トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 東山紀之「普段から越前を意識して生活しています」&高橋光臣「東山さんとご一緒したいとずっと思っていました!」――最新シリーズ始動!「大岡越前5」

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2020 01/07

東山紀之「普段から越前を意識して生活しています」&高橋光臣「東山さんとご一緒したいとずっと思っていました!」――最新シリーズ始動!「大岡越前5」

東山紀之「普段から越前を意識して生活しています」&高橋光臣「東山さんとご一緒したいとずっと思っていました!」――最新シリーズ始動!「大岡越前5」

NHK BSプレミアムでは1月10日から東山紀之さん主演のBS時代劇「大岡越前5」が始まります。2013年に第1作を放送し人気を博してシリーズ化。主役の大岡越前守忠相が江戸の人々の幸せを守るため、厳しくも優しいまなざしで難事件を解決していく心温まるドラマです。

このたび放送に先立ち、第5シリーズの見どころなど、主演の東山さん、共演の高橋光臣さんからお話を聞くことができました。

東山さんは「(第1シリーズから)7年ですね。大変ありがたいのですが、やっぱり思い出すのが津川(雅彦)さんや加藤(剛)さんのことなので、少し切なさも感じつつ…。また、それを継承していくというのも大事なことなので、お二人の気持ちを汲んでやっていきたいと思っています」と、過去作品で共演された先輩方に敬意を表し、「スタジオに入るとどうしても津川さんの顔が思い出されるので、若い人たちがそれを感じながらやっていくことも大切だと思っています。今回、高橋くんも新しい風を吹かせてくれると思いますし、ライバルという関係ではありますが大切な存在になっていくと思いますので、新しい『大岡越前』に期待していただければと思います」と、力強く語られました。

また、19年放送の「大岡越前スペシャル~親子をつなぐ名裁き~」で勘定奉行・伊生正武を演じた高橋さん。今回は北町奉行の伊生正武として出演することになりますが、「今回は(スペシャルの時の役よりも)格上で、東山さん演じる大岡越前と格としては並ぶ役どころですので、このお話をいただいた時は『自分には身に余る役だな』と感じました。でも、自分より格上の役をやらせていただけるということは成長するという意味でもそうですし…」と、緊張した面持ちで謙虚なコメントをしていると、すかさず東山さんから「そんな謙遜しないで!」とツッコミが(笑)。高橋さんの緊張を解きほぐそうとする東山さんのさりげない気遣いで、高橋さんにも柔らかい表情に! 「本当にありがたいなと思いましたので、とにかく全力で東山さんとご一緒の現場を楽しみたいと思っています」と、やる気に満ちた笑顔で意気込みを。

お互いの印象を問われると、東山さんは「高橋くんは京都で時代劇を頑張っているのを知っています。松竹(撮影所)に行くと高橋くんのポスターがバン!って貼ってあるので…」と言うと、高橋さんは驚いた様子ながらも「うれしいです、こんなにうれしことはないです!」と満面の笑みを浮かべ喜んでいました。続けて東山さんは「この方と共演させてもらえるんだ、と大変うれしいですね。越前自体も完ぺきな人間ではないので、お互い高め合う役どころは必要だと思っています。(越前と伊生は)向かっている方向は一緒だけどアプローチの仕方が違うので、そこの面白さも出るのかな」と、高橋さんに期待を寄せているようでした。

一方、高橋さんは「僕ももちろん東山さんをお見かけしていましたし、東山さんとご一緒したいという思いがずっとありまして。東山さんが走るのが大好きとお聞きして、僕も京都の街を走り始めました(笑)。東山さんの本を読んだりいろいろしていて、今回ご一緒できるということで『思っていればいずれは来る』と勝手に思っていたので、『お、来たな』という気持ちです」と、憧れの東山さんとの共演に感無量な様子でした。

“憧れの方”と言われた東山さんは「さっき、いくらかお小遣い渡したから(笑)」と冗談めかしながらもうれしそうな表情。2人の良い関係性がひしひしと伝わります。

役どころとご自身の共通点を問われると、東山さんは「自然と越前に寄ろうとしています。普段からきちっとしていないと、こういう役は難しいと思うんです。説得力のある生活態度を気にしないといけないなと思っています」と意識の高い回答を。高橋さんも「奉行は相当な役職なので、ある程度の人格者でないといけません。ですので、プライベートでも気を付けています。でも、なかなかたどり着けない部分もあって、夜な夜なホテルで悩むこともあります。初めて白洲で演じた時には、前日の夜にバナナを使って『扇子挿してみようかな』とか、考えたりして現場に入って演じたんですけど、一切受け入れられずに流されて、努力は泡のように消えていきました…(笑)」と、涙ぐましい努力をされたことを告白。東山さんにとっても白洲のシーンは特別だそうで、撮影前日は食事のタイミングからトレーニング方法まで、全部変えていくとのこと。作品への愛を強く感じます。

第1話にはゲストで片岡鶴太郎さんが登場するのですが、東山さんが初めて食事をごちそうになった芸能界の先輩が片岡さんなのだそうです。東山さんにとって片岡さんは特別な存在であるという貴重なお話も教えてくれました。高橋さんは、今作品で絡むことの多い田村亮さんと舞台で共演したことがあるとのことで「何もできない頃を知っている方と共演できて、今の姿をお見せできることは誇りに思いますし、温かい気持ちになります」と、感慨深げに明かされました。

お話を聞いていると共演者の方々の仲のよさ、現場のいい空気感がひしひしと伝わってきます。きっと、作品にも反映されていることでしょう。東山さんと高橋さんの関係性にも注目です! BS時代劇「大岡越前5」をどうぞご覧ください。

【番組情報】 BS時代「大岡越前5」  1月10日スタート NHK BSプレミアム 金曜 午後8:00~8:43

NHK担当 Y・T

 
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン