新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、放送予定が変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 有吉弘行、グラドル・如月さやの“父親大好きぶり”に「いい子じゃん!」と感心

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2020 05/24

有吉弘行、グラドル・如月さやの“父親大好きぶり”に「いい子じゃん!」と感心

有吉弘行、グラドル・如月さやの“父親大好きぶり”に「いい子じゃん!」と感心

グラビアアイドルの如月さやが、5月23日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「SNSに彼氏がいるような写真を載せ、ファンをざわつかせていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズムと大久保佳代子。

この日は、Fカップの豊満ボディを武器に活躍している如月が登場し、SNS上で不自然な写真をアップしていることを報告した。如月は自身のSNSに、「クリスマス♪手料理がんばりました」や「今日は誕生日♪夜景のきれいな店でお祝いしてもらいました」などのコメントと共に、あきらかに2人前の料理や、2つ揃ったワイングラスの写真をアップ。

さらに、海外旅行や自宅での写真も、常に隣に誰かがいる雰囲気の写真を掲載しており、ファンからは「写真が不自然すぎる」「絶対横に男がいる!」などの指摘が相次いでいた。

如月によれば、見切れているのは全て父親で、クリスマスや誕生日も毎年お祝いしてもらっていることを告白。さらに、旅行へ行っても一緒にお風呂に入るほど仲良しで、1日に30通もメールのやり取りをしているのだとか。

スタジオの有吉は開口一番、「いや、どうしよう、めっちゃ興味ないわ」と不満顔。今どき、父親が大好きな子はいくらでもいると指摘し、「悪いことではないからね、まったく」と番組の主旨にそぐわないことを指摘していた。一方、如月と番組で共演経験のある大久保は「真面目な子なんですよ」とフォロー。さらに「北陸地方のアナウンサーみたいな顔してるからね」と独特の例えで、如月の優等生ぶりをアピールしていた。

そんな如月だが、実は恵比寿マスカッツのメンバーであることが発覚。有吉は「マスカッツなんて芸能界で一番ハードな軍団でしょ?」とツッコむと、大久保は「最近はみんなローションを頭からかぶって、ぬるぬるレスリングとかぬるぬる高跳びとかね」と、恵比寿マスカッツのハードな仕事ぶりを報告していた。

しかし、父親にはグラビアやテレビの仕事のことはあまり伝えていないそうで、有吉は「お父さんに秘密ごと作らないほうがいいんじゃないの?」と親身にアドバイス。結局、父親と仲良くしているだけの如月に反省材料が見当たらず、有吉は「いい子じゃん」と結論づけていた。

有吉は「反省する必要はないと思ってますけど」と言いつつも、今回の「禊」を発表。如月への「禊」は、「有吉反省会が誇るおじさん軍団のリモート飲み会に強制参加」に決定した。

禊当日、リモート飲み会に参加するのは、如月のほか、シェフの茂出木浩司、ジャーナリストの山路徹、そして俳優の小沢仁志という番組ではお馴染みのメンバーたち。如月は大御所たちに緊張しつつも、「お絵かきしりとりゲーム」などでリモート飲み会を盛り上げていた。

実は、この禊の前日にタレント活動が父親にバレてしまったそうで、大激怒されたという如月。3人にそのことを相談し、山路の「自分の本気を伝えないと、お父さんも不安だと思うよ」という言葉に涙を流していた。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン