トップ > 

連続テレビ小説 エール > みんなの感想

連続テレビ小説 エール

この番組を

4826人が見たい!

みんなの感想 9762

みんなの感想

(58%)(6%)(2%)(3%)(31%) 星5つ 星4つ 星3つ 星2つ 星1つ
並べ替え [ 降順投稿順 | 票数順
9764件中1~10件を表示しています。 [ 前の10件 | 次の10件 ]
脚本や演出がドラマを盛り上げたいのは0人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 10:16
分るんですが、あの応援団の人たちの騒々しさ、がさつさ、無作法さは必要ないですね。 でもあれがまさに朝ドラなんだともいえるって、再放送中の「純情きらり」を見ると思いますね。
オペラ歌手=楽器1人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 10:08
その説明、分かりやすいですね。 邪道かもしれませんが、教養の低い私はそう考えないとオペラ歌手の歌声の良さを感じることができませんでした。 コメントに対するコメントになっちゃうけど大丈夫かな… 一応番組に対する感想入れと...
応援団長は早稲田出身がよかったのでは?0人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 10:02
また早稲田大学応援部がでてきました。 三浦さんというのはいい俳優なのかもしれませんが、この役、暑苦しすぎ。 早稲田出身の芸能人たくさんいるのにどうして使わなかったんでしょう。 私は小島よしおが応援団長やったら面白かったと...
すごい根性2人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 9:52
何回、作曲してもボツになり、一年以上経っても芽が出ない。 それでも、自分らしさを求めての曲を作り、他人に当たりもせず、もちろん音にも当たらず、それどころか椿姫の選考会を応援する。 もしかしたら、裕一は他人からバカにされ...
pinさん1人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 9:46
オペラ歌手は楽器なんだということですね。 ピアノもヴァイオリンも楽器です。 声楽は、楽器=演奏家ということですね。 演奏家の表現の力量の差で感動的なものもあれば、耳障りなものもある。 ドラマも人形劇のようなもので、演出家...
オペラ歌手2人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 8:46
私は子供の頃から現在に至るまでオペラというものに接する機会が全く無かった。テレビでオペラ歌手が歌っているのをたまたま見る機会があっても、音程の正確さとか声量とかが凄いなとは思うのだが、聞き惚れる事はなかった。 今作の...
今頃やっと気が付いた4人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 8:23
小山田耕三先生は「大物作曲家」だけど、中身は普通の人だということに、今頃気が付いた。最初は、無名の裕一にチャンスを与えたが、その真意がよく分からず不気味な存在という印象だったが、今日の再放送を見て「大御所だけど、新し...
お金の亡者!!0人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 0:25
この「 エール 」という朝ドラのヒロインである音ちゃんは、かなり ” お金の亡者 ” になっていますよね。あの恐喝まがいの契約交渉は、いったい、何なんでしょうか!? その点、前作「 スカーレット 」の喜美子ちゃんは、お金に対して...
三国一の花嫁4人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/7 0:03
音ちゃんの判断と行動は速いです そして間違いがないです 音ちゃんは裕一にとっての名プロデューサーですね。
小山田耕三は悪役なのか?6人がこの感想に票を入れています。
投稿者:投稿日時:2020/8/6 21:30
裕一が渾身の力を込めて作った西洋音楽『反逆の詩』は、小山田の“で?”で一蹴されますね。 双浦環が放った“パリで見た若い才能に嫉妬する目”が、小山田悪人説の決め手だと思います。 でも、その後の嗣人と環のエピで、環は人を看破す...
9764件中1~10件を表示しています。 [ 前の10件 | 次の10件 ]
感想を投稿する
※「みんなの感想」はヤフー株式会社が独自に提供する機能であり、Yahoo! JAPAN IDをお持ちのお客様が自己の責任で書き込みを行っております。従いまして、放送局が提供する情報とは一切関係がありません。また、投稿内容についての放送局へのお問い合わせは、ご遠慮ください。ご意見はこちらよりお願いいたします。感想にはネタバレが含まれることがありますのでご注意ください。
[ 放送スケジュールみんなの感想見逃し配信 ]
春ドラマ
夏ドラマ
あなたが書いた感想一覧

感想の多い番組(3時間以内)

感想が書き込める番組を探す

Facebook [new]