【10/10(日)第1話放送】
真犯人フラグ

日本テレビ系

毎週日曜22:30~23:25

秋元康×「あな番」スタッフによるミステリー! 西島秀俊&宮沢りえが夫婦役で共演

第8話 あらすじ 12月5日放送分

 凌介(西島秀俊)に届いた真帆(宮沢りえ)と林(深水元基)の密会写真がインターネット上でも拡散。一星(佐野勇斗)から連絡を受けた河村(田中哲司)は、林に接触する。マスコミは真帆の不倫だと決めつけ、凌介は世間から同情される側へ。瑞穂(芳根京子)と一星は失踪が真帆の計画の可能性もあるとにらむ。

概要

【10/10(日)第1話放送】<br>真犯人フラグ

秋元康が企画・原案を手掛け、「あなたの番です」(同系)スタッフが再集結して2クール連続でおくる完全オリジナルミステリー。家族が失踪したことで日本中の注目を浴び、やがて“疑惑の男”となってしまった主人公が、愛する家族を取り戻そうと真実を暴く戦いに挑んでいく。
疑惑の目を向けられ追い詰められる、ごく普通の会社員・相良凌介を演じるのは、同局の連ドラ初主演となる西島秀俊。その妻で、2人の子どもたちとある日突然、姿を消す真帆に、民放連ドラ出演は17年ぶりとなる宮沢りえが扮する。そして、お人よしの凌介を叱咤激励し、凌介と真実を暴いていく“相棒”となる会社の部下・二宮瑞穂役を芳根京子が務める。

ストーリー

相良凌介(西島秀俊)は中堅の運送会社に勤める平凡な会社員。おっとりしていてお人よしな凌介に対し、明るくチャーミングな妻の真帆(宮沢りえ)は、パートをしながら家計を支えるしっかり者だ。夫婦には高校生の娘・光莉(原菜乃華)と小学生の息子・篤斗(小林優仁)がおり、郊外には念願の一軒家を建設中という“幸せな家庭”のはずだった。
だがある日、妻と子どもたちがこつ然と姿を消し、失踪が明るみになったことで凌介は世間の注目を浴びる。さらに、あるSNSの投稿をきっかけに、“悲劇の夫”から一転、家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられてしまう。それでも凌介は、頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)と真実を求め奔走する。

スタッフ

企画・原案:秋元康
脚本:高野水登
演出:佐久間紀佳
演出:中島悟
演出:小室直子
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:鈴間広枝
プロデューサー:松山雅則
主題歌:seeker/Novelbright

キャスト

西島秀俊 /相良凌介 役
運送会社「亀田運輸」のカスタマーサービス部管理課課長。温厚な人柄で部下からの人望は厚い。本をこよなく愛する完全なインドア派。真面目でおっとりしており、かなりのお人よし。団地に住んでいるが、愛する家族のために一軒家を建設中のマイホームパパ。

芳根京子 /二宮瑞穂 役
凌介の部下。頭の回転が速く、あらゆるクレーム処理を迅速にこなす部内随一の頼れる存在。持ち前の冷静さで事件を推理し、追い詰められた凌介を叱咤激励し、助けていくことになる。実は関西人で、根は明るくノリが良い。

佐野勇斗 /橘一星 役
大学4年生。ITベンチャー「プロキシマ」経営者。アメリカ留学後、2年前に会社を立ち上げた若手起業家で、都心のシェアオフィスの一角で経営している。事件のことを何か知っているよう。

田中哲司 /河村俊夫 役
凌介の親友。日本一売れている週刊誌「週刊追求」の敏腕編集長。凌介とは学生時代からの友人で、大学の文芸サークル仲間。真帆とも旧知の仲。凌介から家族の失踪を聞き、情報を集めるため記事にするなど協力していく。

宮沢りえ /相良真帆 役
凌介の妻。スーパーマーケットのレジ打ちのパートをして家計を支えるしっかり者。いつも明るく、家族の中では太陽のような存在。気さくで社交性があり、近所でも評判の好人物。ある日突然、2人の子どもたちと共に姿を消す。

今日のテレビ番組表

掲載期間:2021年10月1日〜2021年12月末

更新日:

他のドラマ情報を見る

Yahoo!テレビ.Gガイド メニュー