トップ > kcp*****さんの感想

kcp*****さんが書いた感想

87件中1~10件を表示しています。[ 前の10件 | 次の10件 ]
  • 投稿日時:2017/3/22 10:00
    33人がこの感想に票を入れています。
    回想して分かる中身の空虚さ
    キアリスの人たちの回想場面を見て、彼女たちは女学校時代から少しも成長していないことをあらためて感じました。私も第二週目以降、「この場面が良かった」と振り返ることができません。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/21 9:24
    73人がこの感想に票を入れています。
    思いが込もっていないから伝わらない
    「日本は敗北した。今度は取り戻す番だ」とか「君は戦争を知らない若者とは違うだろう」とか登場人物に語らせてますけど、作者は戦争のことをどれだけ知っているのでしょうか。

    企業の意思決定や商談の描写も相当出鱈目ですけど、作者は企業や組織のことをどれだけ知っているのでしょうか。

    もちろん知らなくても創作はできます。しかし知らないことを描くのであれば、できる限りの資料を調べ、参考になる本を読み、映画やドラマも見てほしい。そして知識を自分の血肉にするために、歴史の舞台となった場所に足を運んで空気を吸い、時代を知る人と対話をしてほしい。その上で、思いを込めて脚本を書いてほしい。

    今日のすみれの回想場面にもあった「思いを込めたら、伝わる」という靴職人の麻田さんの言葉は、このドラマの主題の一つかと思います。ドラマも立派なもの作りだと思います。しかしこのドラマからは、真摯な思いが伝わってきません。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/20 12:24
    35人がこの感想に票を入れています。
    人物の色分けが単調
    キアリス関係者はいい人=白、たぶんカドショー社長は悪い人=黒なんでしょうね。

    えいすけは白から黒になって白、闇市の親玉は黒から白、とオセロゲームのようにパタパタ変わる。

    人にはグレーの部分もあるし、むしろ玉虫色だと思います。それをこの作者に求めるのは酷だと思いますが、プロならもっと緻密に、丁寧に人物を描いてほしい。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/18 12:28
    92人がこの感想に票を入れています。
    言葉で説明するから興醒める
    このドラマには本当に演説する場面が多い。作者の考えが演説やナレーションでくどくど説明されるので、なんとも押しつけがましく感じます。

    いいドラマは、登場人物たちの性格や背景を丁寧に描き、会話や表情、仕草から主題が浮かび上がってくるものです。その合間、ここぞというときに珠玉の台詞が出る。そしてそれをどう感じるかは視聴者によって様々でしょう。親子の愛情や友人同士の信頼、仕事への情熱でも何でもいい。

    このドラマのように、何でも言葉で説明されると興醒めします。まずい脚本の典型例ではないでしょうか。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/17 20:52
    65人がこの感想に票を入れています。
    ドリフより子供に見せたくない番組
    夫が戦地に赴いている間、妻に迫ったがあと一歩のところで夫が帰還したため失踪。

    さんざん世話になった潔と久しぶりに会ったのに、礼も言わずチンピラを従えてむしろ敵対視。忠告を聞かず商売を無謀に広げすぎたため倒産。多くの従業員やその家族を路頭に迷わせ、客を失望させた。そしてまた失踪。

    そんな過去はなかったかのように、頭を下げれば拍手を浴びて万事解決。ファッションリーダーに返り咲きですか。

    そんなことは現実社会ではあり得ない。人に迷惑をかけたり、恩を仇で返したりすれば、必ず報いを受けます。「おしゃれとは、生き方に通じます」ってどの口が言っているのでしょうか。笑えないブラックジョークです。どこがおしゃれな生き方なんだか。

    このドラマを子供が見て、世の中こんなもんだと思われたらかなわない。すずママやカドショー社長のように、悟ったような顔して滅茶苦茶な人生論を語る大人も有害です。ドリフのコントより、よほど子供に見せたくない番組です。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/15 16:09
    136人がこの感想に票を入れています。
    人を馬鹿にする描写は不愉快です
    監督気取りだがどこかずれている紀夫を描いて、作者や演出家は視聴者を笑わそうとしているのでしょうか。高みから人を見下ろして馬鹿にしているような感じがして、私は笑えません。

    このドラマには、人を馬鹿にして笑う場面が多くて不愉快です。

    明美が残業して一気に書き上げた文章の表現ががたとえ硬くても、
    人前で話すのが苦手だった紀夫が司会をしくじっても、
    私は笑いたくありません。出演者たちが笑っているのを見て、寒々とした気分になりました。

    テレビのバラエティー番組で、一般人の間抜けな言動をスタジオで笑い物にするのを見たときに味わう気分と似ています。この場合も、番組の作り手がその一般人に愛情と敬意を持っていれば笑えることもあります。

    要は作り手の視線の問題だと思います。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/14 15:54
    22人がこの感想に票を入れています。
    セルフ・パロディ?
    「べっぴんさん」の制作現場も今回の映画撮影のようにその場の思いつきや楽屋落ちで作ってるんでしょうかーと書いたら消されました。

    「このドラマなら人間ジュークボックスも出てきかねない」「はなさんの幽霊は本当に出てくるかも」という部分に問題があったのでしょうか。

    あるいは「寝てる間に誰かが手伝ってくれて脚本が出来上がる、というのは作者の願望、妄想ですね」という部分でしょうか。普通の感想だと思いますが。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/13 8:30
    74人がこの感想に票を入れています。
    笑いを取ろうとしているのでしょうか?
    紀夫「撤退する」
    建太郎「僕は引きません!」
    すみれ「映画を作りましょう」
    一同「いいねぇ」

    今回は意図的に笑いを取ろうとしている気がしました。「キャメラマンの亀田」とか。

    「脚本は明美さん」というのは「脚本なんて素人でも書ける」という自虐ネタでしょうか。笑えません。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/11 9:57
    55人がこの感想に票を入れています。
    「人生経験が乏しい人が描いた少女漫画」
    どなたかが昨年、書き込まれたこの雰囲気は不動ですね。しかも回を重ねるごとに漫画の線が細く少なくなっている。余白を埋めるのが大変そうです。

    結婚、出産、倒産、失踪…。人生の一大事の描き方が雑過ぎます。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/3/10 11:56
    124人がこの感想に票を入れています。
    無責任なドラマ
    面白くないドラマ、つまらないドラマはたくさんあります。しかしそれは好みがあるから仕方ない。作りてが精一杯作っているのであれば。

    この「べっぴんさん」は違います。脚本家は明らかに勉強不足で、モデルにした企業や創業者への敬意や登場人物への愛情がない。脚本そのものもおそらくあらすじのようなものではないか。さらに時代考証も演出もセットもいい加減。多くの人が楽しみにしている朝の連続テレビ小説を作る、という責任を放棄しているように見えます。

    ドラマを見てこんな感想を持ったのは初めてです。
    感想の詳細を見る
87件中1~10件を表示しています。[ 前の10件 | 次の10件 ]

※「みんなの感想」はヤフー株式会社が独自に提供する機能であり、Yahoo! JAPAN IDをお持ちのお客様が自己の責任で書き込みを行っております(一部感想は「Gガイド.テレビ王国」提供です)。従いまして、放送局が提供する情報とは一切関係がありません。また、投稿内容についての放送局へのお問い合わせは、ご遠慮ください。ご意見はこちらよりお願いいたします。

あなたが書いた感想一覧

感想の多い番組(3時間以内)

感想が書き込める番組を探す

新着感想一覧

もっと見る