トップ > lap*****さんの感想

lap*****さんが書いた感想

412件中1~10件を表示しています。[ 前の10件 | 次の10件 ]
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/20 8:07
    15人がこの感想に票を入れています。
    実生活でも多面的に人物を見れるようになる
    大河ドラマで、最初に見た歴史上の人物は、強烈な印象として残る。なので次に別の脚本家や俳優さんが演じると、何とも言えない違和感を感じる場合が多い(若い好きな俳優さんの場合は、上書きしても、ワクワクしたり楽しみになったりしますが)。

    大河ドラマで、一人の人物を別の俳優さんが演じても楽しめるようになると、実はあとから思えば、そのような訓練?のおかげで、実生活でも周囲のさまざまな人たちを、多面的に見ることができるようになったんじゃないかな、と思うんです。

    非の打ち所なく秀吉を演じた緒形拳さんだけでなく、少し頼りなさも感じた火野正平さん、愛すべき秀吉を演じた西田敏行さん、恐ろしい勝新太郎さん……と実にさまざまな秀吉像の中で、小日向さんは最盛期から晩年の「老い」へと移り行く秀吉像を見事に演じ、共感できた。

    実生活でも、人は人生を通じて成長する。その実像も見方によって、多面的に見ることができる、とそんなふうに『真田丸』は、大河ドラマは、教えてくれたような気がする。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/19 19:32
    18人がこの感想に票を入れています。
    時を重ねて名優を輩出しつつ次世代へ
    大河ドラマは、同じ歴史上の人物を、時を重ねて別の俳優さんが演じることで、その人物の多面性や深みが醸し出されて面白さが増すように思います。

    上杉謙信を石坂浩二さん~柴田恭兵さん~GACKTさんが演じ、武田信玄を高橋幸治さん~中井貴一さん~市川亀次郎さんが演じることで、謙信や信玄の理解も深まったのではないでしょうか?

    『真田太平記』の渡瀬さんは、いかにも松代藩10万石の礎を築いた信之らしい人格を醸し出していました。…一方で、『真田丸』の大泉さんは、真っ直ぐで人が良い青年が、戦国の荒波にもまれて周囲にふりまわされつつも、藩主にふさわしく次第に成長していくという、実に愛すべき信之を好演していたと思います。

    時を重ねて、名優を輩出しつつ大河ドラマは進化してます。逆に大泉さんを見てから、渡瀬さんの信之に入って行く若者もいるでしょう。その相互作用が、歴史を面白く、歴史上の人物への関心を深めてくれると思ってます。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/13 9:47
    14人がこの感想に票を入れています。
    戦国武将の魂に入り込む俳優さんたち
    民放の戦国武将ランキングをめぐるクイズ番組、私も見いってしまいました!『真田丸』で戦国武将を演じた方々に、久しぶりにお会いできて、昨年は毎週見れて幸せだった、と改めて思いました。

    秀吉の小日向さん、三成の山本さん、兼続な村上さん、政宗の長谷川さん……それぞれ演じた武将に対する思い入れが深いんですね。山本さんも、小日向さんも三成や秀吉になりきり、清正や信繁への思いを語るのもジンとしました。

    村上さんが、米沢で景勝と兼続のお墓参りをしたときの逸話。景勝のお墓の前に立つと「親方さま」という思いが沸き上がり、涙がとまらなくなったそうです。一方で、兼続のお墓では「これは自分のお墓」みたいな気持ちで、平常心とかわらず、涙などは全くでてこなかったとか。
    俳優さんの役者魂の高さは、時代を越えて戦国武将が乗り移るまでになっているんだなぁ、と感慨深く思いました。『真田丸』まだまだ余韻に浸れます。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/12 8:44
    14人がこの感想に票を入れています。
    真田丸から過去の大河を楽しむ
    『真田丸』を視聴しながら、過去の大河ドラマが懐かしくなり、と同時に、もう一度見たくなる、そのような気持ちにさせてもらえた。真田一族がどのように描かれているか、もう一度見たくなるだけでなく、『真田丸』に登場する魅力的な人物や、関連する出来事がどのように描かれていたか?

    『真田丸』のように、一般的な日本人が、入りやすく楽しめるドラマがあると、初めて大河へ入った人も、過去に見落とした人も、DVDを購入したり、レンタルしたり、あるいは動画などで、関係した過去の大河を見る楽しみが増える。

    『真田丸』では、真田信伊の新たな魅力が認識されて、人気も高まった。信伊の妻は、馬場美濃守の娘という。美濃守は、『武田信玄』で、美木良介さんの、男気ある一途な忠臣の姿が好ましかった。この人が信伊の舅なのだ、と思いながら、もう一度見直して見たくなる。
    この先も『真田丸』は、戦国史を楽しく面白く、人生を豊かにしくれそうだ。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/7 7:56
    26人がこの感想に票を入れています。
    好みと歴史認識の違い
    「歴史通」ってどんな人を指すのかな?ふうつに歴史が好きで、年をとっても歴史の講演会や講座に参加して楽しんでる人たちは「歴史好き」とは思います。

    そういう方々の話をきくと「歴史認識」「イデオロギー」によって、ドラマの好みもちがってくるようには思います。
    『平清盛』は「歴史認識」で、好みが別れてしまいますね。『平清盛』での天皇家の描きかたについていけなくなった方々が多いようです。

    『八重の桜』は、ドラマとしては良かったのではないかと思います。……ただし、あくまでも『會津士魂』にこだわるような方々は、後半の脚本家チェンジによる八重の描きかたに物足りなさも感じたようです。

    『真田丸』は、「歴史認識」「イデオロギー」で違和感を感じさせることがなく、ひたすら「史実ポイントの高さ」「多面的な視点」によって「歴史の面白さ」に入っていけたので、一般的な歴史好きな方々に、共感を得ることが多かったと思います。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/6 12:38
    25人がこの感想に票を入れています。
    お孫さんとの視聴や語らいにおおらか
    歴史を楽しむお年寄りは、コントとか何とか、そんなことに目くじらをたてないですね。おおらかに、お孫さんとともに、大河ドラマを視聴したり、あるいは語り合ったり……お孫さんが学校とか休みのときには、真田の由緒地を入れて、小旅行やドライブインを楽しんだり……。
    そんな話しを伺うとうれしくなります。

    同居家族だけでなく、離れて暮らすジジババも、『真田丸』をともに楽しみ、一緒にいるときは語り合う。そんなことができる、いい大河ドラマと思いますよ!
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/6 12:21
    23人がこの感想に票を入れています。
    元々メジャーな視聴者も『真田丸』ファン
    元々メジャーな大河ファン・歴史ファンの間でも、『真田丸』ファンはたくさんいて、歴史講座の前後などにも、古い大河ドラマもあわせて、楽しく語り合ってます。近頃の大河ドラマの中では、かなり話題にあがり、楽しい語らいができる大河ドラマです。若い方々でなく、老人年齢の男女です。

    年配層の歴史好きには、黒田官兵衛の方が、知名度は高くて、真田幸村はそれほどの特別な人気もないのでずが、『真田丸』を見てから、真田家が面白くなった方もお見受けします。上杉・武田に興味ある人は多いですから。三谷氏は、周辺諸大名の視点を描くのが巧みなので、自然に真田が無名でも引き込まれるようです。

    バリバリ戦国に知略を尽くした昌幸や、松代藩10万石を死守した信之の評価は高く、そのあたりに共感し合います。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/5 17:19
    34人がこの感想に票を入れています。
    メジャーな視聴者を大切にする姿勢
    「メジャーな視聴者に媚びる」のではない。
    NHK*は、「メジャーな視聴者こそ最も大切」にして、その要望に応えるべきなのである。

    「メジャーな視聴者に応える『真田丸』」こそ素晴らしく、大河ドラマ企画製作陣は、その長所を学び分析し大切にすべきである。
    メジャーな視聴者に愛された「『真田丸』から、学ぶべきことが多い」とはNHKのコメントにもあり、満足している。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/5 15:03
    32人がこの感想に票を入れています。
    好意的意見が批判的意見上回った『真田丸』
    NHKの公表したところでは、好意的意見が批判的意見を上回ったのは、近年は『真田丸』のみ。申し訳ないが、近年の大河ドラマでは、後半に批判が集まるどころか、「後半には、視聴者も批判するどころか問題にもされない」ほど、無関心になってしまった大河ドラマもある、ということです。
    感想の詳細を見る
  • 番組名:真田丸
    投稿日時:2017/3/5 14:26
    30人がこの感想に票を入れています。
    『真田丸』で大河のハードルは高くなった
    周囲に歴史通で大河通の『真田丸』ファンたくさんいる!
    ここで『真田丸』批判してる人のコメントは、歴史や大河ドラマに対する多面的な深みは感じられないものが多い。
    ほかのサイトで見るような真田丸総選挙や、スピンオフ企画を語る人の中にこそ、長年のさまざまな大河ドラマ愛や深みが感じられて面白い。
    それに『真田丸』のクオリティ、笑いのクオリティなどの高い低いなんて論じても、しょせんは主観的なもので客観性はなく、好みの問題にすぎない。

    周囲の歴史通の間では「『真田丸』は大河ドラマの史実ポイントを高めるという、脚本と製作陣のポリシーが貫かれた。歴史の面白さと、多面的な見方に目覚めた視聴者の目が越えて、これからの大河ドラマのハードルは高くなるだろう」との見解を聞いたが、まったく同感である。

    ……けれど『真田丸』のようなタイプの大河ドラマは連続しないだろう。NHKは、たとえ視聴率はとれなくても、歴史の公平性をもち、マイナー視聴者も大切にする……それが近年のNHKの大河ドラマへの姿勢と認識している。
    感想の詳細を見る
412件中1~10件を表示しています。[ 前の10件 | 次の10件 ]

※「みんなの感想」はヤフー株式会社が独自に提供する機能であり、Yahoo! JAPAN IDをお持ちのお客様が自己の責任で書き込みを行っております(一部感想は「Gガイド.テレビ王国」提供です)。従いまして、放送局が提供する情報とは一切関係がありません。また、投稿内容についての放送局へのお問い合わせは、ご遠慮ください。ご意見はこちらよりお願いいたします。

あなたが書いた感想一覧

感想の多い番組(3時間以内)

感想が書き込める番組を探す

新着感想一覧

もっと見る