることがあり、藤倉刑事部長から苦言を呈されることもしばしばだが、やり方を変える気はない。妻とは死別、かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。

    • 風丘早月 役

      洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。一男一女の母。のんきで陽気な性格。仕事以外でも何かとマリコの相談に乗っている。マリコとは性格も私生活も正反対だが、仕事に関してはよいパートナーシップで結ばれている。

    • 宇佐見裕也 役

      科捜研の化学担当。狭き門の中途採用試験に合格し採用された。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、マリコのよきアドバイザー。

    • 金田明夫
      藤倉甚一 役

      京都府警刑事部長。警視。土門の上司。以前は鑑識畑一筋で、筋金入りの現場第一主義だった。頑固で曲がったことが嫌いな性格。人にこびたりは絶対にしない。以前は「科捜研はあくまで裏方であるべき」と考え、捜査に過度に介入してくるマリコの行動を非難していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

    • 斉藤暁
      日野和正 役

      科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは警視庁の科捜研にいたが、京都府警からの要請で東京から京都へ異動してきた。そのため、妻子は東京在住で単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。過労で仕事中に倒れて入院して以来、科捜研メンバーの働き方に気を配っている。

  • 概要

    沢口靖子扮する法医研究員・榊マリコら京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリー。
    日本の連続ドラマ史上、最も長くシリーズが継続しており、今作で20周年を迎える。また、テレビ朝日開局60周年を記念して、1年間にわたって放送されるため、京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれるのも見どころとなる。
    もちろん、おなじみのメンバーもそのままに、一癖も二癖もある研究員たちが繰り広げる“最新の科学捜査テクニック”とともに、深みのある人間ドラマが絡み合う、ハイクオリティーなミステリーに期待。

  • ストーリー

    京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、私生活はてんでズボラだが、科学捜査の分野においては常に冷静沈着なスペシャリスト。
    マリコ自身の卓越した知見、そして個性的過ぎる科捜研メンバーが持つ法医、物理、化学、文書鑑定などの最新の専門技術を武器に、京都府警捜査一課の土門薫(内藤剛志)と共にさまざまな難事件に挑んでいく。
    ある日、連続絞殺事件の犯人が取り調べ中に逃走。マリコらが捜査協力を依頼される。そんな中、絞殺された女性の遺体が発見され、科警研のメンバーは現場の状況から逃走犯の犯行を疑うが、マリコは疑問に思い…。

  • 公式サイト(外部サイト)

  • 天海祐希演じる取調官が深い人間力を基盤に心理戦を繰り広げる、人気作の第3シーズン

    緊急取調室

    テレビ朝日系
    毎週木曜 21:00~21:54

    2755人が見たい!

    あらすじ 6月20日放送分(第10話)
    【最終回】
     有希子(天海祐希)と小石川(小日向文世)は、同級生3人を殺害した事件の被告人・未亜(吉川愛)から真相を聞き出すべく懸命に思いを伝える。すると、未亜は毒物を作った経緯やその理由を証言し始める。また、有希子は、未亜と医大生・藤井(坂東龍汰)をかつて豪雨災害から救出した元中学校校長・染谷(吉田鋼太郎)を呼び寄せ、菱本(でんでん)と玉垣(塚地武雅)が足のけがについて、あらためて問いただす。やがて、未亜が毒殺事件で逮捕されたと聞かされた染谷は、けがの原因が自殺未遂によるものではないと認める。

    前回までのあらすじを見る


  • 記者会見情報

    天海祐希/真壁有希子

    “キントリ”だけは横の絆も頑張りも、変わらず続けたいと思っております

  • スタッフ
    • 脚本:井上由美子

    • プロデューサー:三輪祐見子

    • プロデューサー:都築歩

    • プロデューサー:松野千鶴子

    • 演出:常廣丈太

    • 演出:本橋圭太

    • 主題歌:Prime Numbers/家入レオ

  • キャスト
    • 真壁有希子 役

      警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班」(キントリ)の刑事。かつては女性初の捜査一課特殊班(SIT)の長として活躍していたが、ある事件で犯人との交渉に失敗し、キントリに配属された。一匹狼タイプだったが、キントリチームに連帯感を覚え、自身のチームとしての役割を大切にするようになる。犯罪を強く憎んでおり、被疑者を「丸裸にする」ことを信条に、取り調べに臨んでいる。

    • 梶山勝利 役

      警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班」の管理官。警察組織の階級主義や、縄張り争いなどのしがらみに苦慮する一方で、出世ももくろむしたたかな中間管理職。真壁とは旧知の仲で、かつての戦友という名目でキントリチームに抜てきした。誰を取り調べの担当にするかを冷静な判断力で決定する。メンバーからの信頼も厚い。

    • 渡辺鉄次 役

      警視庁捜査一課一係殺人捜査第一係の刑事。係長の監物とコンビを組んでおり、周囲から「もつなべコンビ」と呼ばれている。捜査における駆け引きの機微などは一切持たない。監物の命令であればどんなことでも従順に従う。一方で、キントリチームとの関係をうまく利用するという合理的な面も垣間見える優秀な刑事。

    • 監物大二郎 役

      警視庁捜査一課殺人捜査第一係長。自分たちが検挙した犯人を横取りしていくキントリを敵対視している。それでも最近は徐々にキントリチームの実力を認めつつあるが、相変わらず「俺たちはパシリじゃねぇ」が口癖。

    • 磐城和久 役

      警視庁刑事部部長。過去の不正などによる、警察不信、警察批判を払しょくすべく、「開かれた警察」をモットーとしている。キントリの管理官・梶山をライバル視しており、彼らの活躍を内心では面白く思わないが、その活躍すらうまく利用し、自分のポジションを確立しようとしている。

    • 菱本進 役

      警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班」の刑事。刑事人生の大半が暴力団担当(マル暴)だったためか、風貌も物言いもヤクザそのもの。被疑者を時にはおだてたり、時には脅したり、はたまた取引をもちかけたりと、マル暴で培ってきた海千山千の経験で被疑者を落としにかかる。真壁のことを「おばはん」と揶揄したりもするが、その能力は認めている。

    • 小石川春夫 役

      警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班」の刑事。キントリチームきっての頭脳派で、被疑者にはソフトに対応するものの、徹底した洞察力を武器に追い込んでいく。笑顔を崩さない柔和な男だが、誰も本当に笑っているとは思っていない。有希子をからかったり、皮肉を言ったりすることもあるが、有能な同僚として認めている。

  • 概要

    天海祐希演じる取調官・真壁有希子が「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)のメンバーと共に、凶悪犯を相手に取調室での心理戦を繰り広げる刑事ドラマの第3シーズン。2014年に第1シーズン、17年に第2シーズンが放送され、今作は2年ぶりの放送となる。
    物語の展開は、新たな価値観やAIの発展など新時代を背景にしながらも、田中哲司らおなじみのキントリ・メンバーは続投。深い人間力を基盤にした泥臭い取り調べを進める。
    今作では被疑者にかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリを翻弄する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく点も見どころとなる。

  • ストーリー

    警視庁では各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう、極端な指導が行われていた。ところが、幹部たちが見学する中で、「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の取調官・真壁有希子(天海祐希)は、反省の色がまったく見られない被疑者を激しい剣幕で一喝する。
    それを見た警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子は真壁に対して、しばらく取り調べを控えて新任の教育係に専念するよう命じる。そんな中、傷害致死・遺体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太が逃走。主婦・藤沢さおりを人質にして民家に立てこもる事件が発生する。

  • 公式サイト(外部サイト)