大河ファンタジー 精霊の守り人 新シリーズ 悲しき破壊神

NHK総合 2017年1月21日(土)夜9:00 放送開始!

アニメ「精霊の守り人」をみる 原作を知る 主人公バルサを演じる綾瀬はるかのインタビューを読む
  • 映像2
  • 映像3
  • 映像4
  • 映像5
  • 映像6
大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神 公式サイトへ

あらすじ

チャグムと精霊の卵を守り通したバルサ。自分の父、そして育ての親・ジグロの敵であるカンバル国王・ログサムを暗殺しようとしたが叶わなかった。それから4年。チャグムは新ヨゴ国の皇太子となり、バルサは暗殺未遂のためお尋ね者に。バルサは隣国のロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。

そんな中、バルサは一人の少女を人身売買から救う。少女の名はアスラ。アスラは、彼女の民族が崇める破壊神・タルハマヤをその身に宿していた。アスラが怒り、その神を召喚すれば、彼女の周りには無残な死体しか残らない。その存在を危険視するロタ王国の呪術師親子・シハナとスファルが、アスラを殺そうと迫り来る。再び、バルサの死闘の旅が始まる。かつて、守り抜いたチャグムの面影をアスラに重ねるかのように。

一方、チャグムは南方の大国・タルシュ帝国が、海の国・サンガル王国に侵攻するという状況を受け、救援の為に航海へ出るが、サンガルは既にタルシュの軍門に下っていた。チャグムは囚われの身となってしまう。バルサとチャグムの命運は、果たして…。

登場人物

バルサ

短槍使いの女用心棒

バルサ (綾瀬はるか)

カンバル王国出身の用心棒。短槍の使い手。新ヨゴ国の王子であるチャグムの用心棒となり、帝や魔物からチャグムを守りながら旅をし、深い信頼関係を築いた。それから4年。お尋ね者となり、ロタ王国に身を潜める。そこで出会った異能の少女・アスラを守る旅の中で、チャグムと共に過ごした日々を思い起こす。

綾瀬はるかインタビュー >>
チャグム

新ヨゴ国の皇太子

チャグム (板垣瑞生)

新ヨゴ国の皇太子。4年前に精霊の卵を宿したために、父である帝から命を狙われる。サンガル王国からの救援要請を受け、軍船を率いて出航する。

板垣瑞生インタビュー >>

タンダ

バルサと幼なじみの薬草師

タンダ (東出昌大)

先住民ヤクーの血を引く新ヨゴ国の薬草師。幼い頃から呪術師・トロガイの下で修業に励み、目に見えないもう一つの世界「ナユグ」の探求に生涯を懸けている。

トロガイ

呪術師

トロガイ (高島礼子)

先住民ヤクーの呪術師でタンダの師匠。バルサからも敬意をはらわれている。その呪術は当代一といわれている。星読博士のシュガにも呪術を教えている。

ロタ王国

シハナ

スファルの娘

シハナ (真木よう子)

ロタ王国の呪術師で、王家の密偵・カシャルの一員。ロタを王弟・イーハンの下にまとめるために、アスラの力を利用しようと考える。バルサと、知力と武術のすべてを懸けて闘う。

スファル

呪術師

スファル (柄本明)

カシャルの頭領で、シハナの父親。異能の力を持つアスラを抹殺しようとする。シハナがアスラを利用しようとしていることを知り、カシャルとしての使命と、父娘の情の間で揺れ動く。


アスラ

破壊神を召還する異能の持ち主

アスラ (鈴木梨央)

ロタ王国で抑圧される、タルの民の少女。恐怖や強い怒りを感じると破壊神(タルハマヤ)を召喚し、周囲の者を殺りくする。その異能の力をめぐって争奪戦が繰り広げられる。

チキサ

アスラの兄

チキサ (福山康平)

タルの民でアスラの兄。異能の力を持ったアスラを恐れながらも、兄としての愛で守ろうと奮闘する。


トリーシア

処刑されたアスラの母

トリーシア (壇蜜)

タルの民で、アスラの母。アスラに異能の力があることを知り、禁を犯して神域に侵入。その罪で、アスラとチキサの目の前で処刑される。

イーハン

王弟

イーハン (ディーン・フジオカ)

ロタ国王・ヨーサムの弟。若い頃にアスラの母・トリーシアと恋に落ちたことがあり、タルの民を抑圧から解放したいと考えているが、その考えが南部の領主の反発を招く。


ヨーサム

ロタ王国の君主

ヨーサム (橋本さとし)

ロタ国王。内紛の絶えない国内をまとめ上げてきたが、自らの死期を悟り、弟のイーハンに国の未来を託そうとしている。

スーアン

南部の大領主

スーアン (品川徹)

ロタ王国の南部を束ねる大領主。南の大陸を支配するタルシュ帝国と手を結び、ロタ王国の開港を画策する。

タルシュ王国

ラウル

新ヨゴ国への侵略をたくらむ第二王子

ラウル (高良健吾)

タルシュ帝国の第二王子。合理的かつ明晰な頭脳を駆使して他国を侵略。民族に関わらず優秀な人材を重用するため、部下にはヒュウゴなどの属国出身者が多い。

ヒュウゴ

チャグムを追う密偵

ヒュウゴ (鈴木亮平)

タルシュ帝国の密偵。新ヨゴ国の祖・トルガル帝の出身地であるヨゴ国で生まれる。幼い頃にヨゴ国がタルシュ帝国に征服され、それ以降、第二王子のラウルに重用され、各国に情報網をつくる。


セナ

ヒュウゴを手伝う海賊

セナ (織田梨沙)

サンガルの海賊で、ヒュウゴの情報網の一員。サンガル救援に向かったチャグムを捕らえるが、その毅然とした姿に好意を抱く。

クールズ

ラウルの腹心

クールズ (小市慢太郎)

タルシュ帝国の宰相。第二王子・ラウルの参謀として、北の大陸への侵出に知略を巡らす。

新ヨゴ国

チャグムを疎んじる君主

(藤原竜也)

新ヨゴ国の君主で、チャグムとトゥグムの父。かつて精霊の卵を宿したチャグムに狩人を差し向け、殺害を命じたが失敗した。魔物を退治した英雄として、民の支持を集める皇太子のチャグムを疎み、幼い弟のトゥグムを溺愛している。

二ノ妃

チャグムとトゥグムの母

二ノ妃 (木村文乃)

チャグムとトゥグムの母親で、海軍大提督・トーサの娘。かつて、帝に命を狙われたチャグムを守るよう、バルサに依頼した。帝とチャグムの間に、深い溝があることで心を痛めている。


トーサ

海軍大提督

トーサ (伊武雅刀)

新ヨゴ国の海軍大提督。二ノ妃の父であり、チャグムとトゥグムの祖父。兵士の人望も厚く、チャグムと共に、サンガル王国救援に向かう。

聖導師

帝を補佐する政治のトップ

聖導師 (平幹二朗)

星読博士の最高位で、帝を補佐して新ヨゴ国の政治を司る。帝が幼い頃から教育係として仕えてきたため、帝の凡庸さも知る。チャグムが新ヨゴ国に何をもたらすのか見極めようとしている。シュガをチャグムの教育係に指名した。


シュガ

チャグムを支える教育係

シュガ (林遣都)

星読博士。星ノ宮一の英才といわれ、聖導師からの信頼も厚い。かつてヤクーの呪術師・トロガイと共に、チャグムに宿ったものの正体を突き止めた。その後、ひそかにトロガイの弟子になり呪術を学んでいる。帝の命令を受けて、サンガル王国へ向うチャグムに付き従う。

ガカイ

星読博士

ガカイ (吹越満)

古参の星読博士で、シュガの兄弟子。かねて聖導師の座につきたいという野心を抱いており、聖導師の信頼を得ているシュガと対立。帝が溺愛するトゥグムの教育係を務め、次第にその権力を強めている。


モン

狩人の頭

モン (神尾佑)

帝の意を受けて暗殺や捜索などを行う影の部隊・狩人のリーダー。帝からある命令を受け、サンガル王国へ向うチャグムに同行する。

ジン

狩人

ジン (松田悟志)

帝の命令に従う影の部隊・狩人で一番の腕前。チャグム暗殺を果たせず、一度は狩人の任を解かれたが、追跡を続けて、チャグムに宿ったものを目の当たりにした。その後、魔物退治はジンの手柄だとするチャグムの口添えで、再び狩人の一員となった。


トゥグム

チャグムの弟

トゥグム (高橋幸之介)

チャグムの弟で、帝と二ノ妃の息子。帝から溺愛されている。

マーサ

衣装店を営む商人

マーサ (渡辺えり)

新ヨゴ国とロタ王国の国境の街・四路街(しろがい)で衣装店を営む女主人。息子のトウノの命の恩人であるバルサのために一肌脱ぐ。


トウノ

マーサの息子

トウノ (岩崎う大)

マーサの息子。店の用心棒だったバルサに命を救われた経験を持つ。独身なのが、マーサの悩みの種。

カンバル王国

ログサム

カンバル王国の君主

ログサム (中村獅童)

カンバル王国の君主。兄を暗殺して王位を奪った。その陰謀にバルサの父を巻き込み、口を封じる。バルサを連れて逃げたジグロを許せず、執拗に追っ手を差し向けた。バルサにとっては宿敵。4年前の夏至祭りで、バルサの放った手裏剣で頬に傷を負ってから、新ヨゴ国に金の無心をするようになった。

ジグロ

バルサの養父で短槍の達人

ジグロ (吉川晃司)

故人。バルサの育ての親。王の槍と呼ばれるカンバル王国の精鋭部隊で最強の武人だったが、親友であるバルサの父親に頼まれ、幼いバルサを連れて国を脱出。苦楽を共にした王の槍の仲間たちを追手として差し向けられた。

原作を知る

精霊の守り人

漫画「精霊の守り人」1巻を無料で配信中!

あらすじ

女用心棒・バルサは、帝に命を狙われている皇子・チャグムを連れて終わりなき逃亡の旅へ出ることに…。藤原カムイが描く至極のアジアン・ハイファンタジー、堂々の登場!!

著作:藤原カムイ

原作:上橋菜穂子

設定協力:プロダクションI.G

漫画「精霊の守り人」
1巻を無料で読む

「精霊の守り人」シリーズ6作品が無料で試し読み!

上橋菜穂子さん原作の「精霊の守り人」シリーズ6作品が期間限定で無料で試し読みができる。原作を読んで「精霊の守り人」の世界にいち早く踏み出そう。(冒頭50ページが無料で読めます。)

精霊の守り人立ち読み
闇の守り人立ち読み
夢の守り人立ち読み
虚空の旅人立ち読み
神の守り人 上 来訪編立ち読み
神の守り人 下 帰還編立ち読み

アニメ「精霊の守り人」をみる

アニメ「精霊の守り人」が、1話から4話まで無料で見れる!

上橋菜穂子さん原作を「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなどで知られる神山健治監督とプロダクション I.Gのタッグにより2007年にNHK-BS2でテレビアニメ化しており、子どもたちにもお馴染みの作品。

(C) 上橋菜穂子/偕成社/「精霊の守り人」製作委員会

人物相関図

用語集

カシャル
ロタ王家に仕える密偵。呪術を用いて“タルの民”を監視する。
狩人
帝の直轄の部隊で、帝の意を受けて暗殺や捜索などを行う。
カンバル王国
新ヨゴ国の北側に隣接する山国。バルサとジグロの祖国で武人が多い。
サンガル王国
数百の島々を治める海洋国家で、タルシュ帝国が北の大陸を侵略するための足がかりの場となる。
四路街
“しろがい”と読む。東西南北の街道が交わる新ヨゴ国の国境の町。
新ヨゴ国
太古、南の大陸にあったヨゴ国からトルガル帝が民を率いて北の緑豊かな土地に移り、建国したと伝えられる。
タルシュ帝国
南大陸を支配する大帝国。周囲の国々をことごとく征服、植民地経営にたけており、北の大陸に食指を伸ばす。
タルの民
かつてロタの地を支配していた民族で、ロタ人に征服されて以降、激しい迫害を受けている。今でも破壊神(タルハマヤ)をひそかに信仰する者がいる。
タルハマヤ
かつて圧倒的な力でロタの地を支配した破壊神のこと。長く封印されてきたが、アスラが召喚する力を身につけてしまう。
短槍
身長よりやや短めの槍(やり)で、カンバル王国では主流の武器。
ナユグ
この世と重なり合って存在するもう一つの世界。呪術師や異能者にのみ見える。
星読博士
天ノ神をまつる役職で、国中の秀才を集めて行われる試験に合格した者だけが、見習いを経てなれる。早い者で10年、遅いと30年かかる。
ヨゴ国
新ヨゴ国建国の祖・トルガル帝の出身地で、南の大陸にあるヨゴ人の国。今ではタルシュ帝国の属国となり、男たちは税の代わりに兵役に狩り出される。
ロタ王国
シーズン2で主な舞台となる広大な平原の国。温暖で豊かな南部と寒冷地で貧しい北部の地域格差が大きく、南北の争いが絶えない。
大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神 公式サイトへ