【11/5(金)第1話放送】
BS時代劇「剣樹抄~光圀公と俺~」

NHK BSプレミアム

毎週金曜20:00~20:43

山本耕史主演の痛快チャンバラ時代劇。徳川光圀の若き日の活躍を描く

第5話 あらすじ 12月3日放送分

【11/5(金)第1話放送】<br>BS時代劇「剣樹抄~光圀公と俺~」 第5話 あらすじ 12月3日放送分

 光圀(山本耕史)は両火房(山口馬木也)から首領・氷ノ介(加藤シゲアキ)の隠れ家を聞き出そうとするが、口を割らない。一方の氷ノ介は部下の鶴市(坪倉由幸)とつじ斬りを画策。つじ斬りの現場からは水戸家家臣・中山(西村まさ彦)の物が発見され、光圀と旧友の剣豪・義仙(舘ひろし)は中山の疑いを晴らそうと動く。そんな中、光圀の正室・泰姫(松本穂香)が両火房と話をしたいと言い…。

概要

【11/5(金)第1話放送】<br>BS時代劇「剣樹抄~光圀公と俺~」

「天下の副将軍・水戸黄門」として誰もが知っている徳川光圀の、若き日の活躍を描く痛快時代劇。人気作家・冲方丁の「剣樹抄」を原作に、異能の才を持つ少年・少女たちの集団“拾人衆”を率いた光圀が、日本最大級の火災である「明暦の大火」を引き起こした火付けを追い詰めていく、徳川時代版「明智小五郎と少年探偵団」。
光圀役で主演を務めるのは、殺陣のうまさに定評のある山本耕史。京から嫁いできた光圀の妻・泰に松本穂香、「明暦の大火」の放火犯・錦氷ノ介に時代劇初出演の加藤シゲアキ、その父で仏師の吽慶に石坂浩二、剣豪・柳生義仙に舘ひろしが扮する。

ストーリー

若き日の徳川光圀(山本耕史)は、無宿の孤児・了助(黒川想矢)と出会い、彼の木刀による必殺剣法に驚いて隠密組織“拾人衆”に誘う。拾人衆は、優れた特技を持つ孤児たちで、それぞれの特殊能力を生かして諜報活動を行い犯罪者を捕らえる手助けをしていた。
光圀は彼らの協力を得ながら、「明暦の大火」を引き起こした火付け一味の首領が錦氷ノ介(加藤シゲアキ)であることをつかむ。その氷ノ介は、光圀が慕う仏師・吽慶(石坂浩二)の息子だった。吽慶は、悪の道に落ちた氷ノ介を自分の手で成敗するために生きていたのだ。光圀を案じた妻の泰(松本穂香)は、剣豪・柳生義仙(舘ひろし)に助けを求める。

スタッフ

脚本:吉澤智子
演出:本木一博
演出:一色隆司
制作統括:佐野元彦
プロデューサー:落合将
主題歌:花・太陽・雨/PYG

キャスト

山本耕史 /徳川光圀 役
後の「天下の副将軍・水戸黄門」。優れた特技を持つ孤児たちの隠密組織“拾人衆”の協力を得ながら、「明暦の大火」を引き起こした火付け一味の首領を追う。

加藤シゲアキ /錦氷ノ介 役
日本最大級の火災と言われる「明暦の大火」を引き起こした火付け一味の首領。

石坂浩二 /吽慶 役
光圀が慕う仏師。息子である氷ノ介を自分の手で成敗するために生きている。

今日のテレビ番組表

掲載期間:2021年10月1日〜2021年12月末

更新日:

他のドラマ情報を見る

Yahoo!テレビ.Gガイド メニュー